忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】ひびき 遊」の記事一覧

天華無敵! 3

天華無敵!〈3〉 (富士見ファンタジア文庫)天華無敵! 3/ひびき遊
「……わたし。死んだら、姉様やGくんと、もう会えないってことなんだ」
 白華の体を、悪寒がぶるりと駆け巡る。“残骸都市”の監禁室で、精霊巫女の少女は一人、涙をこぼすのだった……。
 【旧精紀】滅亡の記録を求めて、相棒Gの失われた記憶を取り戻すため、天華は残骸都市に潜入する。そこで彼女は妹白華が誘拐され監禁されていることを知る。
 白華の救出を試みる天華。だがそれは、旧精紀の遺物【精書】を巡る、狂気に満ちた冒険へとつながっていた――!
 少女と果てなき世界の物語。<旧精紀・精書編>突入!!


ひびき遊さんの作品が3つ目なので、カテゴリを作りました。
妹から借りて結構たつのでいい加減読み終わって返さないと駄目ですね。

確か、全6巻だったと思うので、今月中にでもある程度読んでしまいたいと思います。


今回の話の舞台は、“残骸都市”。
旧精紀時代から残る科学信仰の国です。

都市を覆うドーム型の物体があるのですが、そこに降り積もる雪があと少しで都市を押しつぶしてしまうので、それをどうにかしようと双子が頑張ります。
前巻の月の落下が原因で……、と語られて天華たちは納得しているのですが、読んでいる途中で違和感を覚えました。

それというのも、天華がそのシュミレーション内容を見せられただけで納得しているからなんです。
前回の月が落ちてくるって話を聞いたときでも、天華は自分で再計算して納得していたのに対し、今回は初対面の人間のいうことを全面的に信用しているんです。
なので、最後そのシュミレーションは嘘だったと明かされてすっきりしました。

それなら、再計算させるわけにはいきませんね。
物語冒頭で計算が嘘だということがわかれば、壁をこわすこともなく、Sの封印が解かれることもなかったのでしょうから。


今回、Gの正体というか過去というかそういうものに迫っていきます。
精書というのは世界の全てを、意味ごとに26種の古代文字(アルファベット)に振り分けたもの『二十六冊の百科事典(エンサイクロペディア26)』なんだとか。

だからGは門(GATE)が使えるってことなんですね。
あ、手甲術でしたっけ?Gが天華にしこんだ武術。
あれの読みもガントレットでしたっけ。それも英語ならGAUNTLETかな?
だからだったんですね。

今回G以外に登場したのMとS。
Sは剣(SWORD)として使われていただけだし、Gの説明を聞く限りMの手に渡らない限り問題はなさそう。

問題はMなんですが、深手は負わせたものの倒す寸前で逃げられてしまいましたし。
今まで何本もの剣を使い捨てにしてきたアルのもとにSが巡り巡ったってのはいいんじゃないかな、と思います。
さすがにSはそう簡単に壊れないでしょうからね。

というか、ちらりと語られたアルの過去が気になります。
元剣聖の剣皇に育てられたとありますが、いったいいくつのときだったのかな?
天華たちと幼なじみとなってますから、ある程度小さいときなんだろうなぁ、と思うんですが。

残りの精書たち次巻以降で登場するのかな?
楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

天華無敵! 2

天華無敵!〈2〉 (富士見ファンタジア文庫)天華無敵! 2/ひびき遊
[?????>>>>>>>TENKA
突然?メール???世界?滅?????
………………………………………………
 遺跡探求者(ロスト・リサーチャー)・天華に届いた一通の【メール】。妹白華以外から何故メールが? 発信先は上空七万キロ、人工衛星より高い場所。天華は【旧精紀】の遺跡、軌道エレベーターの頂上へと旅立つことを決意する! そんなとき一人の少女に出会う。「でもでもでも」が口癖のあわて者プロテ。彼女は何者なのか!?
 空を翔る【舞翼(ライド)】。スパークする獣人アルバルド。己の過去に触れる精書G。そして、二つの月を見つめる精霊巫女・白華――。【謎のメール】に導かれて、新しい冒険が幕を開ける!!  第15回ファンタジア大賞準入選、圧倒的迫力でおくる第2弾、ついに登場!!


先日紹介した「天華無敵!」の続編です。
前巻は生きた遺跡<精機竜>に挑んだ天華でしたが、今回天華が挑むのは稼動する遺跡<軌道エレベーター>。


この作品、前回も書いた気がするのですがキャラクターが魅力的。
今回もまたGとアルがかわいいなぁ、と。
あとシエンや白華もなかなか。

アルの不運さは読んでいて笑えてきます。
アル自体はすごく良い子なんですよ。ちょっと情けないけど、強いし優しいし。
でも、どう頑張っても天華にもてあそばれてるというか、振り回されてるというかそんな感じ。

天華に悪気があんまりないから余計可哀想なんですよ。
ついでに天華との関係だとかを意識した途端、邪魔が入るのもお約束ですね。
でももう少しいいめを見てもいいんじゃないかなぁ。


Gの正体が前巻より少し詳しく仄めかされてます。
科学の時代に終焉を訪れさせたドラゴン・プログラム。
それを止めたのが精書。そしてGはその精書の1つとのこと。

ドラゴン・プログラムは前巻で登場した精機竜のことかな?
で、アルファベットが古代文字らしいので、精書は26冊あるのかな?とか予想してみたり。

細かなことはよくわかりませんね。Gは「昔のことだ」と語ることをしてませんから。
でも、封印をとかれたときに「完全な姿にはほどとおいが……」とか言ってた気がするので挿絵にある大人版が完全な姿ってことなんだろうなぁ。

あとがきにありましたが、G――精書について次巻で語られるみたいです。楽しみ。


天華の父は一流の遺跡探求者だったとのこと。
父を超えるためには科学の遺跡である小月にでも行くしかない!と考えていた天華ですが、その小月もすでに攻略済み。
天華は着実に父の足跡を辿っていっているっぽいですけど、この父が足を踏み入れていない遺跡ってあるんでしょうか……。
なんかこの調子だと天華が父を超えることは難しそうですね。

次巻は白華も活躍するみたいですし、精書についても語られるっぽいし、非常に楽しみです。
次はいったいどんな遺跡に挑戦するんでしょうね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

天華無敵!

天華無敵! (富士見ファンタジア文庫)天華無敵!/ひびき遊
[TENKA>>>HAKKA YGGDRASILL-NET]
ちーっす。白華、元気?
あたしはモチロン、元気のカタマリだよ!
 ……………………………………………
 銀の瞳に、銀の髪の少女【天華】は、舞翼(ライド)で空を旅する遺跡探求者(ロスト・リサーチャー)。その正体は、信精帝國の「いらない姫」! 「錬精術」が使えぬオチコボレ天華は、自分の居場所を求めて家出中。
 金の瞳に、白の髪の少女【白華】は、天華の双子の妹姫。精霊巫女の彼女は、神殿の外へ出ることは一生許されない身。
 双子姫を繋ぐのは【携帯メール】。遠く離れていても、二人はいつも一緒に旅をしていた……!
 新しさ満載、記念すべき第15回ファンタジア長編小説大賞【準入選】受賞作!


妹から全6巻借りました。
随分前に4巻くらいまでは借りて読んだのですが、その後は知らないので楽しみです。
なんか画像が暗くてちょっと残念です。


物語は精霊の力を借りて人々が生活している世界が舞台です。
人間の国「信精帝國」の姉姫・天華が主人公。

天華が相棒のG(見た目少年ながら実は人外)とともに一流の遺跡探求者であった父を超えるため、妹姫・白華の力を借りつつ様々な遺跡に挑む話。


主人公の天華が喜怒哀楽がはっきりしていてかなりわかりやすいキャラクターでした。
それだけに、何かあったら壊れてしまいそうで怖い気がしましたが、まあ物語序盤でそこまで厳しいことにはならないでしょう。

白華の能力がすごいものなんですが、その力を持つために神殿から一生外に出れないってことは辛いだろうなぁ。
けど、白華の性格からして絶対そんなこと言わないんだろうとも思います。

天華と白華のメールのやりとりは読んでいて微笑ましかったです。

Gとアルが可愛かったです。
Gは“精書”だったかな?
正体は書物で命がなく、大きすぎて本人が扱えない天華の錬精力を使って体を作っているのだとか。
正直、この時点では人間じゃなくて錬精が抜群に上手いってことがわかればまあいいのかな?

感情があまりないみたいなんですが、そのGがほんの少し表す苦笑だとか、そういう表情がとても可愛らしかったです。
天華はGの存在に助けられ、Gも天華の存在に助けられているんですよね。
この2人の関係好きだなぁ。

精書について詳しいことは確か後々語られているはずなので楽しみにしていたいと思います。


そして、アルことアルバルド。
剣聖と呼ばれるかなり高い地位にいるにも関わらず、年下の部下に叱責され、天華にいいように使われている様は本当に可哀想です(笑)
情けないけど、いざというときは強い。
こういうキャラって大好きです。

明言こそされてませんが、アルの恋は前途多難だよなぁ。
この1冊で天華がお風呂(というかシャワー?)を使うシーンが2回あるんです。
1度はGだからでまあいいのか?と思ったのですが、後の1回がアルの部屋でお風呂入ってくとかどんだけ異性として意識されてないんだか、って感じ。

アルには頑張って欲しいです。


生きる遺跡<精機竜>に挑んだ今巻でしたけど、なかなかおもしろかったです。
精機竜の正体だとか、残り4体の行方だとかかなり気になりました。
この辺って語られてるのかな?

借り物だし、続きも気になるので早いうちに次巻も読んでしまいたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR