忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

かおばな憑依帖

かおばな憑依帖/三國青葉
お江戸の町に朝顔の毒がばらまかれた――。
怨霊によるバイオテロ勃発!
無辜の民を守るため決戦に選ばれしは、
美貌のマザコン剣士、その母親の生霊、怨霊となった吉宗の亡母、隠密、それに、象!?
誰もが誰かを守っている。
命を懸けた壮絶なバトルが今、始まる――。


図書館で借りてきました。
はじめて読む作家さん――というかデビュー作なのかな?


日本ファンタジーノベル大賞の優秀賞受賞作とのこと。
すでに「かおばな剣士妖夏伝: 人の恋路を邪魔する怨霊」と改題+増補した文庫版が発売されているそうです。


270ページほどのそれほど分厚い本ではないんですが、読むのにめちゃくちゃ時間がかかりました。

図書館で借りる際はあまり気にしていなかったんですが、帯の書評に 歴ドル小日向えりさんの名前があるんですね。
歴史小説が苦手な私はちょっと借りてきたことに後悔しつつ、何度か途中で読むのを断念しそうになりながら、何とか読み終えました。
まさかこの厚さで読み終えるのに3日かかるとは思わなかったです。


内容としては歴史小説にファンタジー要素をプラスしてみました、といった感じ。
怨霊とか幽霊とかいろいろ出てきますが、怖いという印象はあまりありませんでした。
むしろ、こういう扱いでいいのだろうか、と思えるぐらい。

正直、この作品は私の好みに掠りすらしませんでした。
バイオテロ云々も「え、こんなもん?」って感じでしたし、「これはマザコンなの?」ってレベルですし。

視点がコロコロ変わるので誰が主人公なのかもよくわかりませんでした。
右京を主人公に据えるなら据えるで、もうちょっとどうにかならなかったのかな、と。


この作品で印象に残ったのは「母は強し」ということぐらいでしょうか。
ラストの右京の新婚生活にはくすっとしましたが、それぐらいです。

ファンタジーノベル大賞ってしゃばけ畠中恵さんを輩出したりはしてるはずなんですが、当たりはずれが大きい気がしますね。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR