忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ねじまき博士と迷い猫

ねじまき博士と迷い猫 (コバルト文庫)ねじまき博士と迷い猫/樹川さとみ
少年博士のアレックスは、カラクリつくりの天才だが、愛くるしい外見とは裏腹に、人間嫌いの変人で偏屈な性格。研究の邪魔をされるのが何より嫌いだったのに、行方不明の祖父のせいで、森の動物に育てられたリーという野生児をひきとることに。リーが屋敷に来てからというもの、次々起こる大騒動に博士は振り回されてばかり。おまけに博士はリーが実は"女の子"だとは気づかないままで……。


図書館から借りてきました。
これ、全3巻なのかな? シリーズ3冊出ているようなんですが、地元の図書館にはこれしかありません。
そんなんばっかだな……。


この作者さん、有名な方のようなんですがはじめて読みました。

物語は「博士と野生児」の話。
ちょっと異色な『マイ・フェア・レディ』ですね。

1巻だからなのか、あまりレディになったという印象はありません。
最終巻まで進めば、ちゃんとレディになったのかな?


正直、あまりおもしろいとは思えませんでした。

リーにも博士にも感情移入できなかったのでちょっと辛かったです。
ちょっと盛り込みすぎな気もしました。

A型――人型オートマタ云々とかこの巻に入れなくてもよかったんじゃないかなー、と。
ただ単純に、2人が少しずつ理解して近づいていく様だけを描いていても良かった気がしました。


個人的に、オリビエが好きです。
「愛される馬鹿」というか、こういう人はきっと人生幸せに生きていけるんだろうな。
馬鹿だから誰かに騙されそうになることもあるのかもしれません。
でも、愛されるから助けてくれる人もたくさんいるんでしょうね。

ジャックも嫌いじゃないかな。
博士が作ったオートマタなんですが、ちょっと茶目っ気があるカボチャです。
人間でいう脳である回路が博士が作ったものじゃないと知って妙に納得してしまいました。
確かに博士が作るにしては、可愛い性格してますもん。

前述の通り、3巻まで発売されているシリーズですがこれの続きを読む機会はきっとないでしょう。
もし古本屋で見つけたとしても自分で買おうとは思えませんし、地元図書館でも購入されるとは思えません。
地元の図書館はもうちょっと考えて買うべきだよな、と毎度思いますが仕方ないですね。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR