忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

キノの旅 ―the Beautiful World―

キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))キノの旅 ―the Beautiful World―/時雨沢恵一
「キノはどうして旅を続けているの?」
「ボクはね、たまに自分がどうしようもない、愚かで矮小な奴ではないか? ものすごく汚い人間ではないか? なぜだかよく分からないけど、そう感じる時があるんだ。……でもそんな時は必ず、それ以外のもの、例えば世界とか、他の人間の生き方とかが、全て美しく、素敵なものの様に感じるんだ。とても、愛しく思えるんだよ……。ボクは、それらをもっともっと知りたくて、そのために旅をしている様な気がする」
―――短編連作の形で綴られる人間キノと二輪車エルメスの旅の話。
今までにない新感覚ノベルが登場!


なぜか家に1巻だけあったのでキノ旅を紹介します。
映画化もされていますし、ラノベ作品の中でも比較的有名なものではないでしょうか。

私も高校時代に友人に借りて5、6巻まで読んだ覚えがあるのですが、内容はすっかり忘れていました。


【第1話 人の痛みが分かる国】
【第2話 多数決の国】
【第3話 レールの上の三人の男】
【第4話 コロシアム】
【第5話 大人の国】
【第6話 平和な国】

とプロローグ&エピローグが収録されています。

物語の内容としては「主人公のキノが、相棒のエルメスと旅をします。あちらこちらの国を、見て回ります。……以上です。」とある作者あとがき通りです。
それ以上でも以下でもない。

ただ、キノが旅をして様々な習慣や決まりや歴史のある国を訪れ、去っていく。
それだけなんです。

まあ、5話だけ少し毛色が違いますが、それくらい。

でも、訪れた国の常識は描かれても、世界観がよくわかりません。
エルメスや陸が喋ることにとくにつっこまれることもなく、科学がめちゃくちゃ発展した国もあれば、荒廃していく国もある。
言語の統一については、まあラノベやマンガならよくあることだから別にいいのかもしれませんが。
どことなく定まっていないというかふわふわした印象を受けました。


高校生のときはあまりおもしろいと思えなかった記憶があるんですが、今読むとすごく考えさせられます。

絶対少年というアニメがあるんですが、読んでいてそれの主人公・歩くんのお父さんのセリフを思い出しました。
「常識というのはその時代その場所の最大公約数にすぎない」。
要約すると確かこんな感じ。ノベライズ持ってるんですが、確認してないんで間違って覚えていたらごめんなさい。

旅人であるキノ、そして読者である私たちはその最大公約数に含まれない。ある種の異端なわけです。
だから、その国の常識に対して疑問だったり気持ち悪さだったりを覚えるわけですね。

キノというのは本名じゃなくて、自身をかばって死んだ旅人の名前を受け継いだもの。
これは覚えていたんですが、本名不明なキャラクターって結構いろいろいるもんですね。

思いつくままにあげると戯言シリーズのいーちゃん、涼宮ハルヒシリーズのキョン、xxxHOLiCの侑子さん、千葉千波シリーズのぴーくん、禁書目録の一方通行だとかもそうかな。
結構いるな……。


コロシアムで登場するシズさんが気になります。
この人絶対性格悪いと思うのですが、どうなんでしょう(笑)
2巻以降持ってないし、買うつもりもない。さらに過去に読んだはずなんですがすっかり忘れてしまっているので、シズの性格なんて覚えていません。
それだけは気になるなぁ。

図書館にもないし、誰かに借りるとかいうのも厳しそうですが、2巻も読みたいかも。でもこれ以上蔵書増やしたくないので、買いたくはないんですよ。どうしよ。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR