忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ポリス猫DCの事件簿

ポリス猫DCの事件簿ポリス猫DCの事件簿/若竹七海
事件、トラブルてんこ盛り。ホント猫の手も借りてます。
100匹を超える猫と、息つく間もなく起こるトラブル。
“猫島”にひとりのおまわりさんは、今日もてんてこまい。
これでもかとばかりに襲いかかる大小様々な事件に忙殺される七瀬晃巡査と、頼れる相棒・ポリス猫DCの活躍がたっぷり楽しめる、傑作コージー、ミステリ!


図書館で借りてきました。
画像を載せるのに、ブクログで調べてみて知ったのですが、これ前作というかシリーズがあったっぽいです。

猫島ハウスの騒動 (光文社文庫)猫島ハウスの騒動/若竹七海

他にもシリーズっぽいものはあったんですが、どれがどれなのかいまいちよくわからないので明らかにそうであろうこれだけ載せておきます。


『ポリス猫の食前酒』
『ポリス猫DCと多忙な相棒』
『ポリス猫DCと草もちの謎』
『ポリス猫DCと爆弾騒動』
『ポリス猫DCと女王陛下の秘密』
『ポリス猫DCと南洋の仮面』
『ポリス猫DCと消えた魔猫』
『ポリス猫DCと幻の雪男』
『ポリス猫のデザート』


9編が収録されていますが、食前酒とデザートはプロローグ&エピローグみたいなものなので、短いです。


神奈川県葉崎市にある猫島こと砂渡島という架空の島が舞台です。
猫島は俗称なんですが、そちらの方が通りがいいのでそちらばかりしか出てこないです。

ミステリーとしては本当に軽いです。
可も不可もなく、あんまり印象に残ることもなくさらりと読めてしまいました。
事件自体よりも、島人たちとおまわりさんのやりとりが好きでした。

猫が手を貸すミステリーって結構あると思うんですが、このポリス猫DCは柴田よしきさんの猫探偵正太郎シリーズというより、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズに近い気がします。
猫が事件解決の鍵を指し示すけど、実際に事件を解決するのはあくまで人間である、と。

正太郎シリーズは猫も謎を解こうと奔走しますからね。


物語的にはシリーズとしてまだ続きそうです。
徐々に、発展していく猫島。そこにたった一人で頑張っていたおまわりさんですが、一人では無理ではないか、と打診があったみたいな描写ありましたからね。
この本自体今年の1月に出たものなので、続きが出るとしたらまだかなり先でしょうけど。
図書館で続きを見かけることがあったら借りてきたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR