忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ドアの向こう側

ドアの向こう側ドアの向こう側/二階堂黎人
ライセンスを持たない孤独名私立探偵――渋柿信介。
次々と舞い込む難事件を、大胆な行動力と子供らしからぬ推理力で粛々と解決していく。
そこはかとなくハードボイルド感ただよう人気シリーズの第三弾。


図書館で借りてきました。
シリーズものの第3弾とのことなんですが、短編連作というか1つの話で完結しているなので、この巻から読んでもそう問題はなさそうです。


主人公で探偵役をつとめるのは柿崎信介――通称・シンちゃん。
若干6歳の幼稚園児です。
で、この少年がすごい。
めちゃくちゃハードボイルドな探偵なんです。
銀魂のハードボイルドとは比べものにならん。
あれはただ「カミュ」って言いたいだけだから(笑)


【B型の女】
【長く冷たい冬】
【かたい頬】
【ドアの向こう側】


の4編が収録されています。けっこうすらすら読めてしまいますが、ボリュームはそれなりにあるので、充分楽しめます。

柴田よしきさんの猫探偵正太郎シリーズにも驚きましたが、この園児探偵というのもある意味すごいですよね。
ちゃんと矛盾点だとか証拠だとかそういうことを見つけて推理するのですからすごいです。

橋渡しをしてくれる猫探偵でいうおやじさんの役はシンちゃんの母親であるルル子がつとめます。
血のつながった親子だからこそ、少ない言葉でも意志疎通ができるってことらしいです。
そして、シンちゃんの父親が刑事であるってことも大きいですね。


読んでいて非常に懐かしかったです。
時事ネタというか子ども向け番組がいくつか作中で言及されていて、「あの時代かぁ」と。
冒頭での仮面ライダー555、テニスの王子様、さらにはガオレンジャーにアバレンジャー、探偵学園Qやセーラームーンもあったかな?
ポケモンやウルトラマンシリーズは長寿すぎていつごろとはいえませんけどね。
時代的にセーラームーンには一瞬首を傾げてしまったのですが(セーラームーンのアニメは15年ちょっと前、他の作品は10年前程度)、実写ドラマが放送された時期がそれくらいでしたっけ?
見てなかったので詳しくはわかりませんが、たぶん、そういうことなんでしょうね。


事件の内容はしっかり大人向けです。
表題作である最後の「ドアの向こう側」なんて、子どもが理解するにはちょっと残酷な気がしました。

ハードボイルドとしてはそれでいいのかもしれませんけど、幼稚園児が関わるにはちょっとなぁ、と。
あと、うさぎって結構高いですよね?
1万で買えないんじゃ……。


おもしろかったです。
しっかりハードボイルドしつつも母親には逆らえず、チョコレートやケーキを我慢するシンちゃんがかわいかったです(笑)

今度第1巻と第2巻も図書館で探してみようと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR