忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

メゾン刻の湯

メゾン刻の湯/小野美由紀
どうしても就職をする気になれず、内定のないまま大学を卒業したマヒコ。幼馴染の蝶子に誘われ、東京の下町にある築100年の銭湯「刻(とき)の湯」で暮らし始める。
大手の内定を蹴り愛人生活を送るマレーシアと日本のハーフ蝶子、誰にも言えない秘密を持つエンジニアのゴスピ、事故で片足を失った美容師の龍くん、ネットベンチャーに勤めるSNS大好きまっつん、刻の湯の持ち主である老人戸塚さんとその孫リョータ、そして刻の湯を実質的に経営し、いつも中心にいながら謎に包まれた青年アキラさん……
そこには、"社会の正解"からはみ出したくせものばかりがいて――。
"正しく"なくても"ふつう"じゃなくても懸命に僕らは生きていく。


本が好き!さんを通じて出版社さんからいただきました。
ハードカバー本が続いていますが、ハードカバーって高いので申し訳ない気分になります。
ちなみに、私好みの表紙イラストは丸紅茜さんの手によるものです。


物語は東京の下町にある銭湯・刻の湯。
銭湯でありながら、シェアハウスとしても機能しているそこにマコことマヒコをはじめ、帯にあるような個性豊かなメンバーたちが一緒に過ごしていく様が描かれています。

読み始めてしばらくして違和感を覚えました。
章立てされてるようなのに、章のタイトル表記がないんです。
そのため、タイトルのあとにすぐ本編が始まり、目次がない構成。
あまり目次を気にして本を読まない人間ではあるのですが、章がない本ってはじめて読んだ気がします。

期間としてはマコが入居してからわずか1年弱の出来事のようなのですが、内容としてはそこそこ濃いです。
東京の下町、銭湯、落語、人情といったものが描かれる一方で、各種SNS(LINE、インスタグラム、twitter、Facebook)が登場し、YouTubeやクラウドファンディング、LGBTなどの新しいものを多く描かれるそれはすごく不思議。でもそれがうまく調和された世界でした。

面白かったです。
作者がツイッターでNLBLGLTLR18なんでもアリ。と二次創作OKしてたのを読む前に見ていたのでどれだけキャラが魅力的なんだろうかと楽しみにしていたんです。
で、読み終わってなるほど、と。
これは腐女子好きだわ。

個人的にこの作品で二次読むならアキラさん×マコかなぁと思います。
アキマコ♀も可。次点でゴスマコ、蝶マコってところでしょうか。
リョーマコも多分いける。うん。
私の中ではマコは総愛されです。
作者は許可してますが、この作品って女性キャラがほとんど登場しないので、GLは若干難しい気がします。
そして、気になるのは作者がOKしていても出版社的にどうなのかってことと、キャラデザって意味で表紙イラストが基準になると思うので、イラストレーターさん側はどうなのかな、と。
実際に二次描くわけでもないのにちょっと考えてしまいました。

この後の物語が気になりました。
彼が帰ってきたときにどうなるのか、そしてどうなっているのか。
続編が読みたいような、でも蛇足になりそうでちょっと怖いような。
そんな気分です。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR