忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ラメルノエリキサ

ラメルノエリキサ/渡辺優
小峰りな、16歳。
やられたら絶対やり返す。
"復讐"をモットーに生きる少女が疾走する痛快青春ミステリ!
「ラメルノエリキサのためなんです、すみません……」
女子高生・小峰りなのモットーは、どんな些細な不愉快事でも必ず「復讐」でケリをつけること。そんな彼女がある日、夜道で何者かにナイフで切り付けられる。手がかりは、犯人が残した「ラメルノエリキサ」という謎の言葉のみ。復讐に燃えるりなは事件の真相を覆うが――。


図書館で借りてきました。
第28回小説すばる新人賞受賞作とのことなので、デビュー作のようです。


帯にもあるとおり、物語は主人公の少女・小峰りなが夜道でおそわれたことから始まります。
物語は終始、りなの視点、りなの一人称で進みます。

実際に自分にされたこと+害されたことで生じた損害なども上乗せして復讐するりなにとってこの事件は、とても許しがたいものでした。
切りつけられた直後に「ぶっ殺してやる!」って叫んでますし。うん。

警察には伝えなかった犯人の残した言葉「ラメルノエリキサ」、第二、第三の被害者たちを調べていくうちに犯人へと近づいていきます。

りなの思考回路がぶっ飛んでいて、お母さんへの思いも二重の意味でのマザコンっぷりも怖いです。
病気とまでいわれる復讐癖も二次元だから許される、リアルでいたらかかわり合いになりたくない少女です。
でも、読んでいておもしろかったです。

「ラメルノエリクサ」じゃなくて「ラメルノエリキサ」だったのはわざとなんだろうな、と。
本来の原文(?)がどうなのかは知りませんが、「ラメルノエリクサ」だったならば、私でももっと早くに気づけたでしょうから。
そして私は賢者の石というとハリー・ポッターより先にハガレンがでてきます(笑)


完璧な存在である母の娘として完璧を求められている姉妹。
姉は完璧をつとめ上げ内心では母を罵倒する。
妹はその完璧さをすばらしいものだと思いつつも自身は完璧になれないと自覚する。
……ずいぶんとまあ歪んでますね。


キレイに終わってるので続編はなさそうです。 ただ、語り手が移り変わっていくようなシリーズになったら面白そうだな、と思いました。
お姉ちゃんや篠原君、立川ちゃんの話も読んでみたいです。特にお姉ちゃん。

この作者さんの次の作品を見かけたらぜひ読んでみたいです。

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR