忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

七日間の身代金

七日間の身代金 (講談社文庫)七日間の身代金/岡嶋二人
プロデビューを目指す若き音楽家カップルの千秋と要之介。ある日、富豪の後添いとなった友人から、弟と先妻の息子が一緒に誘拐されたと相談を受ける。身代金の受け渡し場所は、どこにも逃げ場のない湘南の小島。にわか探偵と化した二人は犯人をおうが……。誘拐と密室の二重の謎に挑む、傑作青春ミステリー。


先月古本市で見つけた本です。
『岡嶋二人』って名前は徳山諄一さんと井上夢人さんの共作著名なんだとか。

井上夢人さんのオルファクトグラムは読んだことがありますが、岡嶋二人名義の作品ははじめて読みました。


物語は、誘拐犯からのビデオレターからはじまります。
そして主人公たちの知人であり、富豪の後妻となった須磨子が身代金の受け渡しに向かうところから始まります。
あらすじを読んだ時点では『弟と先妻の息子』って言葉に弟はともかく先妻の息子は高校生くらいなんだろうな、と思っていたのですが、弟の年齢が27歳。息子の年齢が25歳。

……日本語って難しいですね。

主人公である千秋と要之介が須磨子のあとをつけ、身代金の受け渡し先まで向かいます。
身代金の受け渡し場所に指定されたのは小島。
小島に繋がる道路は1本しかなく、入り江にあるため陸海空すべてが警察官たちの目にさらされていました。

しかし、1人島に入っていった須磨子は銃に打ち抜かれ死亡。警官たちが島を捜索するものも身代金も凶器も犯人も消えてなくなっていて……。

密室ですね。しかも、密室はこれだけではないんです。
多くの死が絡み、お金の問題が絡み、愛が恨みが絡んでくる。

でも読後感は悪くないです。犯人の心象吐露で終ってしまったら鬱々としてしまいそうですが、そこで終らず、千秋と要之介のその後を匂わせるような終わり方をしたので、読後感はどちらかというと爽やかかも。

心象的にも動機的にも犯人はこの人しかいないって人物がいるんですが、その人物の絶対的なアリバイというか密室トリックが犯罪の立証を阻むんですよ。
最後、明かされる密室トリックにはすごく大胆なんですが、でも実現可能かもと納得。
正統派というか、うまく盲点をつかれた気がしました。


千秋と要之介のやりとりが読んでいて楽しかったです。
このカップルがかなり自然な感じで。男親と一人娘と娘のボーイフレンドとかそういうことになるよなー。

おもしろかったです。
シリーズ化とかしていてもいいくらい魅力的なキャラクターたちだったのですが、シリーズ化はされていません。
というか、岡嶋二人のスタンスとしてシリーズ物は書かなかったみたいですね。
岡嶋二人が共著であり、コンビを解消してしまったことからしてこれから先、千秋と要之介の活躍が描かれることはないのでしょう。


……千秋に気があるっぽかった若い刑事さんがなんか企んでそうとか思っていた自分が恥ずかしい。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR