忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

仔羊の巣

仔羊の巣/坂木司
自称ひきこもりの友人、鳥井真一が風邪で寝こんでいたある日、僕、坂木司は同僚から、同期の女性の様子がおかしいと相談を受ける。慣れない探偵役をつとめた僕が導き出した解答とは……。また、木村栄三郎さんのもとで出会った男性と地下鉄の駅で見掛けた少年の悩み、そして僕自身に降りかかる悪意の連続、それらの真実を鳥井はどう解明するのか。ひきこもり探偵シリーズ第二弾。


以前紹介した青空の卵の続編です。
前作を図書館で借りたあとに続編を探したんですが、図書館には坂木さんの作品自体2冊くらいしかなくて。
仕方なく文庫を購入しました(笑)


【野生のチェシャ・キャット】
【銀河鉄道を待ちながら】
【カキの中のサンタクロース】

の三編が収録されています。
キャラクターはなんとなく覚えていた気だったんですが、結構忘れていました。
1年以上前に1冊読んだだけってことを考えれば、読んでいるうちになんとなく思い出せたからまあ上々ですね。


あらすじにもあるとおり、ひきこもりがちな鳥井とその友人・坂木がメインキャラクター。
いわゆる日常の謎を解きながら、ひきこもりの鳥井の世界を少しずつ広げていく連作短編です。
作者と登場人物が同名な作品ですが、けしてイコールではないのでご留意を。


えー、前巻でも思いましたが非常にホモホモしいです。
冒頭に、

(略)こんな僕らの会話を聞いている人がいたら、小学生とそのお兄ちゃんがいるのだと想像するかもしれない。けれど、僕らはれっきとした成人男性で、しかも二十代も後半になっている。(p13}

とあるんです。正直、私にはホモにしか見えませんでした。

ですが、作中でも「ホモ」について触れられていて、すごく罪悪感を覚えてしまいました。
そういう目線で見てごめんよ、と。

でも、滝本さんも言ってたけど「ファクターだけ取り出してみれば、それらしい」(p239)んですよ。マジで。
共依存とでもいうのかな?
鳥井が坂木へ依存している様の方が目立つんですが、逆もまた然りなんですよね。
坂木にとっても、寄りかかってくる鳥井の存在が支えになっているというか。
鳥井は坂木の手を離すことができないし、坂木も鳥井の手を振り払うことも出来ない、とでもいえばいいかな。

このままでいいわけないってことだけは確かです。


利明くんが可愛かったです。
根が真面目というかいい子なので、グレきれてないというか。
ツンツンしてた子がちょっとずつ懐いてくとか見てるだけで楽しいですよね。


解説を有栖川有栖さんが書かれているんですが、単行本版の解説を書かれたのははやみねかおるさんのよう。
超読みたい。
はやみねさんは、鳥井のことを好きになれない、と書かれていたようなんですが、なんかわかるなぁ。
はやみねさんの描く探偵って破天荒で常識なくて周りを振り回してばかりいるけど、すごく大人なんですよね。
だから、精神的に危うい鳥井がダメなんだろうな、と思いました。


少しずつ知り合いが増えていき、鳥井の世界は広がっていきます。
坂木とは依存関係ではなく、共存関係になってほしいものです。

このシリーズは3巻完結。あと1冊しかないとかちょっと寂しいですが、近いうちに読んでしまいたいです。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR