忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

伊藤博文邸の怪事件

伊藤博文邸の怪事件/岡田秀文
時は大日本帝国憲法発布前夜――
伊藤博文邸で起きた密室殺人。
史実の幕間に描かれる大犯罪図の共学の真実!!
やはり、このお邸は普通じゃない――
歴史小説の俊英が軽妙に描く新境地!時代の胎動の中、気品漂う本格推理小説。

大日本帝国憲法発布前夜、明治17年(1884年)の高輪、伊藤博文邸。
書生としてその洋館に住み込むことになった杉山潤之助の手記を、偶然古書店で手に入れた小説家の私。
そこには伊藤博文邸で起きた怪事件の様子が、ミステリー小説さながらに描かれていた。密室で行われた殺人、庭園に残った不審な足跡、邸のまわりをかぎまわる怪しい新聞屋、伊藤公の書斎から聞こえる物音、そして第二の死体……
相部屋の書生、月輪龍太郎と推理合戦を繰り返し、伊藤公の娘・生子お嬢様とその教育係・津田うめにふりまわされながら潤之助が見た事件の真相とは――


図書館で借りてきました。はじめて読む方です。
画像はハードカバー版が出なかったので文庫版ですが、手元にあるのはハードカバーです。


あらすじ、というかタイトルでもわかるとおり、伊藤博文邸を舞台にしたミステリーです。
小説家の"私"が、作品の語り手である"小生"が残した手記から小説に起こしているという体をとっています。

私、時代小説はともかく、歴史小説って苦手なんですよ。
でも、明治時代の話だしミステリーだしいけるかな?と思って借りてみたんです。

そう読みにくいわけではありませんでしたが、私の好みではありませんでした。
歴史が苦手な私でも聞いたことのあるような名前が登場し、おっと思う反面、それらは事件とは直接関係してこないので、そこまでガッツリ触れなくても……と思ってしまったんです。

でも、それじゃあ歴史小説にはならないのかもしれませんけど。

後はそうですね。
単純にミステリーとして、探偵役とワトソン役がいて自分たちが巻き込まれた事件を解決へ導いていく……、のかと思いきやそうでもないのも残念。
以前何かでも(多分、火村シリーズ)書いた気がするのですが、私は探偵役が事件を解決するのがみたいのです。
真相を明らかにするための過程で間違った推理が登場するのは、別にかまいません。
でも、そればっかりというのは、正直呼んでいてちょっとなぁと思ってしまうのです。

内容的にはこの1冊で完結していそうな話なんですが、図書館で続編らしき本が並んでいたんですよね。
特段、続きは読みたいとは思えないんですが、この設定でどう続きを書いたのかは気になります。
とても続きが出せるような設定ではないので、気が向いたらチェックしてみようと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR