忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

図書館の魔女 上下

図書館の魔女 上/高田大介
剣でも、魔法でもない。
少女は"言葉"で世界を拓く。
本を愛し、言葉の力を信じるすべての人に!
ファンタジー界を革新する大作。ついに登場!
第45回メフィスト賞受賞作。

鍛冶の村に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館にクラス「高い塔の魔女(ソルシェール)」マツリカに仕えることになる。
古今の書物を繙き、数多の言語を操っては策を巡らせるがゆえ、
「魔女」と恐れられる彼女は、自分の声をもたないうら若き少女だった――。

図書館の魔女 下/高田大介
世界に抗う少女の"言葉"を、少年は守りきれるのか。
智慧だけが、若き司書たちの武器だった。
2000枚の超弩級級リブラリアン・ファンタジー!
第45回メフィスト賞受賞作

「ことば」を身につけゆくキリヒトと、「ことば」を操る図書館の魔女・マツリカ。
二人だけの秘密が、互いの距離を近づけていく。
だが一方で、周囲の強国との緊張関係は高まるばかり。発言力を持つがゆえに、一ノ谷と図書館は国内外から牽制され、マツリカを狙う刺客まで遣わされる。
迫る危険と渦巻く陰謀に、彼らはどう立ち向かうのか。


図書館で借りてきました。
読み切れなくて一度借りなおしました(笑)


あらすじにもあるとおり、『図書館の魔女』と呼ばれる少女・マツリカとその従者であり手話通訳の少年・キリヒトの物語です。

この本の特筆すべき点はなんといってもその厚さです。
上巻650ページ、下巻800ページをそれぞれ超える大作です。
シリーズもので累計それを超えるものは多々ありますが、1話でこれだけ長いのはなかなかお目にかかれないですよね。

その分厚さからすでにとっつきにくいんですが、ページを開いてみたらさらにとっつきにくい(笑)
ページにびっしりと文字が並んでいるのです。しかもやたら難しい漢字や普段使われない表現が多い!

おもしろいかおもしろくないかで言ったらおもしろいんですよ。
動きはじめるとワクワクしながら読んでいけるんです。
でも敷居が高すぎるし、動き出すまでが長い。
せめて上中下巻になっていれば厚みは減るから手にとる人は増えそうな気はするんですけどね。
(さすがに文庫版は4冊になっているようです)

物理的な本の重さと文章の硬筆さに戸惑い、少しずつ読み進めようやく読み終えた時の達成感はハンパなかったです。
まさか、国家間の関係を変えるまでのスケールの大きな話になるとは……。
途中途中で入る作者の言葉――読者ならとか、キリヒトは気づいていなかったとか、ここで二人で情報交換をしていたらとか――にはちょっとうんざりしてしまいましたが(笑)


「キリヒト」の役割、あの人が敵だったことあたりは読んでいて違和感を覚えていたので、事が明らかになったときは「やっぱりか」と。
こういうの気づけるとなんだか嬉しいです。

続編がありそうな終わり方してて、実際に続編が発売されているようです。
烏の伝言という本で、地元図書館においてありました。
ただ、登場人物紹介にキリヒトの名前がなかったんですよね。どういう話なのか気になります。

でもそちらも結構な厚さの本だったので、ちょっと間をあけてから借りてきたいと思います。
さすがに、3連続で分厚い本は辛いです。

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR