忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

帝都妖乱

帝都妖乱/久楽健太
サヨウナラ、価値なき人間たちよ
史上"最恐"の怪人現る!!
日本國崩壊へのカウントダウン
伝奇小説界の新星が書ききった緊迫のダーク・ファンタジー!!

セカイの平和は、名もなき"はぐれ者"たちに託された!!
大東亜戦争に勝利してから七十年後の大日本帝国。
帝都・東京では、謎の怪物「黒外套(マント)」による政府要人の暗殺事件が続発する。
怪異専門の陸軍部隊「十三機関」に所属する巫女・篝市香は、久遠零介を仲間に引き入れようとする。彼には"この世ならざるモノ"を見る力があったのだ。
古の秘術と最新科学を武器に、異形の者たちとの死闘を繰り広げるメンバーたち。
だが、忍び寄る闇はあまりに根深く強大だった。


図書館から借りてみました。
デビューしてから間もない作家さんのようです。


帯にもあるとおり、大東亜(ようは太平洋)戦争で勝利した日本が舞台。
様々な要因が重なって、現代日本とは似て非なる世界です。
原爆が広島・長崎ではなく、なぜか台湾に落ちてます。
作中で一応理由は説明されてますが、なんとなく不愉快な気分になったのを明記しておきます。


読み終わって思ったのは単純に、読めないわけじゃない。
でも好んで読みたいといえる本じゃないし、自腹切ってたら文句いってたかもしれないな、でした。

帯を読んで、主人公が篝さんだと思ったのも大きかったかもしれません。
まあこういってはなんですが篝さんが、変わり者・久遠に振り回されるよくある話を想像したんですね。
けど、正しくは主人公は久遠の方で、篝さんに振り回されてるようで、振り回してる感じ。

帯では、ダーク・ファンタジーと銘打たれてますが、最初から最後まで「ファンタジー?」と首をかしげてしまいました。
ジャンルはあくまで、目安でしかないと思いますが……。
個人的にこれをファンタジーにつっこむのはなんか違う気がします。
登場する妖は和風・中華風でも相手取る人間側ががっつり近代武器を乱射してたりするのでファンタジーっぽくはないです。
(まあ、一応神道の神おろしとかそういうのもあるんですけどね。印象は薄いです)

たぶん、自分からこの方の作品を探すことはないかな?と思います。
でもまあ、新人さんのようですし、今後作風がどうなるかもわかりません。
たまたま目についてかつ興味をひかれたら図書館で借りてくることはあるかもしれませんけど。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR