忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

南都あやかし帖~君よ知るや、ファールスの地~

南都あやかし帖~君よ知るや、ファールスの地~/仲町六絵
あやかしたちと遊ぶ、ジャパネスク・ファンタジー
 南都、京の都のごとく栄えるこの都市に、遙か異国の地を引く青年妖術士・天竺ムスカがいた。
 緑色の瞳を餅、喋る紅い鳥を友とする彼には、表の仕事である金貸し以外にもうひとつ裏の顔がある。不思議な力を秘めた刀剣をはじめ、物騒な事物が次々と舞い込んでくるのだ。
 ムスルの構えた通称『天竺屋敷』に奉公に来た少女・葉月は、使え女として働くうちに、彼とともにあやかしと関わってゆくことになりーー。


図書館で借りてきました。
初めて読む作家さんですね。


【第1話 天竺ムスル】
【第2話 墓所の法理 前編】
【第3話 墓所の法理 後編】
【第4話 海とシャルバート】

が収録されています。
読み終わった感想としては素直に、なんだか中途半端だな、と思ってしまいました。

「あやかしたちと遊ぶ」というあおり文句、メディアワークス文庫から発売されているということで、青年に振り回される女の子を描いたドタバタものかな?と私は想像していたんです。
あやかしたちというのも、しゃばけ妖怪アパート夏目友人帳、あるいは少年陰陽師のように個性あふれる存在で、主人公たちに寄り添おうとしてくれるのかな?と。

実際に読んでみると「あやかしたち」というのはなんだか語弊があるような気がします。
大きなくくりにしてしまえば、妖刀(某倶利伽羅龍のあの人を連想してしまいました)も幽霊もあやかしでしょうが、期待していたのが上記のようなものだったのでこれじゃない感がついてまわってしまいました。
妖術云々ってありますから和風ファンタジーだし、厳密には歴史小説としてはまずいのかもしれませんがムスルは実在した人物らしいです。
全く知りませんでした。

物語としては、ムスルの元に親の作った借金の片として葉月がやってくるところから始まります。
変わり者であるムスルのもとで、お互い少しずつ歩み寄り信頼していく様が描かれています。
じわじわ近づいていく2人の距離間は嫌いじゃありませんでしたが、私が期待していた話とは違ったので純粋に楽しめなかったのが残念です。

葉月の奉公期間が2年であることと、ムスルの故郷への思い云々でその後がどうなるのかは気になりました。
が、この本の続編が出版されるかは甚だ疑問です。元々掲載自体もイレギュラーだった上、掲載誌が休刊したのを未発表作ごとメディアワークス文庫で引き取ったって形らしいので。
続きがでるとしてもまだ先のことになるのではないかな?

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR