忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

御役目は影働き ――忍び医者了潤参る

御役目は影働き ――忍び医者了潤参る/浮穴みみ
笹川了潤。美男、長身、医師にして常任。
しかし、三度の飯より検屍好き――
この忍び、目立つ。
「では早速参りましょう。死人は待ってはくれません」

死者に常ならぬ親しみを覚える忍びの青年・了潤。里で修行の日々を過ごしていたが、おしゃまなくノ一・真弓とともに江戸へ行くことに。忍者の素顔を隠し、町医者となった了潤は、亡き父に仕えていた美人助手・お蔦や、育ちはいいけれどちょっと間抜けな同心・伊織らとともにさまざまな謎を解く。
やがて見えてきた「敵」は……。
大江戸検屍エンターテインメント、見参!


昨日言っていた図書館で借りてきたラス1です。
なんとか読み終わりました~。


【出立】
【おらんだ大目】
【緋牡丹フラムと白い梅】
【黒い涙とキンゴウジャ】
【天狗のコルベルト】

が収録されています。
連作短編集ですね。


忍の登場する時代小説です。
帯にエンターテインメントとあるし、設定からして派手じゃないですか。
なので、忍たちと同心とでドタバタしながら事件を解決していく系の話だと思って借りてきたんです。

が、思っていたのと違いました。
検死云々は思っていたより少なくて、全体を通して「忍びの生き様」を描いた作品という印象の方が強かったです。

内容的には可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
時代ものだと人情ものを好んで読んでいるってのもあるんですけど、正直、私はあんまり好きじゃないです。


途中、「仇討ちなんだよっ、鉄餕先生の。派手に花火を上げて差し上げるんだっ」ってあるんです。
それを読んで思わず「(銀魂の)高杉?」ってなってしまいました(笑)


同心・伊織が「ちょっと間抜け」ってレベルじゃないですよ。
もうちょっとちゃんとしたキャラじゃダメだったんでしょうか……。
でもまあ、あんまりちゃんとしたキャラであれだけグイグイ来られると早々正体がばれてしまうでしょうから、あれだけ間抜けなのも仕方ないのかもしれませんね。

まさか序盤のアレが最後に生きてくるとは思っていなかったのでラストにはちょっと驚いてしまいました。
ただの了潤のキャラ紹介にしか思っていませんでした。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR