忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

林檎と蛇のゲーム

林檎と蛇のゲーム (『このミス』大賞シリーズ)林檎と蛇のゲーム/森川楓子
交通事故を母を亡くし、父と二人暮らしの珠恵。二週間の海外出張が決まった父が、留守中、珠恵の面倒をみてもらおうと連れてきたのは、水野玲奈という女性だった。珠恵は、「パパの恋人かもしれない」という勘繰りから、水野と打ち明けることができず、窮屈な毎日を過ごすことになる。
ところが、愛猫ミルクの失踪事件を発端として、珠恵は殺人事件に巻き込まれてしまう。さらには、父のベットの下から一億円を発見。その隠し金を抱え、水野とともに逃亡しなければならない事態になり……。
ドキドキのガールズ・ミステリー


図書館で借りてきました。
表紙がとてもかわいらしいです。
以前読んだ強運の持ち主と同じ方が表紙書いてるのかな?


『このミス』大賞作品って特に読んだことがあるわけじゃなかったんですが、名前は聞いたことはあったので、第6回『このミス』大賞最終候補作だというこの作品に対してちょっと楽しみにしていたのです。

読み終えた時点での感想としては「おもしろかった」につきるんです。
いったいどうなってしまうんだろう、とちょっとドキドキしてましたから、ラストの着地の仕方はなかなか。
ご都合主義っぽいのはあるんですけど、こういうご都合主義なら好きです。

ただこれってミステリーっていっていいのかなぁ、と。
確かに主人公である珠恵は事件に巻き込まれます。
(あらすじでは殺人事件となってますが、実際は死んでないので傷害事件かな)

でも、それについて推理するわけでもなく、逃げ込んだ女性宅で過去に父の身に降り懸かった出来事を延々聞いているだけだからなぁ。
事件自体も、犯人が自首したりするため推理らしきことをしているのは本当にわずかです。

おもしろいんですけど、ミステリーと銘打っているのにはちょっと首をかしげてしまいました。

正直な話、主人公であるはずの珠恵の存在感がかなり薄かった気がします。
水野の回想シーンが主なので、気づくといなくなってしまっているんですよね。
やっぱり、秘密をなにもしらない存在を主人公に据えなければいけないのはわかるんですが、ちょっとなぁ。


かなりスラスラと読み進めることができました。
元々がラノベ作家であるってことはやっぱり大きいのかと。
高瀬美恵という名義でも活躍されているそうです。


海外にいてまだ中窪さんと再会していない父・康孝。
康孝と中窪さんの30年ぶりの再会。それも見てみたかったなぁ。

内容的には結構ひどいことされているはずなのに、暗くならずにさらりと読めたのはよかったです。
この方の作品、他にも出てたら読んでみたいなと思ったのですが、『森川楓子』名義では出されていないようです。
図書館で高瀬美恵名義のものも見たことないのでちょっと残念です。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR