忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

桐原家の人々 1、2

桐原家の人々 1 恋愛遺伝子学講座/茅田砂湖
桐原眞巳(まさみ)は悩んでいた
都と猛がほっそりとしたシャム猫なら自分は黒くてごついシェパードだ
これで三つ子だなんて本当か!?
眞巳が16年間抱えてきた疑惑の渦は突如として予想をはるかに越え怒涛のごとき展開を迎えることに

あらわになった真実とは?
とてつもなくパワフル、超マイペースな家族コメディが新装登場!
桐原家の人々 2 恋愛心理学入門/茅田砂湖
月の輪熊とウサギを並べて兄弟と言い張るぐらいに無理がある桐原家の三つ子たち
事実を知らされた16年目の初夏
3人をさらなる混沌に落とし込む“妙なもの”の出現に麻亜子さんの怒りが爆発

まだ隠されてい秘密は怒涛のジャーマンスープレックスと共に炸裂する!
必笑家族コメディ新登場第二弾

数年前に古本市で手に入れた本です。
シリーズ4巻まであるんで一気に読んでしまいたかったんですが、ちょっと無理でした。


とんでもなく複雑な家庭の事情を抱えた一家の話です。
作者コメントでもちらっと語られてますが、この作品ちょっとBLっぽいです。
BLというにはぬるいんですが、冒頭からいきなりそういうシーン(夢オチですが)があるのでちょっとびっくりしました。


えっと、表向きの家族構成はこうです。
父・広美、母・豊、母方の祖母・締、年の離れた姉・麻亜子と兄・零、高校生三つ子の8人家族。
三つ子は男の子2人・眞巳と都、女の子1人・猛。
都と猛がそっくりで、雅巳1人が系統の違う顔をしているわけです。

で、あらすじにもあるとおり、眞巳は「自分は余所の子なんじゃ……」となるわけですね。
それだけだったらよくあるというか、本人たちも言葉にはしないものの気づいていたわけですからそこまで驚かないんですが、この作品はそんなもんじゃないんですよ。

本来の家族構成はこう。
父、母、祖母はまあ変わりません。
しかしここからがややこしい。
眞巳だけ血が繋がっていないと思っていたのに、実際は眞巳と猛が双子で仲間はずれは都。
都は広美と豊の子で、眞巳と猛は姉だと思っていた麻亜子の子だった。
さらに兄だと思っていた零は広美の弟の子どもだったと。

この作品、10年近く前に一度図書館で借りて読んだことあったんですが、さすがに衝撃だったんでしょうね。
本当の家族構成は覚えてました(笑)

で、真実を知り混乱をしているもののなんとか受け入れようとしているところで2巻に続きます。

2巻では眞巳と猛の父親である人物・森崎崇史とその息子・のぞみが登場します。
のぞみは養子とのことなんですが、本当の父親がね……。

こちらもきっと衝撃的だったんでしょう。なんとなく覚えていましたが、改めて読むとひどいわ、この父親。
どシリアスにならないのは桐原家がすごいんですよね。


BLに対してあまり耐性のなかった当時ならともかく、今なら色々と妄想の余地が……(笑)
この作品ホモ(というかバイ?)に対しての扱いが厳しいんですが、妄想する分には非常に楽しいだろうな、と思って読んでいました。
そういう意味では松永くんとかもちょっと気になりました。


おもしろかったです。
4巻は外伝らしいんですが、近いうちに読んでしまいたいと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR