忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

桐原家の人々 3、4

桐原家の人々 3 恋愛統計総論/茅田砂湖
桐原さん家の似ても似つかぬ三つ子
その真実が白日のもとに晒されてようやく落ち着いたと思ったとたんロールスロイスに乗って新たなトラブルがやってきた!
『零を迎に来た』というご大層な一族とは何者か!?
なんともパワフルやたらにマイペース必笑家族コメディ新装版
桐原家の人々 4 特殊恋愛理論/茅田砂湖
両親を事故で亡くしただ一人生き残った桐原零は叔父の家に引き取られる新しい『桐原家』は少年にとり脅威に満ちた家族の暮らす家だった
苛酷な少年時代にもかかわらず絶妙なキャラクターぶりを発揮しファンの絶大なる支持をとりつけた零を描いたシリーズ最終巻
書き下ろしで登場


以前紹介した桐原家の人々の続編です。
全4巻なのでこれで終了ですね。


ドタバタホームコメディなこのシリーズ。
3巻、4巻は零ちゃんが主役といっても問題ないですね。

3巻では零ちゃんにお見合い話が持ち上がり、4巻は零ちゃんの過去が語られています。

4巻だけは毛色がかなり違います
いや、笑えるところは笑えるんですけど、零ちゃんの両親の死が発端になっているのでどうしても重めです。
あれは本当にずるいです。泣いちゃいましたよ。

3巻で登場する零ちゃんのお母さんの実家・三条家がかなり酷いので、最終的に幸せになれてよかったね零ちゃん、と。
うん、あれだけ酷い一族だとは思わなかったです。
そう考えると『桐原家』に引き取られたのは大変だったけど、とてもいいことだったんでしょうね。


結局、都と眞己の関係はどうなるんでしょうね。
意識しちゃってるのは眞己なんだけど、思いが深いというか行動を起こすのは都。
これが思春期ゆえの過ちで将来的にはそれぞれ結婚して、「あんなこともあったな」と笑い話になっても別に驚かないんですけどね。
でも、都は「兄弟ならいつかは離れなくてはならない」という言葉に反応してたぐらいだから勢い余って押し倒してもおかしくはないのかなぁ、と。

都がどこまで成長するかで話が変わってくるんだと思います。
たとえ、押し倒したとしても今の体格差なら眞己は都を押しのけることが出来るわけですよ。
でも、それが出来なくなったとしたら? 流されそうですよね。
桐原家の面々を見る限り、都も成長期が遅いだけでまだまだ成長すると思うんですよ。

都と眞己の関係、零ちゃんとお見合いしたお嬢さんのその後とか気になることは結構残っているんですが、そこは語られていません。
10年以上前の作品ですし、続編も出ていないようです。
まあ、4巻も書き下ろしってことらしいのでそれ以上出るわけがないんでしょうけど。

楽しかったです。
BLっぽいけど、けしてBLではないちょっと不思議な作品でした。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR