忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

神様の値段 戦力外捜査官2

神様の値段 戦力外捜査官2/似鳥鶏
捜査一課の凸凹コンビ、再び登場!
カルト団体がたくらむ"ハルマゲドン"……。
妹を人質にとられた設楽刑事と、推理だけは超一流のドジっ娘メガネ美少女警部・海月千波は、首都に忍び寄る最悪の無差別テロを防ぐことができるのか!?


図書館で借りてきました。
武井咲さんとEXILEのTAKAHIROさんが主演のドラマ原作本ですね。
まあ、私はドラマ見てないんですけど(笑)


これの続編になります。
今回、2人が相手取るのは宗教団体です。
読み終わった感想としてはご都合主義なら全部それで通せばいいのに、でした。

ハルマゲドンの正体はバイオハザードっていっていいのかな。
私詳しくないんでよくわかりませんが、細菌テロとかそういうのに該当するんだと思います。

そのテロへの対応がすごかったんですよ。
疾走感あふれるというか皆が皆自分に出来ることを精いっぱいやったことで犠牲者を最小限に抑えることが出来るわけですね。

それだけに、設楽さんの妹さん・未来ちゃんの身に降りかかったことがすごく納得いかない。
ヤバい宗教にはまってしまった彼女がある程度痛い目見るのは仕方ないといえるでしょう。
でも、あの出来事は必要だったのでしょうか。私は絶対いらなかったと思うんですよ。
ぎりぎりで助けに来てくれるか、色々と不信に思っていたから自分で逃げてくれるかと思っていただけに最後まで致してしまうとは思わなかった……。

あれはダメだろ。
彼女の盲信具合にもひくし、知識がなさすぎるから後処理とか全くちゃんとしていると思えないんです。
たとえ続編が出たとして彼女が妊娠とかしてたらもうこの作品読まないわ。


作中で震災時やオウム真理教の事件の教訓をいかしてどうのと語られてますが、正直私オウム事件の詳細って知らないんですよね。
ぶっちゃけ、オウムより何故か阪神淡路大震災の方が記憶に残ってますが、それもひどい地震があった程度の認識。
まあ、当時幼稚園卒園するかしないかくらいの年ですからね。
覚えてないのも仕方ないんでしょうけど。
最後の指名手配犯が捕まって裁判が行われているような時期ですから話題としてはよかったのかも。


未来ちゃんの出来事がなければそれなりに楽しめただけにそれが残念でした。
ただ、ページ数の割に内容があまり……。
この作品、キャラクター小説めいた印象が強いので短編にした方がいいんじゃないかな、なんて思って島ました。

3巻が出るとして図書館で買ったら読もうと思います。
彼女が妊娠していないことを祈ります。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR