忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

金物屋夜見坂少年の怪しい副業 ―神隠し―

金物屋夜見坂少年の怪しい副業 ―神隠し―/紙上ユキ
何を信じて何を信じないか、それがすべてです。
夜見坂少年が先代から引き継いで営む金物屋では、まじないや憑き物落としの相談も受けている。やけに老成した彼によると、不本意ながら副業である「まじない屋」の方が繁盛しているらしい。男爵家の令息で医学生の千尋は、自身が絡む呪いの一件で彼と知り合い、なんとなく関係が続いている。そんなある日、千尋は夜見坂少年の副業を手伝わされることになり…?


先日読んだこれの続編になります。
まあ、続編といってもこれから読んでもほぼ問題ないです。


【神隠し】
【反魂香】

の2編が収録されています。

まずは【神隠し】から。
こちらはあらすじにもある千尋さんが夜見坂くんをお手伝いする話。
とある高級料理屋である日愛娘の結婚披露宴を開いたところ、愛娘の姿が煙のようにきれいさっぱり消えてしまってすわ神隠しでは、と騒がれていたのを解決に乗り出します。
事件事態はお嬢様の行動力に脱帽。幸せになれるといいね、といったところ。

正直、千尋さんの役割はその見た目だけ(笑)なんですけど、こう振り回される感じ嫌いじゃないです。


次、【反魂香】
反魂香と聞いて真っ先に思い出したのはしゃばけの若旦那。後はそうですね。ちょっと古いけど犬夜叉の桔梗もこれでよみがえってなかったかな?
その名の通り、魂を反転させる香――死人を蘇らせる香です。


少し前に軍勤めの兄・伊吹を亡くした青年・葉月のお話です。
この話はすごく考えさせられるけども、それよりもちょこちょこ見え隠れしてるこの世界における歴史だとかそちらが気になってしょうがなかったです。

開国を迫った外国人が乗っていたのは船ではなく飛行船。
この手の物語に天皇を出すことは難しいのはわかるんですが、王政であったりとなんだか違和感がついて回りました。
うーん、銀魂ほどではないとはいえ一種のとんでも時空なのかもしれませんね。

すべては、夜見坂くんと伊吹青年の手のひらの上だったわけですが、選択肢を与えられた葉月が今後どのような選択をするのか気になりました。
いつかその後の姿が描かれるといいのですが。


まだ5編(うち1編は自身の話だから除外可能)しかないこのシリーズですが、夜見坂くんが千尋さんを関わらせるのって「妖ごと」ではない事件なのかな、と。
読んでいてそんな気がしました。

相変わらず、後書きはなし。
次巻については不明ですが、こまめに新館情報をチェックしようと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
13 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR