忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

黄泉坂案内人

黄泉坂案内 人/仁木英之
あんた、あの世とこの世の境におるんや。
タクシー運転手。速人(はやと)は不思議な少女・彩葉(いろは)と共に今日も"迷える魂"を救う旅に出るー―
大人気シリーズ『僕僕先生』の気鋭が贈る、傑作伝奇ファンタジー!

タクシードライバーの磐田速人は、ある日「入日村」という村に迷い込む。そこは河童や天狗などの妖たちが闊歩する不思議な村だった。村で出会った少女・彩葉は、ここは現世とあの 世との狭間に漂っているな場所だという。また、黄泉の国へと続く坂を上り切れずに、さまよう魂が増えているというのだ。現世に戻れなくなった速人は、彩葉と共に魂の「みれん」を 解く仕事を始める羽目に……。

とびきりチャーミングで心に沁みるファンタジーノベル、登場!


図書館で借りてきました。 以前、僕僕先生も借りてみたんですけど途中で投げちゃったんで、この人の作品を紹介するのは初になります。


【第1話 スワンボートタクシー】
【第2話 ねこのこ】
【第3話 銀河に乗って】
【第4話 空手形】
【第5話 山崩れ】
【最終話 かぐつち】

が収録されています。
連作短編ですね。

あらすじにもある通り、あの世とこの世の境の村を拠点に、タクシードライバーのハヤくんこと速人が死者の未練を解消し、川の向こう側にわたる手助けをする話です。

結構面白いです。でもちょっとなぁといったところ。
設定も面白いし、ストーリー展開にも思わず涙してしまいましたし。
でも、ラストの展開は賛否がわかれそうです。

読み始めて、冒頭の数ページはともかくその先は楽しんで読んでました。
でも、話が進むにつれ不穏な空気が漂ってくるんですね。
ラストはこんな終わりなの?と首を傾げてしまいました。

何かの本で「人間の心は耐えきれないから不老不死になれない」みたいなのを見た記憶がありますがそういうことだったのかなぁ、と。
作中でも妖怪に近いとされていたから彩葉だけは残れたのかな?

何というか、ハヤくんがものすごく可哀想でした。
無理矢理、「入日村」に連れてこられて名を取られ、自分の元いた場所には戻れなくなってしまい、ようやく名を取り戻したと思っても消えてしまうわけですし。

途中までは、シリーズ化しても面白そうと思っただけに、ちょっときついですね。
でもその後の話も読んでみたかったな、とも思います。


以前読み切れなかった僕僕先生シリーズもいつか読み直したいな。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR