忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

黒野葉月は鳥籠で眠らない

黒野葉月は鳥籠で眠らない/織守きょうや
15歳の少女わいせつな行為をさせたとして21歳の元家庭教師が逮捕された。被疑者大学生は何かを諦めたように本心を話さない。
頭を抱える新米弁護士の前に現れた黒野葉月――被害者の高校生はやがて途轍もない行動を起こす。
予測不能の事件の行方。えもいわれぬ鮮烈な読後感。
驚嘆瞠目のリーガル・ミステリー!

ただ、覚えておけばいいよ。
絶対に欲しいものが決まっている人間が、どれだけ強くて怖いものかを。
法の奥深くへ分け入り、新米弁護士木村と先輩高塚のコンビが知る、四つの秘密。
加害者も、被害者も――相談者たちは、一様に何かを隠している。
実力派新人が放つ、鮮烈な読後感の表題策を含む連作リーガル・ミステリー。


すごく意味深な表紙&タイトルに惹かれて図書館で借りてきました。
はじめて読む作家さんですね。ちなみにおりがみさんです。


【黒野葉月は鳥籠で眠らない】
【石田克志は暁に怯えない】
【三橋春人は花束を捨てない】
【小田切惣太は永遠を誓わない】

の4編が収録されています。

帯をきちんと読まずに借りてきた私も悪いのですが、はじめ長編作品だと思っていました。
各関係者に話を聞いていって事件の謎をとく感じの作品なのかなーと思っていたのです。
実際は連作短編だったので思っていたよりもさらっと読めました。

物語は新人弁護士・木村が様々な事件に関わり、依頼人たちに巧妙にだまされていく話(笑)
いや騙されちゃだめなんでしょうけど、端的に説明するとそんな感じなんですよね。

読み終わった感想としては、本物の弁護士が書くだけあるなってものと、
でもこれぐらいならミステリ好きの素人なら知っていてもおかしくないからなーと二律背反したものでした。

私自身はそこまで法律に詳しくありませんが【石田克志】【三橋春人】は途中で8割方、【小田切惣太】も6割程度は途中で気づいてしまいました。
逆に【黒野葉月】に気づけなかったことが残念なくらいでしたね。

でもまあ、さらっと読むにはいいかと思います。
先輩弁護士の高塚さんの考え?というか知識?が奇をてらっているというか、依頼人たちの上を行っているんですよ。
何があってそういう風になったのかな?とちょっと気になりました。

シリーズ化しても面白そうなので続編を期待したいと思います。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR