忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

FW 猫の棲む島

FW(フィールドワーカー)―猫の棲む島 (講談社X文庫―ホワイトハート)FW(フィールドワーカー) 猫の棲む島/鷹野祐希
“呪われたゼミ”――東ノ宮大学文学部史学科の舟和ゼミを人はこう呼んだ。主宰者である教授の逆指名でゼミ生が決まる。学生に拒否権はなし。小美仁――今年は彼に白羽の矢が立った。ゼミ開始の新学期もまだだというのに、小美は北九州の海の上で船酔いに苦しんでいる。舟和ゼミのフィールドワーク――民俗調査のためである。目指すは中恵島。島民の数よりも島を覆うおびただしい猫、猫。異様な雰囲気のなか、事件は起こった!!


9月に入ったので、秋っぽいテンプレートに変えてみました。

図書館で借りてきた本です。
ホワイトハートって、自分で買うことないんでよくわかってなかったんですが、レーベルロゴの違いでその作品がBL(というか耽美?)か否かわかるんですよね。
ウィキペディアによるとBLは紫、それ以外だと青だそうです。こういう配慮ってBLが混在しているほかのレーベルでも必要だと思います。

この作品も表紙が表紙なので男同士の絡みがいくらかあるんだろうなぁと思ってみてました(表紙を見た妹にもBL?と聞かれました)。
すいません。微塵もなかったです(汗)


物語は船上からはじまります。
呪われたゼミに逆指名されてしまった小美ことシャオが、民俗学の研究の一環であるフィールドワークに赴き、そこで事件に巻き込まれるという話。

「民俗学のフィールドワーク先で事件に巻き込まれる」と書くと北森鴻さんの蓮丈那智シリーズを思い出してしまいましたが、あちらはきちんとしたミステリーであるのに対し、こちらは伝奇系といえばいいのかな。
オカルト的な事件に巻き込まれます。


おもしろかったです。
読んでいて引き込まれる感じがあったので、結構一気に読めてしまいました。
まあ、この手の神話解説系を半分流し読むのはいつものことです。
あとは方言がわからないので、意味を理解というか推測?するのがちょっと大変でしたけど。

ただ、結構残酷な描写があるのでそういうのが苦手な方や、精神的に参っている方にはおすすめできません。
三人称でたんたんと語られる儀式風景は読んでいて顔をしかめてしまいたくなってしまいました。
正直、想像すると非常に気持ち悪いです。

最後の方の「どうして俺がなんかしなくちゃならないんだよ!」ってのはそれだけ読んだらすごく自分勝手な感じがしますが、彼らがやったことを考えるとすごく深いセリフだなぁ、と思いました。


ホワイトハートの対象年齢がラノベとしては群をぬいて高いことはなんとなくわかっていましたが、この作品はラノベレーベルで発表する必要性を感じませんでした。

しかも新シリーズと銘打たれているんですが、2巻は出てないんですよ。
ウィキペディアによると2巻の執筆はなされ、編集部に提出こそされているものの刊行にはいたらなかったようです。
すごくもったいないなぁ、と思います。
同じ講談社なんだから講談社ノベルスとか文庫とかで出しても良さそうな気がするのですが、だめなのかな。

最近の他レーベルの作品を再出版しシリーズ復活みたいな流れにのっかってこれも出してくれないかなぁ。

シリーズ化する予定だったからこそ、永吉がシャオを知っていた理由、シャオが舟和ゼミに逆指名された理由なんかは明らかにされていません。
すごく気になるんですが今後明らかにされることはないですよね。すごく残念です。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR