忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

RANMARU

RANMARU (YA!フロンティア)RANMARU/伊丹由宇
超人的な能力を持つ、緑竜族の若き首領・蘭丸は、初めて知る「普通の学園生活」を謳歌していた。しかし黒鬼族・闇太郎の転入によって学園は恐怖に震えはじめる。
学園の平和を守るため、蘭丸の命をかけた戦いがはじまる!


懲りずにまたYA!フロンティアレーベルのものを借りてきました。
しかしながら今回もまた残念な感じですごいテンションがさがりました。

でもまだベテラン作家の作品が残っているのでまた懲りずに借りてきますよ!


主人公は緑竜族の首領である13歳の少年・蘭丸。
緑竜族と対立する一族・黒鬼族にも若き首領がいて、それは蘭丸と同じ日に生まれた巨漢の13歳・闇太郎。

このふたりを頭にすえての戦いを描かれています。


もうなんというか、読んでいる最中から白けてしまって。
まったくおもしろいと思えませんでした。

設定だけ見るとそれなりに面白そうなんですが、何もかもしょぼく感じてしまって楽しめませんでした。


この作品、擬音がかなり多いんですが、それが何をいいたいのかまったくわかりませんでした。
いくつか例をあげてみますが、これで理解できる人がいるのか甚だ疑問です。

結構序盤の一文です。
大きな入道雲から、いきなり、“ドギャギャギャーン!”と、強烈な豪雨が襲い、雷鳴がとどろいた。

主人公が親友に裏切られたと思ったところ。
“クイーンッ!”
蘭丸の心を引き裂くような悲しみが襲った。


直後のその親友の行動。
「グッ、グッ! グオーッ、ググオーッ、グググオーッ!」
天にとどかんばかりに、一時間以上も号泣したことを、蘭丸が知るはずもなかった。


もちろんノックの音(コンコン)など普通の擬音もありましたが、上記のような奇抜な擬音が多くて。
想像するのも難しかったです。

主人公と親友がつまらないギャグをいうシーンも多いのですが、本当にレベルが低くて。
そういう設定だとはいえ、考えないとギャグだったということもわからないレベルなので、本当にしらけてしまいました。


最後の展開には少し驚きましたが、なんとなく納得できなくて。
挿絵は緑風(長老っぽいの)の最期を描いたものが一番好きでした。
あれが一番雰囲気あります。

多分この作者さんの作品を見つけてももう読まないと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR