忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿

玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿/篠田真由美
旅先のインドで、橋場亜希人が不可解な「密室」死を遂げた。10年後、橋場の恋人だった狩野都は群馬山中に「恒河館」を建て、当時の旅行仲間たち、そして桜井京介を招く。ミステリアスな「館」で展開される真相解明劇。そこへ、さらなる悲劇が……。過去と現在が複雑に絡み合う謎を、京介はそう解き明かすか?


昨日の予告通り、篠田真由美さんの作品です。
桜井京介シリーズ第2弾にして異色作とのこと。
このシリーズは館モノなのですが、今回は館モノの要素はそこまで強くないです。


京介のもとに1通の手紙が届くところからはじまります。

今回、深春はほぼ出番なし。
冒頭の手紙を受け取るシーンのみの登場ですね。
スペインへ向かうってことらしいんですが、これって前作の「未明の家」の影響というか。
探しにいくっていってましたもんね。


今回はインドの神々が多く登場するんですが、そこまで造詣深いわけじゃないので結構読み飛ばしてました。
神話は嫌いじゃないですけど、わざわざそういう本を買ったり借りたりして読みたいとまでは思わないというか。
そんな感じ。
私の持ってる神話の知識はほぼ小説や漫画で得たものです。
それらが正しい保障は全くないし、物語上曲解しているものもあるかもしれませんから一度くらいちゃんとしたものを読まないと駄目だとは思うんですけどね。

途中、『LOOKED ROOM MURDERS』――ロックドルームマーダーズの名前が出ているのですが、これって有栖川有栖さんの46番目の密室で登場したあの本ですよね。
玄い女神は多分今回読むのが2度目だと思うのですが、まったく記憶にありませんでした。

多分、本当に名前しか出ていないので興味が惹かれなかったんでしょう。
46番目の方だと内容が少し紹介されているので印象に残っていましたけど。
確かにトリックだけ抜き出したそれらはばかばかしい内容でしたね。
それでも読んでみたいとは思いましたけど。

この作品って蒼が毎回危ない目にあうのは仕様なんでしょうか。
いや、まだシリーズ2作目ですからなんとも言えないですね。
これから先も続くとは限りませんし。


恒河館が新しい建物だってことは蒼がサイズを測っているときに気づきました。
思わず携帯でメートルっていつから使われてるんだろうと調べてしまいました。
インチまでは頭が回りませんでしたが明治なら尺だよなぁ、と。

若干重い話でしたが面白かったです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR