忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

薬師寺涼子の怪奇事件簿 水妖日にご用心

薬師寺涼子の怪奇事件簿 水妖日にご用心/田中芳樹
南アジア某国の王子様が来日した。ハンサムでスポーツマン、資産はじつに三兆ドル! 日本中の女性が大さわぎする中、マンガしか読まない外務大臣の頼みで、巨大テーマパークの貸し切り権を王子に譲った薬師寺涼子警視。そこで惨劇は起こった。人気キャラクター半魚姫に扮した美女に王子様がおそわれたのだ。テロリストの動機は王位をめぐる暗闘か、膨大な地下資源にからむ争いか、それとも復讐か? 雷鳴とどろき、豪雨が東京を水没させる中、警視庁の破壊美神・涼子が忠臣・泉だ準一郎を従えて暗殺者を追う!


そういや、最近田中芳樹さんの作品読んでないな、と思って引っ張り出しました。
薬師時涼子シリーズを前回紹介したのは1年以上前のことですから道理ですね。


今回の舞台はテーマパークと、警視庁です。
警視庁であれだけ暴れまわるってある意味すごいなぁと思いました。


私、田中芳樹さんの作品ってそう多く読んでるわけじゃない――思っていたんですけど改めて思い返すと結構読んでるなぁ。創竜伝、お涼シリーズ、春の魔術シリーズ、岳飛伝なんかも前読んだっけ。他にも単品のいくつか読んでるはずだし。
閑話休題。

この方ディズニー嫌いですよね。

作中に登場する『ザナドゥ・ランド』なるテーマパークが登場するんですけど、そこ明らかにディズニーがモデルなんですよ。
千葉にあるのに東京の名を冠している、創始者がグリム童話など先人の創作物をアニメーションにしたなどなど。
シ“ソ”デレラや白“雲”姫、“半”魚姫と、登場するキャラクター名からしてもそれがうかがえます。


今回の敵はゴユダ。簡単にいうと人の形をした喰人ワニってことらしいです。
そのゴユダが、はじめ半魚人に扮して襲ってくるわけです。
読み終わって驚いたんですが、今回お涼が敵に止めを刺してないんです。

半魚姫ことサリー・ユリカ・トルシガンが今までの敵と一線を画しているからでしょうか?
今までの敵ってたいてい、「化け物」と「化け物を操る人間」がいるという形だったと思うんですよ。
で、化け物サイドはともかく、人間サイドは化け物サイドに殺されることはあれど、お涼が止めをさしたってことなかったような気がするんですよね。
そう考えるとサリーは化け物的な力を持っているとはいえ、人間に近いような印象を受けたのでそういう倫理観的な問題なのかなぁとか思ってみたりしてました。
正直、好敵手になりえるようなキャラ設定なのでまた登場するのかもしれませんね。


カドガ殿下の幻想。
「(略)いったい日本には、ヤマトナデシーコとかタオヤーメとかいう女たちはおらんのか」
「いません」(p171)
一言で撃ちくだいた泉田さんに笑ってしまいました。

というか、カドガ殿下があまりにぶっ飛びすぎていてびっくりしてしまいました。
「究極のムダヅカイ」には普通にびっくりしてしまいました。
王水が登場するだけならともかく、その黄金を溶かした王水とかもうどんだけですか。


今回もまた泉田さんとお涼の関係は進まない。
うーん、私このシリーズここまでしか持ってないし、続編も買う気ないんですけどいったいどうなるんでしょう。
最終巻にならない限り、どうにもならないような気もしますけどね(笑)

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR