忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

アニメ デジモンアドベンチャー

デジモンアドベンチャー


今日もまた本の感想じゃなくてすみません。
けどこれは書いておきたかったので……。


先日(GW)にニコ生で一挙放送されたので、見たって方も多いのではないでしょうか。
私はテレビ放送当時見ていたはずなんですが、結構忘れていたので前々から見たいと思っていました。
が、デジモン初期4作ってレンタルないし、DVD高いし、YouTubeはすぐ消されるし(それでも20話までは頑張ってみてました)と見る機会に恵まれていなかったのです。
が、今回のニコ生の放送を知り、急いでタイムシフト予約しました(笑)
今までニコニコのアカウントこそ持ってたんですが、生放送は見てなかったので今回慌ててアプリ落としました。


土日に頑張って2夜分と見逃しの1~7話までを見ました。
視聴開始から1日+放送時間しか見れないって本当に一気に見るしかないからちょっと辛かったですが、頑張りました。


物語は、少年たちが夏休みに子供会のキャンプに訪れたところから始まります。
7人の少年少女たちはそこからデジモンたちが暮らす世界デジタルワールドに辿り着きます。
そこで仲間と協力し、時に反発しあいながらも元いた世界に戻るため、デジタルワールドを救うため冒険し戦う長くて短いひと夏の物語です。

メインとなるキャラクターは選ばれし子供たちとそのパートナーデジモン、
太一&アグモン、ヤマト&ガブモン、空&ピヨモン、光子郎&テントモン、
ミミ&パルモン、丈&ゴマモン、タケル&パタモン、そして途中参加のヒカリ&テイルモン。

この辺と敵キャラがわかっていればだいたい大丈夫。
デジモンにおける進化はポケモンにおけるメガ進化みたいなものなので毎度戻るし、たいていきちんと宣言して進化してくれるので「このキャラなんだっけ?」みたいなことにはなりにくいと思います。

ちなみに、太一とヒカリ、ヤマトとタケルは兄弟です。
年齢的には丈が6年、太一・ヤマト・空が5年、光子郎とミミが4年、タケルとヒカリは2年生となっています。


放送されたのは1999年。今から15年も前の話なんです。
当時、私は太一たちと同学年でした。
(翌年放送された02で年上になっていてなんか不思議な気分になったのを覚えています。今度は新シリーズで年下になるんだよなぁ)

なのでやっぱりデザインだとかは今と比べてしまうとおとりますし、デビモンの塩谷さん、ピッコロモン(というか目玉おやじ)の田の中勇さん、ピエモンの大塚周夫さんだとか亡くなってしまっています。

他にヌメモンのうえだゆうじさんがまだ漢字表記だったり、ピコデビモンの宮田幸季さんが途中まで旧芸名の宮田始典名義だったり、端役が豪華だったりとそういう点でも楽しめるのではないかと思います。


単純に面白かったです

ミュウツーの逆襲あたりも時期的には同じぐらいだと思うんですが、この当時って子供向けでも重たいテーマにするの流行っていたのでしょうか。
ミュウツーも重いけど、デジモンも根底にあるのは結構重いと思うんですよね。

アポカリモンの話ももちろんそうですが、ヤマトのブラコンの訳とか、光子郎の敬語だとかその辺。
放送当時とは違い、今現在は子どもたちのバックグラウンドを知っているから初期からきちんと伏線が貼られていることなどがわかります。

けど、光子郎の話は朝の番組(確か日曜9時放送でした)でやるには内容重すぎやしないでしょうか。
いやでも、あの当時小学生がパソコンをあそこまで使いこなすまでやりこんでいるってのは考えにくかっただろうし、親が買い与えるにしてもパソコンは高すぎるオモチャだったでしょう。
光子郎の家庭の事情故に、それが可能だったってことなんでしょう。


後はそうですね、神回と言われる21話。
前日譚であり全ての始まりでもある劇場版の監督でもある細田守さんが演出されたもの。
ものすごく楽しみにしていたんですが、期待以上でした。あれは確かにすごい。

21話は前話でエテモンとの戦いの余波で発生した次元の切れ間に太一とアグモンだけがのみこまれてしまい、現実世界に戻ってきてしまうというもの。

ここでヒカリが初登場するわけですが、このヒカリが怖いこと怖いこと。
いや、劇場版見ていればなるほど、な話なんですけど、太一の心情を考えるとめちゃくちゃ怖い。
あれは一見の価値ありです。

が、あれだけ意味深な行動しておきながら「8人目はいったい?」って延々やるのはどうなのwと思わなくもなかったです。
EDでも盛大にネタバレしてましたしね(笑)


この手の物語にありがちな強さのインフレは仕方ないのかな、と。
完全体の強さが際立っていた初期ですが、話が進むにつれ登場する敵のモブキャラも完全体ばかりになってしまいましたし。
初期は進化の度にエネルギー切れを起こしていたパートナーデジモンたちもガンガン進化しまくりますし。

それでも初期ボスであるデビモンが成熟期でありながらめちゃくちゃ強そうってイメージを貫き通したのはすごいな、と。
多分OPの影響が大きいんでしょうね。この作品全話一切変更ないんで、最後までOP上でのボスはデビモンなんですね。

あとはそうですね。
最終回は思わず泣いてしまいました。

新作triのムービーにも使われているんですが、最終回の子どもたちとデジモンの別れにうるっときてしまうんですよね。
いや、リアルタイム世代ですから2年半後(02)で無事再会できるのもしってます。
それでもやっぱりあれは泣いちゃいますよ。


1年分をわずか3日で視聴するってのは想像以上に疲れました。
それでも有意義だったし、結局1話しか見ずに視聴期限切れになってしまった弟はバカだなぁと思います。

どうせなら02もやってほしいです。
新作が映画で、しかも6編もやるなら02メンバーも出るだろうと思うんですが、どうかな?
無印よりは多少覚えていますが、それでも大半は忘れているので見直したいです。

ちょっとYouTube探してみようかな。

拍手[1回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR