忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

[現代版]絵本 御伽草子 うらしま

[現代版]絵本 御伽草子 うらしま/日和聡子(絵/ヒグチユウコ)
海に出たまま帰らない兄の行方を追って、不思議な甕のなかへと迷い込んだ「わたし」。
謎の女に導かれ、たどり着いた竜宮城で待っていたのは――?
魔物たちが誘う、妖しくも魅惑にみちた異界への旅

人気作家の自由な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学になった!美しい絵とともに贈る愛蔵版シリーズ


図書館で借りてきました。
一般書のコーナーにあったのですが、サイズが他と違い目についたので手にとりました。
絵本らしいのでカテゴリはこちらです。


わずか30ページほどの本当に短い本です。
その中には、原典である御伽草子からの『浦島太郎』の転載もあります。

さらにいえば、タイトルが絵本となっているんですがイラストページも多いのでさらに短いです。
正直、原典込みで30分もあれば十分読み切れます。


浦島太郎をベースに、この作品では太郎の妹である「わたし」が主人公。
彼女が、兄を探し導かれるように見つけた甕の世界に迷い込むお話、というのがおおまかなストーリーでしょうか。

正直、ヒグチユウコさんのイラストがちょっと怖い。
ストーリーも妖しいというか、惑わされる感じなので怖さが倍増します。


原典の浦島太郎が私が知っていたの『浦島太郎』とだいぶ違って驚きました。
私が知っていたのはいじめられていた亀を助けて竜宮城へ、竜宮城で楽しくすごすものの帰り際に開けてはならないと渡された玉手箱をあけてしまいおじいさんになってしまう、というお話。
多分これが一番メジャーなストーリーだと思うんですが、原典だと乙姫さまって登場しないんですね!

正確にいうと、亀=女房=乙姫様の役割を果たしているといいましょうか。
そして、おじいさんになっておしまい、となる浦島太郎が、原典では鶴になり亀とともに神様になったとあるんです。
原典が文語体のため、なんとなくしか意味がわかっていない部分もあるんですが、それでも知っているものとだいぶ違っていて。
他のおとぎ話も違うんだろうか?とちょっと原典が気になってきました。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR