忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

家庭教師ヒットマンREBORN! 2

家庭教師ヒットマンREBORN! 2 (ジャンプ・コミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! 2 いろいろ来る!/天野明
ツナの前に現れた妖しき美女…彼女は毒サソリ・ビアンキという殺し屋だった! 愛する利ボーンの職場復帰を望むビアンキは、その障害となるツナの命を狙うが…!? 物騒だけど楽しい奴らが続々登場の第2巻!!


ジャンプ本誌ではとうとうアルコバレーノの呪いの話に入りかなりきっちり読んでます。未来編後半や継承式編は結構流し読みしていたんですけどね。
1巻を紹介したのが2月だからだいぶ間があきましたね。


【標的8 入ファミリー試験】
リボーンが山本をファミリーにしようとする話。

それに納得できない獄寺くんのために試験をやる、ってことになるんです。

試験の結果としては合格。獄寺くんは自身の手でツナを危険にさらしてしまいますからね。
それを守りきった山本を認めないわけにはいかないってことらしいです。

本当に獄寺くんはツナを過大評価しすぎな気がします。
そうじゃないとわかったのは継承式編だからなー。


【標的9 ビアンキ】【標的10 ポイズンクッキング2】
ビアンキ登場話。

改めて思いましたが、ビアンキキャラ濃いな。
口調に違和感があるのははじめなので仕方ない。

獄寺くんの腹違いの姉で、リボーンの愛人で、作る料理がすべてポイズンクッキングになって、ロメオ(ランボそっくりの元彼)を殺したくて、ツナの存在を抹消したい……。

前巻の紹介時にも書きましたが、ツナの仲間ってはじめツナの命を狙ってくるやつ多いんです。
獄寺くん、イーピン、ビアンキなんかは結構忘れられてますが、骸あたりはわかりやすいですよね。
あ、でも骸はツナの命をとるつもりはなかったのか。

ビアンキの顔を見るたびに腹痛というか体調不良に苛まれる獄寺くんが可哀相だと思いました(笑)
死ぬ気弾をヘソに → 鉄の胃袋(アイアンストマック)弾だそうです。


【標的11 三浦ハル】
ハル登場話。

もうなんというかハルがぶっ飛びすぎです。
山本のように実弾ぶっ放されても「子どもの遊びだろ?」と言ってしまうのもどうかと思いますが、
ハルのように赤ん坊に殺し屋云々言われて、それを素で信じてしまうのもすごい。

溺れたところをツナに救われて、惚れてしまいます。
ここから一途なんですが、ハルは本当にすごいです。

ちなみに、死ぬ気弾をカカトび撃てば足スクリュー弾だとか。


【標的12 問7】
補習で出された宿題をみんなでやる話。

山本がやれば出来るタイプの子だってことが明らかになったり、ハルがいいとこの学校に通っていることが明らかになったりします。

そして、リボーンの変装というか別名?・ボリーン博士なるものも登場したりします。
今改めて読むと、こういう数学学者的なものってヴェルデの領分の気がしないでもない。
まあ、初期だから(笑)


【標的13 入江正一】
ランボが突っ込んだ家の子ども・正一がボヴィーノおわび詰め合わせを返そうとする話。

未来編におけるキーパーソンとなる正ちゃん登場です。
名前がタイトルになっているくらいですから、作者はメインキャラに据えたかったんだと思いますが、たぶん担当さんとかに「ツッコミはツナだけでいいよ」とか言われたんだろうなぁ。

正ちゃんにとっての「悪夢」とはあの未来も含まれるんでしょうね。


【標的14 笹川了平】
お兄さん登場話。

京子ちゃんの兄でボクシング部主将の了平さんです。

お兄さんがツナをボクシング部に勧誘しようとするんですが、ツナはそれを断りたくて。結局スパーリングして戦うはめになるんです。

お兄さんは常に死ぬ気(=限界まで力を発揮している?)らしく、死ぬ気弾を撃っても普段とかわりないというある意味すごい人です。
これがきっかけでリボーンにファミリー候補として目をつけられてしまいます。
うーん、並中ってホント無駄にすごいな。

あ、今回パオパオ老子も登場してます。
明らかにリボーンなのに、ツナ以外気付けないのは超直感のおかげで気付いていたからではないか、ってどこかのサイトで読んだことありますけど(ビアンキのポイズンクッキングも同様)、
後付の設定だろうなぁ、と思うのは私だけでしょうか。

というか、お兄さんはツナのフルネームちゃんと知ってるのかな?
普通に「沢田ツナ」って言ってるんですけど。


【標的15 Dr.シャマル】
ツナが不治の病にかかり、Dr.シャマルに治療される話。

えっとですね、この話でしか登場しない設定なんですけど、「死ぬ気弾を10発くらうと被弾者にとんでもないことがおこる」らしく、ツナにとってはそれが不治の病だった、と。

ツナがかかった不治の病は「ドクロ病」。別名「死に恥をさらす病」。
秘密や恥が全身に浮かんだドクロが喋るという可哀相な病です。

それをシャマルに治してしもらおうというのですが、シャマルは根っからの女好き。
女性しか診ない、と明言している男です。

一時は絶望的かと思われたツナの命ですが、ツナの恥「女子と話したのは京子ちゃんがはじめて(2ヶ月前)」っていうのを不憫に思われて治療してもらえることに。
2ヶ月前=中学入学後ってことなんでしょうけど、可哀相ってことよりも、公立小学校に通っていたであろうツナがそのエピソードをもつのはすごく不自然な気がしました。


【標的16 雲雀恭弥】
雲雀さん登場回。

ぶっちゃけ、この頃の雲雀さんに麗しさはないです。
ツナもそうなんですが、バトルに移行していくに従って徐々に綺麗になっていくんだったかと。

雲雀さんの「群れ」嫌いは健在なんですが、初期だからなのか風紀委員がリーゼントではありません。
そして、獄寺くんのタバコを注意している雲雀さんですが、配下であるはずの風紀委員がくわえているのってタバコですよね……。
いいのかな。

対雲雀=接近戦と考えると獄寺くんの分が悪いのも仕方ないですね。

雲雀さんの興味の矛先はリボーンにのみ向いてます。
まあ、この時期だと雲雀さんと3人の力の差は大きすぎますからね。
歯牙にかけることもないのでしょう。



次巻もキャラクターが登場しまくるんじゃなかったかな。
今回ほど間をあけずに紹介できたらいいなぁ。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR