忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

The MANZAI 1

The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)The MANZAI 1/あさのあつこ
やたらと暑い十月最初の木曜日――転校生の瀬田歩は、サッカー部次期キャプテンと噂される秋本貴史に呼び出された。貴史とほとんど口をきいたことのない歩には、その理由がわからない。放課後の駐輪場で「なぐられっぱなしだけはいやだ」と唇をかみしめる歩。ところが、彼の耳に入ってきたのは、思ってもみなかった貴史からの申し出だった……。
対照的なキャラクターの中学生が出会い、葛藤するさまを、繊細かつユーモラスに描いた青春小説シリーズ第一弾、待望の文庫化!
巻末に、直木賞作家・重松清志と著者による特別対談を収録。


バッテリーのあさのあつこさんの作品です。
正直、私はバッテリーよりこちらのほうが好きだったりします。
私の中のイメージとしてはバッテリーの巧はかっこいい、NO.6の紫苑はキレイ、TheMANZAIの歩くんはかわいいだったりします。
作中の表現によると歩もキレイらしいんですけどね。


タイトル通り、漫才をする話。もっと正確に言うならば文化祭でロミオとジュリエットの漫才をする話。
なんですが、はじめが結構衝撃的。
クラスメイトの秋本くんから『告白』されるんです。

まずここで「ああ、あさのさんだなぁ」と。あさのさんの作品って同性愛というか男の子同士?の表現が比較的多いんですよね。
バッテリー、NO.6、TheMANZAI、ぼくらのミステリースポット。場所や状況こそ違うものの全て男の子→男の子のキスがあります。
今考えるとすごいな。
福音の少年もなんかそれっぽい表現があったような気がしないでもないんですが、もう何年も前に読んだっきりなので覚えてないです。
閑話休題。

で、その告白現場を憧れの少女・メグに見られてしまうとか、歩くんがかわいそうで仕方ないですね。
しかも、メグが好きなのは秋本くん。秋本くんは「歩が好き」だと臆面もなく言ってのけてしまうような人なので、歩くんが板ばさみに……。


この作品のテーマというか結構出てくる言葉が「普通」なんです。
『みんなが普通にやっていることが、どうしてできないんだ』だったかな。
一時期、学校に行くことに疲れてしまった歩くんにお父さんが言った言葉です。

だから歩くんは普通じゃないことを恐れるんです。
それを秋本くんがぶっとばしてくれるというか。そんな感じ。

「普通じゃない」って言葉にはいい意味と悪い意味があるんですよね。
お父さんがいった言葉は確かに「おかしい」って意味だったかもしれません。
けど「普通じゃない」ことを全部恐れる必要はないんですよ。秋本くんが歩くんに見出した「普通じゃない」は「特別」ってことですから。


ロミジュリ実行委員会メンバーが可愛くてしかたない。
このメンバーでずっとぐだぐだやってて欲しいです。

そして、歩くんのジュリエット見てみたい。確か漫画化されてるはずなんですけど、近所の本屋にあるかなぁ。何年も前に見かけた覚えはあるんですけどまだあるかどうか。


最後の最後でメグにライバル宣言されてしまう歩くんはかわいそうとしかいいようがないですね。
秋本くんは両手に花(笑)な訳ですが、このあとどうなっていくのか楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[2回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR