忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

園芸少年

園芸少年園芸少年/魚住直子
空に凛と芽を伸ばす植物の生長と不器用な少年たちの姿が重なり合う、高1男子・春から秋の物語。


タイトルに惹かれて図書館で借りてきました。
こういう青春物ってたまに読むと好きだなぁ。


高校生男子が、ひょんなことから部員のいなくなった園芸部に入部し、寂れた活動場所に草花を増やしていく話。


はじめ高校生男子が園芸部?と首をかしげてしまったのですが、楽しく読めました。
児童書(YA?)なだけあってかなりさらりと読めます。
文章もとくに癖があるわけじゃないので、すらすら入ってきます。

登場人物は少ないです。
メインとなるのは園芸部の初期メンバーである以下3人。

見た目不良の大和田一平。
ちょっと身長の高い篠崎達也。
段ボール箱をかぶって相談室登校しているBB(ボックスボーイの意)こと庄司くん。


3人が花を育てていく過程で、触れあい成長していくのですが、1番わかりやすいのは庄司くんですね。

箱を被らなければ外出することもままならなかった少年が、箱を被らなくてもよくなるのですから。
箱を被り始めた原因が精神的なものなのですから、きっかけさえあればどうとでもなるんですよね。


はじめは「花なんて水さえやっておけばいいんだろ」と思っていた彼らがきちんと考えて世話するようになるんですからすごいですよね。
でも、これ部費だけ与えて放置した「けどものジーサン」こと顧問の先生にちょっと不信感が……。
もうちょっと見に来いよ、と思ってしまいました。
イメージとしてはおじいちゃん先生な感じなんで、そこまでイラッとはしないんですけど、ちょっと。
まあ、散々放置しておいて少年少女飛行倶楽部ビートキッズのように大事なところで止めに入ってこられるよりはかなりマシですけどね。


実際問題、春先に撒いた種が秋になって生えてくることってあるのかなー、と疑問ではあるのですが、あの演出はうまいなと思いました。

大和田くんの友人たちはかなり最低な感じですが、それに一緒に引きずられることなく、ちゃんと這い上がってこれた彼はすごいなぁと思いました。
それだけ彼が「優しい人」ってことなんだろうな。

ラストの大和田くんの行動には納得するとともに笑ってしまいました。
連絡ぐらいとってやれよ、と。
でもまあ、大和田くんらしいっちゃあらしいですけどね。



おもしろかったです。
最近あたりが多いのでうれしいですね。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR