忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】篠田 真由美」の記事一覧

灰色の砦 建築探偵桜井京介の事件簿

灰色の砦 建築探偵桜井京介の事件薄 (講談社文庫)灰色の砦 建築探偵桜井京介の事件簿/篠田真由美
19歳の冬、我等が桜井京介と深春は「輝額荘」という古い木造下宿で運命的(?)な出会いをとげた。家族的で青春の楽園のように思われた「輝額荘」。しかし住人の一人・カツが裏庭で変死したことから、若者たちの「砦」に暗い翳が忍び寄る。続いて起こる殺人事件。その背後には天才建築家・ライトの謎が?


久しぶりに篠田真由美さんの作品を読みました。
やっぱり長い! 私本を読むのは早いほうだと思うのですが、それでも4時間近くかかりました。
篠田さんの作品は休みの日じゃないと読めませんね。


今回の話は深春が蒼に過去の事件を語るという形式です。
なので、蒼の出番はほぼなし。プロローグとエピローグのみで、後は深春視点の物語です。

1995年から7年前の話。
正直そう読んだときはそこまで気にしなかったのですが、物語の後半で「昔人でなかったた人が死んだ日」とありそれでようやくこれが1988年から1989年にかけての出来事であることを実感しました。

1989年=昭和64年であり平成1年であるその年。私が生まれたのは平成1年なので、その当時の話なのかーと妙に感慨深かったです。
昭和から平成に変わるそのときだからこそ時代がどうの、と語られていたのでしょう。


今回読んで思ったこと。
なぜこんなにナチュラルにBLっぽい要素が蔓延しているのだろう、でした。
この本を読んだのは多分2回目か3回目かそれくらいだと思うのですが、以前読んだときは自分が腐ってなかったから気づかなかったというか流してしまったというか。
そんな感じ。
ミステリにおける同性愛って敷居低いんですかね。


深春と京介のやりとりが見ていて若いなぁ、と。
7年たった今だからこそ、京介の思わせぶりな態度なんかも流せている深春ですが、出会った当時はそう簡単に流せはしなかったのですね。


ライトについて。
私のライトの知識はこのシリーズに書かれていることだけといっても過言じゃないでしょう。
正直、建築なんて微塵も興味ないですし。あれだけ長々書かれていても「へえそうなんだ」くらいな興味しかないです。

この話がミステリじゃなければまったく知らず、知ってもせいぜい「地震でも倒壊しなかった帝国ホテルの設計者」くらいな一般的な知識しかを得ることがせいぜいだったでしょう。

作中でも書かれている通り、ライトが好んだ劇的な物語的なストーリー。
彼を飾りつけたメッキがどれだけのものなのか非常に気になります。
京介が卒論のテーマに選んだ下田菊太郎もなかなか興味深い人物ではありますよね。


事件自体は悲しい話でした。
もう少しどうにかならなかったのかなと思う一方で、どうにかなっていたらはじめさんは輝額荘を安い値段で貸し出すこともなかったのではないのかとも思いました。
それだと深春と京介は出会えていなかったことになりますからね。致し方なかったのか。

次巻はとうとう蒼の話です。
ノベルス版あとがきを見る限り当初はタイトルが違ったのですね。
『硝子の柩』→『原罪の庭』に変更されたタイトルですがどちらも納得できます。

原罪の庭を読んでいてちょっと気持ち悪くなった記憶があるのでちょっと二の足を踏んでしまうのですが、いつか読んでしまいたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

翡翠の城 建築探偵桜井京介の事件簿

翡翠の城 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)翡翠の城 建築探偵桜井京介の事件簿/篠田真由美
長く一族支配が続いた名門ホテルで内紛が持ち上がった。創業者の娘で95歳になる老女が今も住む別邸・碧水閣の取り壊しをめぐり意見が対立、骨肉の争いに発展したのだ。湖に沈んだ焼死体、血染めの遺書。沼のほとりに佇む異形の館に封印された、百年のわたる秘密とは。桜井京介が鮮やかな推理で解き明かす!


ずいぶん久しぶりの建築探偵シリーズです。9月に読んで以来なので結構あいだ空きましたね。
篠田さんの作品これで3つ目なのでカテゴリ作りました。
建築探偵シリーズに限らず、篠田さんの作品は厚いので読むのが大変です。
おもしろいんですけどね。

日曜日の午後から読み始め、昨日はジャンプ読んだりしてたとはいえ、なんだかんだで4、5時間かかったのではないでしょうか。
やっぱりこのシリーズは平日読むもんじゃないな、と改めて思いました。


この作品確か2、3度読んだことがあるため、だいたいの内容を途中で思い出してしまいまして。
ええ、途中で犯人も、最後に明かされる人物に関することも思い出しました。

まあ、大筋は思い出したものの細部は忘れていたのでそれはそれで楽しめました。


今回登場する一族は血族姻族がごちゃごちゃしていて非常にわかりにくかったです。
作品冒頭で、登場人物紹介とともに家計図が掲載されているんですがそれでもちょっと。


京介が研究の題材にした下田菊太郎なる人は確かに興味がそそられます。
「ひねくれた京介が~」とか言われてましたが、建築にはまったく興味のない私でもちょっと気になりました。
実際のところはどうなんでしょう。


今回登場する刑事さんが結構好きです。
ああいう人好きだなぁ。
そしてW大学の受付の女性は蒼と京介の関係を一体なんだと思ってるんでしょう。
ラブレター発言にも妬いちゃう発言にも若干びっくりしました。


今回、物語の本筋とはあまり関係ないところで、蒼の過去が仄めかされてるんです。
正直な話、私このシリーズは蒼の過去が知りたいがために購入を決めたんです。

このシリーズは図書館で借りて読んでいたのですが、予算不足なのか中途半端にしかシリーズが購入されていないんです。
玄い女神も原罪の庭もなかったかな。センチメンタル・ブルーはあるのにアヴェマリアはなし。
神代教授のシリーズは何冊かありましたが、建築探偵シリーズはここ数年買い足されている様子はない。

ならもういっそのこと自分で買ってしまおう、と。
文庫は年1でしか発売されないし、金額的には高いけど問題はないだろう、と思いまして。

蒼の過去が明かされるのは5巻楽しみです。

その前に京介と深春の過去が語られる灰色の砦があったはず。
楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿

玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿/篠田真由美
旅先のインドで、橋場亜希人が不可解な「密室」死を遂げた。10年後、橋場の恋人だった狩野都は群馬山中に「恒河館」を建て、当時の旅行仲間たち、そして桜井京介を招く。ミステリアスな「館」で展開される真相解明劇。そこへ、さらなる悲劇が……。過去と現在が複雑に絡み合う謎を、京介はそう解き明かすか?


昨日の予告通り、篠田真由美さんの作品です。
桜井京介シリーズ第2弾にして異色作とのこと。
このシリーズは館モノなのですが、今回は館モノの要素はそこまで強くないです。


京介のもとに1通の手紙が届くところからはじまります。

今回、深春はほぼ出番なし。
冒頭の手紙を受け取るシーンのみの登場ですね。
スペインへ向かうってことらしいんですが、これって前作の「未明の家」の影響というか。
探しにいくっていってましたもんね。


今回はインドの神々が多く登場するんですが、そこまで造詣深いわけじゃないので結構読み飛ばしてました。
神話は嫌いじゃないですけど、わざわざそういう本を買ったり借りたりして読みたいとまでは思わないというか。
そんな感じ。
私の持ってる神話の知識はほぼ小説や漫画で得たものです。
それらが正しい保障は全くないし、物語上曲解しているものもあるかもしれませんから一度くらいちゃんとしたものを読まないと駄目だとは思うんですけどね。

途中、『LOOKED ROOM MURDERS』――ロックドルームマーダーズの名前が出ているのですが、これって有栖川有栖さんの46番目の密室で登場したあの本ですよね。
玄い女神は多分今回読むのが2度目だと思うのですが、まったく記憶にありませんでした。

多分、本当に名前しか出ていないので興味が惹かれなかったんでしょう。
46番目の方だと内容が少し紹介されているので印象に残っていましたけど。
確かにトリックだけ抜き出したそれらはばかばかしい内容でしたね。
それでも読んでみたいとは思いましたけど。

この作品って蒼が毎回危ない目にあうのは仕様なんでしょうか。
いや、まだシリーズ2作目ですからなんとも言えないですね。
これから先も続くとは限りませんし。


恒河館が新しい建物だってことは蒼がサイズを測っているときに気づきました。
思わず携帯でメートルっていつから使われてるんだろうと調べてしまいました。
インチまでは頭が回りませんでしたが明治なら尺だよなぁ、と。

若干重い話でしたが面白かったです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR