忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】左近堂 絵里」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

桃組プラス戦記 2

桃組プラス戦記 第2巻 (あすかコミックス)桃組プラス戦記 2/左近堂絵里
強い意志を秘めた第3の鬼…蒼鬼・宵藍(シャオラン)、遂に現る!
お供の猿・咲羽から海に誘われた桃太郎の生まれ変わり・祐喜。嬉し恥ずかし、初めて友達と過ごす大型連休!?
…と思いきや、それは能力をレベルアップさせるための強化合宿だった!!
そこで、伝説の武器『鬼美弾護』に異変が…!?


かなり久しぶりの桃組です。1巻を紹介したのが昨年12月。空いたなぁ。


【第六話 獣・鶉月の密会ノ章 前編】【第七話 獣・鶉月の密会ノ章 後編】【第八話 秘密の孵化ノ章】
GWに合宿に行き、様々なことが明かされる話。

世襲制である獣基と違い、生まれ変わり組は本当にランダム。
祐喜や一寸のように「現世でも鬼と戦わなければならない」生まれ変わりに基礎の修業が必要になってくるのは当然なのかも。

そして一寸のお姫様も登場してます。
京野桜子さん。なんとも漢らしい方です。ええ。
例え一寸が呪いを解いて大きくなろうともこの2人の関係は変わらないんだろうな。

合宿の成果があらわれ、視覚を退鬼師として覚醒させた祐喜。
見えるようになったことでようやく『鬼美弾護』が真の姿をあらわします。
『鬼美弾護』の核が人の形をなし、言葉や意識を持つもの鬼美。
彼(?)の口から過去の桃太郎の顛末や鬼の数といった重大なことが明かされます。

桃太郎に呪いをかけた鬼は全部で7体。
赤と緑はクリア済だから残り5体。
タイムリミットは18歳の誕生日…なんですが祐喜の誕生日っていったいいつなんでしょう。

そして一般生徒&教員立入禁止区域を自分たちのものとしている鬼たち。
学園上層部が鬼や生まれ変わりを集めているってことなんだろうか……。


【第九話 契約の矛と盾ノ章 其の一】【第十話 契約の矛と盾ノ章 其の二】
蒼鬼攻略編。

紅は「泣いた赤鬼」の赤鬼のモデルとなった鬼。ならば青鬼もいるだろうと。

蒼鬼・竜胆宵藍。
外見はツインテールを縦ロールにした可愛らしい女の子。
性格は結構、いい性格しています。

鬼の社会において、紅(というか赤鬼)は裏切り者。
再び裏切ることがなきように監視役をつとめていたよう。

宵藍の「それは人間から見たらの話だわ」ってセリフはかなり意味深。
そして宵藍の呪いを解く条件は『紅を殺すこと』。
もちろん祐喜は条件を呑むことを拒否します。
理由としてあげられてはいませんけど、ここで紅を殺してしまえば一寸も呪いを解けなくなりますからね。

そこに祐喜を探してやってきた紅。紅と祐喜に宵藍が襲い掛かってきたところで次巻へ続きます。


【番外編 少女空想の猟域ノ章】【寮生の週末。犬よすまんスペシャル】
毎度恒例犬がないがしろにされてる短編です。

『少女空想の~』
は祐喜が子犬にキスしてる写真をとりたいがために、祐喜に嘘をつくんです。
はじめて読んだときは信じたなぁ。ありそうですもん。
雪城のペットの鳥はすごい。
飼い主に似るとかそういうレベルじゃない。

『犬よすまん~』の舞台は寮。
雅彦は自宅から通っているのでいるわけがない、という。

ホラー映画を見たあとにあの血塗れは……。
雪城の鼻の粘膜が心配になってきます。



なぜ、宵藍が紅に刃を向けるのかとか何度か読んでいるので知っているのですが、それでも楽しみです。
次巻は今回ほど間を空けないうちに紹介できたらいいな。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

桃組プラス戦記 1

桃組プラス戦記 (1) (アスカコミックス)桃組プラス戦記 1/左近堂絵里
タイムリミットは18歳の誕生日…
学園に潜むの生まれ変わりをオールクリアせよ!謎のマンモス学校・愛譚学園に転校してきたトラブル吸引体質の祐喜は、転校早々、昔話「桃太郎」の生まれ変わりだと告げられる。しかも前世で退治した鬼の呪いを解かなければ18歳までに死んでしまうという事実が…!学園アクション・コメディ、待望の第1巻♪


マンモス校を舞台にしたけっこうなんでもありの学園ファンタジー。
生まれ変わりとか呪いとか、設定を箇条書きすると「王子と魔女と姫君と」とかぶりますけど、全然違う話です。


【第一話 鬼と血の覚醒ノ章 前編】【第二話 鬼と血の覚醒ノ章 後編】
祐喜が生まれ変わりであることを知り、赤鬼と対峙する話。

導入部分なだけあって説明が多いです。

祐喜の叔父さんが叔父さんであったことに驚きました。
なんというか、ぱっと見男なのか女なのかわからないんです。
制服着てるとわかりやすいんですけどね。

獣基は血族であるのに対し、桃太郎は生まれ変わり。
その辺がちょっと気になりました。
作中では似たような扱いされてますが、だいぶ違うと思うんですよね。
その辺語れてましたっけ?


【第三話 護りと会遇ノ章 前編】【第四話 護りと会遇の章 後編】
じいさんばあさんとの再開と「きびだんご」と緑鬼攻略の話。

針を持っている人に飛びついちゃダメだろ、とちょっと突っ込みたくなりました。
普通に危ない。

きびだんごに関してはある意味、納得しました。
後の人の脚色って言われたら確かにそうだな、と。

緑鬼に関しては、本当に可哀想。
でも「覚醒」がどういう状態になるのか疑問ではあるのですが、所詮前世のことなのになぁ、とちょっと思ってしまいました。


【第五話 学園・童諍いノ章】
一寸法師が登場する話。

後の人の脚色の被害者です。
まあ普通に考えて「一寸」ってことはないよな。

雪城が「他人の最悪を決めてはいけない」みたいなことをいってましたが、「死」と「身長」を比べたらやっぱり死の方がきついと思うのですが。
ちょっと違和感を覚えました。


【番外編】
学園の購買の話。

はじめこの人も女性だと思ってました。
男だったのかぁ……。

いったいいくつなんでしょうね。
そして、咲羽の長髪にちょっとびっくり。
普通に綺麗なんですけど。

おじいさんとのやり取りには笑ってしまいました。
すごいなぁ、おじいさん。


【戌の為に…のページ。】【そんな戌の犬たる位置。】
戌の扱いについての四コマ。
三話と五話の見開き扉絵の次に入っています。

戌の能力からしてこの扱いになるのは分かりきっているというか、所詮こんなもんか、と。

作中での扱いも悪いしちょっと可哀想になりました。
でも戌だしな。


物語はまだはじまったばかり。
ほとんど進んでません。ようやく武器を手に入れた程度です。

明日?最新刊が発売されるのですが、どこまで話が進んでいたかすっかり忘れてしまいました。
どんなだったかなぁ。
紹介するしないは別にしてそのうち読んでしまいたいな。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR