忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】左近堂 絵里」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

桃組プラス戦記 5

桃組プラス戦記 第5巻 (あすかコミックス)桃組プラス戦記 5/左近堂絵里
第4の鬼・紫鬼に桃太郎一行、魔女っ娘ステッキで立ち向かう!!
遂に現れた紫鬼は「こぶとりじいさん」の鬼で、かなりの強者&曲者
美形生徒会長が統べるマンモス学園を舞台に激しい戦いが繰り広げられる…!


ちょっと久しぶりの桃組です。
最近刊行スピードが落ちているのですが、桜鬼編の続きが気になって気になって仕方ないです。
はやく続きがでないかな。


【第二十一話 猿、家路にてノ章】【第二十二話 蒼天下の羽瀬ノ章】
猿の獣器たちと遊んだり、鬼の情報を手に入れたりする話。

前巻で語られていたと思うのですが、猿の獣器は数が多く、同年代の子供たちを戦わせて買ったものを正獣器としてその1人だけが桃太郎の元にいれるんだとか。

祐喜と咲羽のハトコになるらしい彼ら。
彼らと咲羽の間にあった賭けだとかは見ていてすごい微笑ましかったです。

獣器たちにとって、主である祐喜の存在はとても尊いもので無条件で慕っているのが、なんか刷り込みっぽくて。その辺がちょっとどうなんだろうと思ってしまいました。
この辺の話、咲羽がグレてたことと何か関係があるのかな?


猿の家に残っていた記録で、桃太郎に呪いをかけた鬼の色が明らかになります。
赤、緑、蒼、紫、桃、黄、黒。
その内3体はすでにクリア済みですから残るところ4体。

おばあさんの話を聞いている限りだと、「クリア条件をつきつけてくる」のは今代の鬼が初っぽいですね。
そういうことを始めた理由って何かあるんでしょうか。
「そっちの方がゲームみたいでおもしろそうでしょう?」とか笑顔で言ってきたら……ちょっと怖いな。

そうして、祐喜たちは愛譚学園に戻ってきます。
そこに現れた生徒会長。22話のラストが何か怒りそうで怖いです。


【第二十三話 紫電轟く彼の王国ノ章 其の一】
【第二十四話 紫電轟く彼の王国ノ章 其の二】
【第二十五話 紫電轟く彼の王国ノ章 其の三】

生徒会長とデートして、紫鬼攻略に動く話。

22話はすごく不穏な感じだったんですが、会話が始まってしまえばそこまで怖くはなかったです。
でも、明らかに裏があるからなぁ……。
鬼として対峙したときは、きっと怖いと思います。

そして、夏休みの宿題を取りにいった一寸が重傷で発見されます。
一寸は祐喜に、「ルリカ……愛してる だから……戦う――」という謎の言葉を残します。
それは新たな鬼の手がかりで。

謎の言葉は「BE舞・ルリ花~second~」なるアニメDVDのアオリ文だったんです。
それを突き止めてきたのは雅彦だったんですが、なんでわかったんだろう。
どうやらこのDVDが発売されたのは一寸が襲われた日らしいんですよ。
放送当時見ていたってことでOK?

もっと突っ込むとしたら2年目のDVDBOXが出てることも非常に疑問なんですけどね。普通DVDBOXって通常DVD発売からしばらくしないと発売されない気がしたんですが。まあ私そんなに詳しくないんで間違っていたらごめんなさい。
それにしても、25話のルリ花風扉絵の桜子さん可愛い。
閑話休題。


新たな鬼は紫鬼。樗桔梗(おうちききょう)はこぶとりじいさんの鬼。
で、彼のクリア条件は「『戦い』という『舞』を見せてねじ伏せて勝て」。ようは戦って勝てってこと。
しかしながら彼は「牛鬼(うしおに)」なる存在で鬼の中でも獰猛さとパワーが強い武闘派なんだとか。

一寸の鬼でもあることからどうにかして条件クリアを目指します。

桔梗がオタクであることから彼の最愛のルリ花っぽい格好をして戦いに挑みます。
が、やはり牛鬼の名は伊達ではなくて――。

3人がやられてしまった状況で本編は次巻へ続きます。


【だって…プロだから!!】
期末試験、紅と雅彦のテストの話。

23話の扉絵後に収録されています。
理数科が問題をといて取得したアイテムを芸能科が着こなすってものだったんですが、紅すごかったです(笑)


【番外編 リンゴ・メロン・イチゴ組ビーチ戦記ノ章】
みんなで海へ行ったときの話。

モブというか、3人娘が逆ナンしていく形ですね。
3人娘は蜂原メロン、栗原イチゴ、臼原リンゴ。名字からして彼女たちはさるかに合戦の蜂、栗、臼の生まれ変わりらしいです。

けっこう好きです。この話。
この作品の女の子はみんな強いなぁと改めて思わされる話でした。


なんとも気になるところで終わっているので、あまり間を空けずに紹介できたらなぁと思います。
けど、きっと気付けば数ヶ月たってるんだろうな。

拍手[0回]

桃組プラス戦記 4

桃組プラス戦記 第4巻 (あすかコミックス)桃組プラス戦記 4/左近堂絵里
生まれ変わりの期末テストは「逆かくれんぼ」!!
そして待ってましたの夏休みに突入~★
テストに燃えたあとは、楽しい楽しい夏休み!
咲羽の実家に招待された祐喜は、生まれて初めて友達の家で過ごす夏休みに心躍らせていた。だがそこで、意外な事実が知らせることに…!
自分と友達の母親が姉妹だった…てことは?


紅と祐喜が表紙の桃組4巻です。
先日本屋で何気なくアスカを立ち読みしたんですが、すごいことになってましたね。長髪時代の咲羽とか何があったのかすごく気になります。
というか、まだ桜鬼編やってたんですね。


【第十六話 隠れ子奔走の日ノ章 前編】【第十七話 隠れ子奔走の日ノ章 中編】【第十八話 隠れ子奔走の日ノ章 後編】
期末テストの話。

普通の筆記テストだけでなく、合同テスト(帝王学科と普通科でダンスを教えあう、国文科と声楽科で漢文で書かれた歌を楽譜になおす、体育科と専科でバトルとか)も行われて非常に大変そうですが、楽しそうでもあります。

テストが終わったひと段落ついたかに思えたのですが、次に始まるのは、「生まれ変わり限定のテスト」。
今回は3体の鬼を見つけること。鬼は今まで祐喜がクリアした紅、宵藍、裏葉の3体です。

彼らを捕まえることができたら豪華賞品を手に入れることができるから、と生まれ変わりの生徒たちはがんばるわけです。
そしてなぜ、そんな豪華賞品がでてくるかというと、勝利に貢献した度合いによって各学科担当の先生たちのボーナスが決まるからなんだとか。
なんじゃそりゃ、って感じですが人間ってそんなもんですよね。

すごい楽しそうでした。
16話冒頭で、鬼たちがほぼシルエットだけとはいえ登場していますね。
紫鬼もでてたんですねー。謎が謎を呼ぶというか、正体こそわかるものの愛譚学園が作られた理由だとか気になります。

そんなこんなで夏休みに突入です。


【第十九話 猿、家路にてノ章 前編】【第二十話 猿、家路にてノ章 中編】
咲羽の家に行く話。

衝撃の事実があかされます。
あらすじにも書かれていますが、「自分と友達の母親が姉妹だった…てことは?」、つまり従兄弟。
そう祐喜と咲羽は従兄弟だったんです。

驚く祐喜ですが、それを知らなかったのは祐喜だけ。
咲羽は分がすぎると言わなかったらしいし、雪代たちは当たり前すぎて当然知っているものと思っていたと。
ありますよね、そういうこと(笑)

獣基が多く生まれる猿の家は、他の獣基がいない時代にも桃太郎のそばに控えてきた、と。
そんな猿の家の当主であり、祐喜の祖母である松穂が怖いです。

雪代曰く「猿の血と祖母の血に酔いしれている」とのこと。
そういうことがあるから、咲羽は家に寄り付かないんだろうなぁ。

家の間にあるらしい確執、それらはまた後で取り上げられている気がするのでその時にでも。

咲羽が何か企んでいるというか、何か画策しているようです。
謎のまま次巻へ続きます。


【番外編 春遠けれど桃園近くノ章】
中央庭園で祐喜を待ちわびていたころの思い出を語る話。

咲き乱れる桃に桃太郎を重ねていた彼らなんですが、ちょっと切ない。
中学生時代の彼らはきっと桃太郎と会う日を待ちわびていたんだろうな。

今が幸せっぽいし、咲羽が荒れていたらしいことを考えるといろいろあったんだろうなぁ。

いつの日か語られるといいな。


次巻もまた楽しみです。
というか、10巻もいい加減でないかなー。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

桃組プラス戦記 3

桃組プラス戦記 第3巻 (あすかコミックス)桃組プラス戦記 3/左近堂絵里
マンモス学園は期末テストもオドロキでいっぱい!
18歳の誕生日にまで学園に潜む鬼を退治しなければいけない祐喜にも、普通の高校生として避けられない行事がやってきた…。
それは、期末テスト!!
しかし、愛譚学園の期末テストは一筋縄では突破できないようで…??


結構久しぶりの桃組です。
これで左近堂さんの作品が3つ目なので、カテゴリを作りました。
カテゴリはこれが62かな?
いい加減多くなってきましたし、忍者ブログではプラグインに自動で表示されるのは100までらしいんです。
表示されないものがあるのは問題な気がするのでどうにかしたいんですけど。
どうすればいいか全く見当もつかないんですよねー。
何かいい案ないですか。


【第十一話 契約の矛と盾ノ章 其の三】【第十二話 契約の矛と盾ノ章 其の四】
続・蒼鬼攻略編。

前巻は確か、蒼鬼・宵藍が祐喜と紅に襲いかかってきた、ってところで終わっていたのでしたか。

宵藍が2人を襲った理由が明らかになります。
紅と宵藍の2人は「泣いた赤鬼」のモデルとなった鬼。
人間と仲良くなりたかった鬼と、その鬼のために悪役となったわけですね。

「泣いた赤鬼」はそこで終わりだけど、話にはつづきがあった、と。
人間に仲間を売ったとされた蒼鬼と、人間に捨てられた裏切り者の赤鬼。
代々の蒼鬼は赤鬼が再び裏切らないように見張り続ける監視者の役割を担っていたのだとか。

それは宵藍も同じで。

だからこそ、いじわるのようなこともして紅が人間と仲良くならないようにしていた、と。
でも、紅は祐喜と仲良くなってしまった。
祐喜に近づくことでその周辺にいる人たちとも仲良くなっていった、と。

悲しいですね。
それは建前であって本心をかくしているわけなんですが、すごく悲しい。
蒼鬼は結局、赤鬼が大好きなんですよね。
大好きだから、受け入れてくれる人間のもとに送り出してやりたかったと。

これでもし、暴走した獣基たちが蒼鬼の首をとっていたらと考えるとちょっと怖いですね。
(まあ、少女漫画でその展開はありえないですが)

真意が明らかになって素直に笑った宵藍ちゃんはかわいかったです。

そして、蒼鬼の呪いはとかれました。
効用は鬼美のレベルアップ。鬼美の姿が魔法のステッキに変わって次話へ。

咲羽が祐喜の顎に手をぐいってやったとこにテンションがあがったのは私だけじゃないと思います。
咲羽は接触多すぎるんだよ(*/ω\*)


【番外編 忘却の雨天から。ノ章】
宵藍視点の番外編。

12話の途中の出来事というか、戦闘終了後の話です。

宵藍は紅とともに行くため、生徒会(=鬼の巣窟?)から抜けるんです。
その時のことを描いたものなんですが、すごく意味深。

何から外れかかっているのか、そして宵藍から抜けてしまった大事なこととは一体何なのか……。

この辺ってまだ明らかになってないですよね?
いったいどういうことなんでしょう……。


【第十三話 犬の戌たる奮闘記ノ章】
雅彦が2時間だけ祐喜の不幸体質を引き受ける話。

専科こと専門知識修得科の力を借りて、雅彦に不幸体質を移すんです。

目立ちこそしてませんが、普段の不幸体質のせいで祐喜の運動神経とか体力だとかは無意識のうちに鍛えられているのではないかと雅彦は推測しています。

確かにそうかもしれません。
でも、咲羽には及ばないんだろうなぁ。

わずか、2時間の「普通の生活」。
それは幸せなんでしょうが、自分が努力したわけじゃないから、と。

それ以上をのぞまない祐喜は偉い子です。


【第十四話 採点の日ノ章 前編】【第十五話 採点の日ノ章 後編】
初等部の期末テストの話。

放課後の教室でテスト勉強をしていた祐喜たちが、初等部のテストに巻き込まれてしまいます。
初等部の「民俗学伝承学科」――妖怪の子孫が集うという愛譚学園でも幻の学科なんだとか。

途中まで、ちょっとぞっとしました。
普通に怖かったです。

妖怪大好きなんで、この子たちあるいはこの子たちの先輩に登場して欲しいなぁ。

子どもたちが言っていた「人間がおいしくなくなった」ってセリフを読んでxxxHOLiCの百目鬼くんのセリフを思い出しました。
何巻かは忘れましたが、確か井戸に水を汲みに行ったときの話。「死体が腐りにくくなった」ってやつです。

そういうのと関係あるんだろうなぁ。



今巻は随分と切りのいいところで終わってます。
次巻はどんな話だったかなぁ。鬼美の形態からしたらあの鬼の攻略のはずなんですが、そんなに早かったですっけ?
すっかり忘れてしまっているので楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR