忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】左近堂 絵里」の記事一覧

桃組プラス戦記 8

桃組プラス戦記 8/左近堂絵里
第五の刺客(おに)が、ついに現れた!!
その姿は…!!?
第四までのを攻略した桃園祐喜。愛譚学園の一台イベント・体育祭でも、自らの力で勝利をもぎ取るなど、少しずつ成長を続けていた! そんな祐喜を遠くから見つめる、可憐な少女の影。それは、歴代の桃太郎の生まれ変わりを最も多く殺してきた「桃花乱壊(さいあく)の鬼」だった!!
過去最凶の敵が、ついに祐喜に迫る…!?

すべての人間が持つ、「真実の名前」とは?


ちょっと久しぶりな気がする桃組です。
でも、実際は前巻を紹介したのは3月ですから、そんなにあいてないんですよね。


【第三十六話 桃花乱壊(とうからんえ)ノ行進曲(マアチ)ノ章 其の一】
【第三十七話 桃花乱壊ノ行進曲ノ章 其の二】
【第三十八話 桃花乱壊ノ行進曲ノ章 其の三】
【第三十九話 桃花乱壊ノ行進曲ノ章 其の四】
【第四十話 桃花乱壊ノ行進曲ノ章 其の五】
VS桜鬼の話。

偶然遭遇した少女が、桜鬼こと撫子鴇羽だったんですが、この鬼めちゃくちゃ性質が悪い。
「桃花乱壊」、正しいルビは「とうからんえ」なんですが、上のあらすじにもあるとおり、時々「さいあく」のルビがふってあることがあるんですよ。
字面だけ見ても不穏です。

鴇羽は今まで登場した鬼のような目立った戦闘力はありません。
だから、単純な戦闘となれば祐喜一人でも勝てたでしょう。

しかし、言霊使いである彼女のクリア条件はそんな簡単なものではなくて。
ざっくり言うと「1週間祐喜のトラブル吸引体質をなくしてやるからその間に桜鬼の真名をあてろ」というもの。
しかも「失敗したらトラブル吸引体質は膨れ上がって祐喜に戻り、廃人と化してしまう」というかなり危険極まりない条件なんですね。

この手の物語で時々登場する真名ですが、これ誰に知られてもいけないとても大切なもの、といったところでしょうか。
歴代桜鬼は同じクリア条件をかかげてきたようですが、これは紅や裏葉なんかとは比べ物にならないくらいの難易度です。
だからこそ「桃花乱壊」なんでしょうが……。

鴇羽の真名を探しつつ、文化祭の準備を進めていく祐喜。
その祐喜に少しずつ忍びよる夢。
なんとも不穏な雰囲気がぷんぷんです。

鴇羽自体は悪い子じゃないんだろうけど、何かに縛られているように見受けられます。

鴇羽の口から語られた「もし祐喜が廃人と化したら」の話。
単純に考えて、どうしようもない今代を抱えているくらいならまだ希望のある次代に託す、的な考えってことなんでしょうけど、実際どうだったかな?
一度読んでいるのでなんとなくは覚えているのですが、その辺は忘れてしまっていますね。


【番外編 反省文ヒエラルキィノ章】
学園内の器物破損・損壊常習犯が集められる話。

一応ランキング形式で発表されているんですが、ちょっと笑ってしまいました。

ちなみに5位一寸、4位雪代、3位咲羽、2位祐喜。
そして1位は桔梗でした。

被害内容にそれぞれ個性があるというか(笑)
雪代は鼻血ネタだし、桔梗はルリ花関連ばっかりさすが歪みねぇ。

というか、力(権力的&攻撃力両方)のあるヲタクってめんどくさいな、と思いました。


なんとも続きが気になるところで終わっているのであまり時間をあけずに紹介したいです。

拍手[0回]

桃組プラス戦記 7

桃組プラス戦記 7/左近堂絵里
謎の恋愛至上(めいわく)集団「国際科」との異世界(メルヘン)決戦を制した祐喜たち。
しかし! 息つく間もなく愛譚学園では人智を超えた“五大祭”の一つ、体育祭がスタート!! 優勝候補の筆頭は咲羽率いる「体育科」…ではなくて!?
想定外! な常勝集団に祐喜たちは勝てるのか!!?

『良い子』と『悪い子』の基準って何?


はじめ、少年陰陽師を読もうとしていたんですが時間が足りなかったので今日もまた漫画です。
ちょっと久しぶりな気がするけど気のせいかな?


【第31話 見よ吉月は青天、爆ぜよ雷動高らかにノ章 其の一】
【第32話 見よ吉月は青天、爆ぜよ雷動高らかにノ章 其の二】
【第33話 見よ吉月は青天、爆ぜよ雷動高らかにノ章 其の三】
【第34話 見よ吉月は青天、爆ぜよ雷動高らかにノ章 其の四】
メル「変」後日談と、体育祭の話。

シンデレラと親指姫が友達になったり、白雪が王子を拒むようになったりした過去の話なんかも語られています。
正直、西洋組があれだけキャラ濃いのは幼い頃から「ブラックアウトワールド」へ赴いていたからではないからなのかなーと思ってしまいました(笑)

シンデレラと人魚姫に引っ付かれて雅彦がいろいろ大変なことになっていたので、桔梗に紹介しようとしているんです。
が、咲羽の予想通り「三次元と一緒にしないでくれる?」と。
でもまあ、桔梗はリアルでルリ花を探しているわけで。三次元でもルリ花だったらきっと扱いは違ったんだろうな、とか思ってしまいました。

そして、裏葉と桔梗は生徒会に除名を申し出ます。
生徒会を運営しているのは明らかに鬼なんですが、二人は会長の手によって記憶を消されてしまったよう。
それは幼いころの記憶のようなんですが、それにいったい何の意味があるのかはまだ明らかにされていません。

というか、桔梗ったら裏葉を会長から守ろうとしているんですよね。なんか嬉しくなってしまいました。
裏葉の口から語られた桔梗の表情についてもいいなぁ、と。


さて、今回のメインの体育祭あらすじにある「体育科」をも超える優勝候補とはなんと「農業科」。
農業科VS連合軍でグラウンドをかけて騎馬戦を行います。

鬼の話で時々出てくる「血のブロック」。
それは鬼だけの話ではなくて、じいさんばあさんにもそれがあるんだとか。

本来「桃太郎」の物語では、じいさんばあさんは桃太郎を旅立たせたあとは出番はありません。
だから、桃太郎が、祐喜が大変な目にあっていても助けることは出来ないんです。
差し入れとか衣装協力とかは問題ないようなんですが、直接的な協力は出来ないらしく。
それゆえに、自ら立ちふさがって試練とした、ってところですね。

皆の協力を得て、祐喜はじいさんに勝利します。
でも、結局、普通科のグラウンドはグラウンドじゃなくなってしまうみたいですけど(笑)

次の鬼も登場しています。
「桃花乱壊」と書いて「さいあく」とルビ振ってあるんですが、字面だけでも祐喜にとって危険な相手だってことがわかりますね。
続きは知っているのですが、楽しみです。


【第35話 少女、午後カラ白昼夢警報ノ章】
雪代が七不思議に巻き込まれる話。

『影追い回廊のバタフさん』。
昼下がりに愛譚学生寮のエレベーターに一人で乗ると白昼夢の中に引きずり込まれてしまう、というもの。

七不思議というか、民俗学伝承学科(妖怪の子孫が集うという愛譚学園でも幻の学科)の関連じゃないのかな。コレ。
すごくそれっぽいんですが。

そして、獣基の家の確執も語られています。
桃太郎亡き後の各家に求められたのは、「呪いをも受け継いで生まれ変わってくる桃太郎のために獣基の子孫を残すこと」。
そのために、人間の血を入れた猿と、猿にならった戌、頑ななまでに純血にこだわった雉。
その対応の違いから確執を生んでしまったってことなんですね。

最後、祐喜が「桃の花が腐り落ちる夢を見た」という不穏な展開で今巻は終わり。
前述の通り、続きも読んでいるのですが、細かなところは結構忘れているので楽しみです。

拍手[0回]

桃組プラス戦記 6

桃組プラス戦記 第6巻 (あすかコミックス)桃組プラス戦記 6/左近道絵里
最強・紫鬼魔っ娘ステッキ1本で倒せるか!?
ピーチマスターユーキ!(いや、祐喜)
そして、謎の恋愛至上集団「国際科」現る!

新学期。学園の階段にわざとらしく落ちていたガラスの靴を拾ってしまった祐喜…。それは、恐怖のメル“変”世界「ブラックアウトワールド」への招待状だった!! そんなこんなで、西洋おとぎ話の生まれ変わりたち(例えばシンデレラ)が集まる「国際科」のものすっごい迷惑な課題に巻き込まれた祐喜雪代一寸。現実世界へ帰るため、今、史上最大の反抗(レジスタン)が始まった!

人と人。
この世で一番強い繋がりは?


ちょっと久しぶりの桃組です。
最新刊では桜鬼編が終わり、残すところは2体ですか?
どちらも一筋縄ではいかなさそうですよね。


【第二十六話 紫電轟く彼の王国ノ章 其の四】
VS紫鬼、続き。

紫鬼こと桔梗のクリア条件は戦って勝つこと。
しかしながら、牛鬼である桔梗は咲羽ですらかなわないようなバリバリの武闘派。

アニオタであり、アニメのヒロイン・ルリ花を求める彼の動きを止めたのは祐喜の言葉でした。
そして彼を救ったのもまた祐喜の、ルリ花の言葉でした。

彼にとってのヒロインがいつの日か現れるといいですね。


ラストの一寸と桜子さんのやりとりもよかったです。
なんだかんだいってあの2人仲いいですよね。

紫鬼を攻略したことで、鬼美の姿が新たなものになります。
が、それは5センチ四方の箱。
表面に模様というか升目があるのですが、ルービックキューブとかじゃないでしょうし、いったい何なんでしょうね。


【第二十七話 色取月・西の空から嵐来たるノ章 其の一】
【第二十八話 色取月・西の空から嵐来たるノ章 其の二】
【第二十九話 色取月・西の空から嵐来たるノ章 其の三】
【第三十話 色取月・西の空から嵐来たるノ章 其の四】

西洋の生まれ変わりたちに振り回される話。

メルヘンでもメル編でもなくメル"変"なのはシンデレラがあまりにもいっちゃってるからなんだろうなぁ。
美人さんなんですが行動がホラーです。
今回登場するのは、シンデレラと親指姫、白雪姫とその王子に人魚姫、そして魔女。

各おとぎ話を思い出してもらってもわかる通り、西洋の話は少女が苦労する話が主。
(一方、日本は少年の出世話が多いイメージがあります)
悪役は魔女や狼といったもので、鬼はでてこないきませんよね。
だから、祐喜の呪いを解くのにはなんら関係ない話だったりします。

西洋のおとぎ話の生まれ変わりたちが所属している国際科。
9月はじまりの国際科のメンバーたちが愛譚学園に戻ってきたことから話は始まります。

国際科の生徒たちはそれぞれの媒介(シンデレラのガラスの靴、白雪姫の毒リンゴなどなど)を用いることで別空間「ブラックアウトワールド」へ媒介を持つものを移転させることが出来るんです。

元の世界に戻るには、媒介を持ち主へ返せばいいんですが、その行為は物語上ではエンディングの求愛行為。
総じてホレっぽい国際科のメンツに媒体を返すってことは強制的にカップル成立してしまうある意味危険なことなんだとか。

カップル成立を阻止しつつ元の世界へ返ろうとレジスタンスである白雪姫と共に外の世界を目指します。
シンデレラ以外は「お前らもうくっついちゃえよ」って感じでしたけど(笑)

シンデレラと友達になることで、危機を脱した祐喜。
シンデレラ曰く、恋人はまた探せばいいが、友達は一生ものだからなんですって。

ですがここで不幸体質が。
元の世界へ戻る前にガラスの靴が壊れてしまって。

緊急脱出用の鏡から従兄弟である咲羽と祐喜の血を以ってどうにかこうにか脱出します。
これが「この世で一番強い繋がり」の答えですね。

最後の雅彦に襲い掛かる悲劇に笑ってしまいました(笑)


【番外編 やさしさおにぎり。ノ章】
紫鬼攻略時の話。

紫鬼の手がかりがルリ花しかなくて。DVD鑑賞会時の様子です。

なんだかんだと手を貸してくれているおじいさんとおばあさんですが、本来なら彼らは手を貸すことは出来ないんだとか。
ほら、桃太郎を思い出してもらえばわかると思うんですが、桃太郎を送り出したらそれ以降の登場はありません。

でも、今世は桃太郎である祐喜をすぐそばで見ていてられる。
雪代たちも経過報告をしてくれる。
だから昔より幸せだと。

これ長編だったらうるっときてしまったかもしれません。


次ってもう桜鬼でしたっけ?
楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR