忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】あさの あつこ」の記事一覧

ほたる館物語 2

ほたる館物語〈2〉 (ピュアフル文庫)ほたる館物語 2/あさのあつこ
おばあちゃんが急に「ほたる館を継げ」と言い始め、自分で将来を決めたい一子は反発する。
でも、悲しそうなおばあちゃんの顔を見るのはつらい――。はっきりとした性格の一子の心にも、素直に気持ちを伝えられないもどかしさが募っていく。
どうすることもできない葛藤の中で、大切なものを見つけ出そうとする少年少女を描いた大好評シリーズ、待望の第二弾!
<解説・後藤竜二>


ほたる館も大分久しぶりだなーと思ったのですがそうでもなかったですね。
前巻は9月半ばに読んでるので2ヶ月もたってなかったです。


今回は老舗旅館ほたる館の女将である一子のおばあちゃんが倒れます。
で、前兆があったんでしょうね。
自分が倒れたあとのことをいろいろ考えて、一子の代のことまで考え出してしまうんです。

一子からしたらたまったもんじゃないですよね。
自分の意思を無視されてレールを引かれる。
おばあちゃんは「体操選手を引退してからでも大丈夫」だなんて言ってましたが、そういうもんじゃないんでしょう。


おばあちゃんが倒れて、精神的にも肉体的にも弱っているときに、「お上手」ひとついえない一子にお母さんがきれるんです。
お母さんの言いたいこともわかるし、一子が頷けないのもわかる。
難しいですね。

この話を読んで、一子とバッテリーの巧って根本が似てるんだな、と思いました。
巧は孤高とでもいえばいいのか。自分ひとりで強くたっているイメージ。
一子は決して孤高とはいえないんですが、それでも心が固い。
他者に影響されずに自分の意思を貫こうとする感じ。

そして、どちらも不器用です。


今巻で登場する新キャラはゆうれいくんこと柳井くん。
柳井くんは一子とは違って、柔らかく衝撃を受け流して決して折れないとでもいいのかな?
そんな印象を受けました。
どことなくNo.6の紫苑に近い感じ。紫苑も弱そうに見えて強い少年ですから。

雪ちゃんは柳井くんは一子のことが好きだと断言していたんですが、一子視点なこの話ではそれが真実なのかはちょっとわかりにくいです。
でも、「少し太った。肩も胸も丸くなった」みたいなことが書かれていましたし、雪ちゃんは女性として成長してきているよう。
あながち間違いではないのかな、と思ってます。
一子も旅館の子として、いろんな人間を見てきているだろうけど、雪ちゃんは一歩引いて見守っている感じ。
こういうことは当事者より他人の方がわかるものだったりしますからね。


おばあちゃんが復活して、いつものほたる館となったところで今巻は終了。
一子が11歳となる直前です。
次巻で一応終了なのかな。
新ほたる館物語なるものもありますが、そっちはだいぶあとになって発売されたものですから、多分別物なんだろうな。

楽しみです。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

The MANZAI 2

The MANZAI 2 (ピュアフル文庫)The MANZAI 2/あさのあつこ
文化祭を笑いの渦に巻き込んだ『漫才ロミオとジュリエット』から半年、瀬田歩と秋本貴史にとって中学最後の夏がきた。歩は、夏祭りで漫才をやろうと誘う貴史に対し、断固拒否の態度をとり続けている。一方、貴史の幼なじみ・萩本恵菜への思いはつのるものの、進展はない。そんな中、恵菜をめぐってある「事件」が勃発した――。
今もっとも注目を集める作家の人気シリーズ第二弾、待望の文庫化!
<解説・芦原すなお>


The MANZAI 1の続編です。
夏というか梅雨というか、その辺の出来事です。


前回も書いた気がしないでもないんですが、歩くんがかわいい。
いいなぁ、こういう子。

進路を選ぶような時期を迎えつつあるようですが、間違っても男子校に行っちゃダメだぞー、とか思ってしまいました(笑)
今のところ歩くんって秋本くん以外に同年代の男女から友情以上の好意を寄せられる描写がないんですが、歩くんが1年生だったらまた違ったんだろうな、と。
多分、お姉さま方にもてると思うんですよね。高校行ったらもてるだろうなぁ。


今回は、漫才はしてません。
まあ、普段の会話が漫才っぽいので途中くすくす笑ってしまうのですけど。

会話のテンポがいいのですぐに読めてしまいます。


メグのもてっぷりにびっくりしました。
「お姉さまに」ってのはマリみてでしょうか?
けど、同性にも好かれる美人っていいなぁ。かっこいい。

森本もかっこいいですけどね。
けど、妖怪アパートの幽雅な日常を読んだことのあるものとしては、田代ちゃんには負けてるなぁと。
田代ちゃんのオープンさはすごいです。

あとさりげなくかっこよかったのは蓮田くん。
蓮田くんの描写自体は他のキャラに比べて少ないのですが、数少ない描写のほとんどがかっこいいシーンばっかり。
うーん、かっこいいな。


メグが歩くんをライバル視するので、恋する少年としては非常に可哀想です。
最後にはメグの中で歩くんの立ち位置が決まったようなんですが、それでもメグに思いを寄せている歩くんからしたら微妙な感じ。


今回も登場した「普通」。今回は恋愛について。
歩くんの反応が普通だよなぁ、と。
中学生で同性同士の恋愛を考えることなんてまずないでしょうからね。
秋本くんが寛容というか、歩くんに好意を寄せすぎというか。
でもまあ、本人も自分の思いがどういうものなのかいまいち理解してないようですけどね。
それでもメグにはそういう思いを持たないと明言しているあたり、鈍い訳ではないんでしょうけど。


秋本くんが歩くんにたいして「やらなきゃいけないことはちゃんとやる情けなさは好き」(方言は難しいので意訳)って言っているのですが、その通りだな、と。
歩くんは確かにうだうだ考えてぐるぐるしちゃう子ですが、それでも大事なことだけはちゃんと分かっている子です。

歩くんがもう少し自分自身にたいして自信を持てるようになればいいのに、と思いました。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

ほたる館物語 1

ほたる館物語〈1〉 (ピュアフル文庫)ほたる館物語 1/あさのあつこ
温泉町にある老舗旅館「ほたる館」の孫娘・一子は、物怖じしないはっきりとした性格の小学校五年生。昔ながらの旅館に集う個性豊かな人々や親友の雪美ちゃんに囲まれ、さまざまな経験を重ね少しずつ成長していく。
家族や友達を思いやり、ときには反発しながらも、まっすぐに向き合っていく少女たちの純粋さが眩しい物語2編を収録。著者デビュー作シリーズ第一弾。
<解説・佐藤多佳子>


昨日の宣言どおり、児童書です。
あさのさんの作品はこれで3つ目なのでカテゴリを作りました。
もうとっくに3つ紹介していると思っていたのですが、まだだったんですね。


バッテリーのあさのあつこさんのデビュー作。
私が持っているあさのさんの作品で唯一の女の子主人公作品です。
あさのさんって男の子を書かせたらすごいんですが、女の子が主人公になると微妙な作品がふえる気がします。


主人公はほたる館という旅館の一人娘・一子。
ほたる館は近くに大きなホテルが出来てちょっと苦労している旅館です。

この本の初出版は1991年。それが2004年にカラフル文庫に。そして2006年にピュアフル文庫で出版されています。
ちょっと時代を感じるなぁ、と思ったのは土曜日に学校があること。
ゆとり教育の影響で完全週休2日制ですからね。今の小中学生は土曜日に学校があったこととか知らないんじゃないでしょうか。

かくいう私はギリギリ土曜日に学校があった時代に小学生でした。
奇数週の土曜日に3時間午前授業があったんですが、小学校の途中でいつの間にか完全週休2日制になっていたような記憶があります。


『土曜日のほたる』と『雪美ちゃん』の2編が収録されています。
「ほたる館物語」という名前のとおり、どちらも「ほたる」が登場します。

土曜日のほたるに登場する女性客は結局何があったのかなぁ、とか今読むと気になります。
何も語られないまでも思いつめた様子から回復して帰っていっていますから単純によかったなぁ、と思いますが。

時期の少し早いほたるが思いつめていた彼女の心を緩めたんだな、と。


雪美ちゃんの方はいい意味で昔だな、と。
いやー、今ならああは行きませんもん。
嫌がらせがあの程度だってことも、殴って殴られてってのも、そのあと綺麗に仲直りってのも今なら難しいんじゃないでしょうか。

ああいうまっすぐさは読んでいて非常に眩しかったです。

「ちゃんと口にしないとだめなときもあるよね?」という一子の問いにうまく答えられなかったお父さんには笑ってしまいました。
旅館は女性のほうが強いですからね。
お父さんの立場が弱いから、なかなか口に出来ないんだろうなぁ(笑)

一子のお母さんとおばあちゃんのやりとりにも思わず笑ってしまいます。
嫁姑の明るいバトルは読んでいて面白かったです。



このシリーズって3巻+1あるんですが、そのうち読んでしまいたいと思います。
明日はミステリーを読みたいなぁと思うのですが予定は未定です。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR