忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】松井 優征」の記事一覧

魔人探偵脳噛ネウロ 5

魔人探偵脳噛ネウロ 5 (ジャンプ・コミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 5 鎧の兄弟/松井優征
ネウロ&弥子に代わり、事務所でイヤイヤお留守番中の吾代。そこへヤバ目な男たちが侵入、吾代はユキという不思議な男に一蹴されてしまう!! ユキは去り際に、自分のボス・望月が弥子を雇いたがっていると伝えるが!?


前回の予想通り、早坂兄弟が登場しました。
アニメの印象は最終回間近の「南米」の印象が強すぎてどこまでやったか覚えてないのですが、HAL編やったんでしたっけ?
どちらにしろ確か早坂兄弟は登場しなかったんですよね。
だから吾代さんのパイプがかなり危ないものになっていたような……。


第35話 格【ランク】
慰安旅行先で起きた事件の解決編。

前巻の続き。
正直、トリックの説明自体は前巻で終っていたので豹変してネウロに魔界道具を使われて……てな感じ。

春川教授が意味深な言葉を残していきます。
というか普通に怪しいよ、この人。
この接触が後々重要なことになるのですが、連載当時は思いもしてませんでした。


第36話 昔【むかし】第37話 広【ひろさ】第38話 顔【かお】第39話 反【うらぎり】
第40話 裏【うらのかお】第41話 寒【さむさ】第42話 下【ぶか】第43話 下【おとうと】
民間調査機関から広告塔になってほしいという話が持ち込まれる話。

このシリーズは吾代さんが正式に事務所のメンバーとなるための話だったのかな、と思います。
弥子と吾代さんのネウロに虐げられているコンビが好きなので、このシリーズを経てきちんと弥子たちに協力するようになって本当によかったな、と。

望月さんとか、早坂兄弟とかこれから先結構重要になってくるキャラクターたちが登場します。
望月さんに関しては、本気でキャラ変わりすぎです。
このころが1番まともだったのかなぁ。

慰安旅行中、留守番をさせられていた吾代さんが他者(ユキ)から丸くなったことを指摘されキレたりします。

吾代さんの回想にしか登場しない早乙女社長ですが、吾代さんにとって本当に大事な人だったんだろうなぁ。
個人的に思うこととして、丸くなった吾代さんを社長が見たらひとしきり笑ったあと「それはそれでいいんじゃないか」くらい言ってくれそうな気がしますけど。
まあ、早乙女社長は故人で性格とかそういうものがほとんど語られていないので、想像でしかないんですけどね。


吾代さんが望月さんの会社に出向することになって今巻は終了。
早坂が取引しようとしていた大量の銃火器の目的が不明ながらも、後々の伏線となります。
まあ、伏線というにはあからさまですけど。

次巻はどんな内容だったかな?
楽しみです。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

魔人探偵脳噛ネウロ 4

魔人探偵脳噛ネウロ 4 (ジャンプ・コミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 4 犬に爆弾/松井優征
無差別連続爆破事件発生!! ネウロと弥子を敵視する警視・笛吹の予想を裏切り、あらゆる手段で爆破を繰り返す犯人「ヒステリア」の犯行の目的とは? 犯行カードに隠された犯人からのメッセージをネウロが読み取る!!


第26話 順【ならび】第27話 賭【かけ】第28話 犬【いぬ】第29話 露【あらわ】第30話 秘【まるひ】
爆弾魔・ヒステリアの話。

前巻からの続きです。
笛吹さんの推理が外れまくります。
気合が空回りしてます。

この頃の笛吹さんはまさに「清廉潔白」。
正直、若干うざいです。
この人も最終巻に向け、大きく成長した人なので、今うざいのは仕方ないのかな。

そして、笹塚さんの過去が少し明らかになります。
家族が公務員試験直算に殺されたんです。
それがいいライバル関係だった笛吹さんと笹塚さんの道を分かつことになったんですね。

笹塚さんはキャリアの道を外れ、家族を殺した犯人への復讐をのぞむように……。
最後まで知っているからちょっと悲しいですね。


第31話 旅【ゆめきぶん】第32話 息【いき】第33話 慰【なぐさめ】第34話 外【そと】
慰安旅行の話。

吾代さんの扱いの悪さに笑い。
吾代さんも連れて行ってやればいいのにとか思ってました。
だってあかねちゃんはストラップな訳ですから傍からみたら、「ネウロと弥子の2人旅」なわけじゃないですか。
しかも同室。
女子高生探偵を売り物してるのにそれってどーなの、とか結構どうでもいいこと考えてました。

正直、事件よりも春川教授の方が気になって仕方なかったです。
最終巻でだったかな?作者がある程度どこで打ち切られてもいいように計算して物語を作っていた、みたいなことを書いてあったような気がするんです。
改めて読むと本当にその通りだとわかります。

ジャンプに打ち切りはつきものとはいえ、普通考えないよなぁ。
ホントすごい。

事件自体は、ネウロらしい話です。

今巻は犯人が豹変したところで終ってます。
犯人の国籍が実は明らかにされてないんですよね。
「ボクの国」としか書いてない。
でもまあアメリカだってわかりますけどね。



春川教授が登場したことを考えるとそろそろ早川兄弟とか登場するかな?
楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

魔人探偵脳噛ネウロ 3

魔人探偵脳噛ネウロ 3 (ジャンプ・コミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 3 鮮明なる“X(アンノウン)”/松井優征
魔界探偵事務所は秘書(あかねちゃん)と雑用(吾代)が加わり、今日も元気に活動中!! ネウロ好みの『謎』を求める日々に、身の毛もよだつ、「赤い箱」事件が発生した! さらった人間をある状態に加工する、“X(サイ)”と呼ばれる犯人の正体とは…?


結構久しぶりのネウロです。
松井さんの作品3つ目なのでカテゴリ作りました。


第17話 見【みせろ】
カメラマンをおっぱらう話。

バリ8Tシャツの彼です。
この話って正直、サイが登場するための布石というかそういうのかと。

マスコミに騒がれたくないってのはわかるんですが、警察にはばれてもいいのか、とちょっと首を傾げたくなりました。

「女子高生探偵が関わった事件の犯人はみんなおかしくなる」ってのもかなりやばいんじゃないんでしょうか。


第18話 箱【はこ】第19話 尾【しっぽ】第20話 箱【ひと】第21話 差【ちがい】第22話 X【アンノウン】
サイとネウロの初顔合わせ。

正直な話、笹塚さんがサイの事件に関わっていていいのか、疑問に思います。
だって、この頃はまだ笹塚さんの家族を殺害したのはサイだと目されていたんですよね?
普通、関係者って捜査に関われないんじゃなかったですっけ?
まあ、それいったらこれからの展開がおかしなことになってしまうんですけど。

弥子がサイにびびりまくってます。
これから思うと最終回間近のイレブンとの対決時の成長っぷりがすごい。

サイとアイのやりとりが好きなんですが、アイはまだ登場してませんね。


第23話 跳【はね】
弥子が同じ人間であるサイとの差を見せ付けられて探偵を続けることを躊躇する話。

これは繋ぎというか、閑話というか。そんな感じ。
人間の進化の可能性を提示しておわってます。

ストーリー内で一貫して提示されてる進化の可能性。
完結まですべてを知っている今読むと深い。


第24話 上【キャリア】第25話 爆【ボム】
爆弾魔ヒステリアの話。
そして笛吹さん、筑紫さんが登場します。

今改めて見るとこのころの笛吹さん嫌な人だなぁ。
新しい血族との戦ってるときがカッコいいだけに余計、器が小さく見える。

キャリアだし、能力的には高いのかもしれませんがちょっとなぁ。
階級のわかりにくいネウロにおいて笛吹さんだけは警視って言われてますね。
まあ31でキャリアなら普通か。

笛吹さんの推理が外れたところで、今巻は終了。
ヒステリアの逮捕は次巻。


第?話 外【ばんがいへん】
ムヒョとのコラボ。
赤マルの番外編ですね。

本当の話数は「?」なんて可愛らしいものじゃないんですが、書き表すことは難しいので便宜上「?」で。
魔法律書の試供品はなしだろーとか思ってましたが(爆発するらしいし)、まあこういうのにつっこむのは無粋ですしね。
魔元帥は……。うんすごいです。



今、篠田真由美さんの本読んでるんですけど読み終わるかなぁ。
無理そうだったら何か漫画でも紹介します。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR