忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】松井 優征」の記事一覧

魔人探偵脳噛ネウロ 14

魔人探偵脳噛ネウロ 14 (ジャンプコミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 14 「絶対悪」/松井優征
事務所に残されたカードに秘められた『謎』を解き、X(サイ)のアジトの向かったネウロ。しかし、そこで待ち構えるXは恐るべき罠を仕掛けていた! ついに始まる魔人ネウロと怪盗"X"、最後の戦い! その先に二人を持つものとは…!?


これもまた結構久しぶりのネウロです。
前巻を紹介したのが3月末ですから、半年以上もあいてたんですねー。


第116話 変【かわる】
第117話 値【あたい】
第118話 門【もん】
第119話 X【ざせつ】
第120話 濁【にごる】
第121話 悪【あく】
第122話 呼【よぶ】
第123話 茶【ちゃ】
第124話 病【やまい】


が収録されています。

前巻で弥子がサイに誘拐されたってところで終わったんでしたか。

ネウロは電子ドラッグにより強化され、サイと同等の力を手にした弥子と、変身能力で弥子となったサイを同時に相手にすることになります。
魔人として、人とは比べ物にならない力を持っているネウロを倒すのは人間離れしたサイの能力をもってしても難しい。
けれど、ネウロは食料であり、駒である人間を無意味に殺させることをよしとしない。
だからこそ、サイは自身と弥子の見分けをつけられないようにしてネウロに挑むわけですね。

HAL編でネウロの腹が膨れていたこともあり、勝敗は比較的簡単についてしまいます。
再戦を誓い、サイは去ります。

そこにサイを探していた笹塚刑事と国際警察捜査員のアンドリュー・シクソンがやってきて屋上から逃走しようとしていたサイを追います。
サイを回収するために、ヘリコプターを操縦してやってきたアイ。

アイは凶弾に倒れてしまいます。
それを撃ったのはアンドリュー。ではなく、アンドリューの皮を被っていたシックス。
自らを『新しい血族』と名乗ったシックスの目的は、サイを回収すること。

ここでサイが求め続けてきた自身の正体が明かされています。
サイはシックスのクローンに改造を施した実験動物で、実験の一環として外に放り出されたのだとか。
その途中で「飛行機落としのイミナ」ことアイと出会い、アイのフォローに回るようになったために回収が困難になっていたのだとか。

場を圧倒していったシックスは目的であったサイを回収し、去っていきます。
はじめて読んだときはすごくびっくりした覚えがあります。

シックスの存在もそうですが、アイが死んだことにもすごく驚いた覚えがあります。
作中で弥子も心配していましたが、自覚こそないんだと思いますが、サイにとってアイの存在はとても大事なものですからね……。


ネウロとシックスのドSサミット(命名・弥子)はすごく怖い。
悪の定向進化の果てに生まれた人類とは異なったものへと進化した存在。
それが『新しい血族』で病気(シック・sick)とまで恐れられた悪意の固まりがこれからの敵となるんです。

最後の弥子のモノローグが今改めて読むと「そういうことだったのか」と。

「私達人間を容赦なく殺していくだろう 私のとても身近な人ですら…それは決して例外ではなく…!!」

最終回まで読んでるので、これからどうなるのかわかるんですけど、本当に楽しみです。

拍手[0回]

魔人探偵脳噛ネウロ 13

魔人探偵脳噛ネウロ 13 (ジャンプコミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 13 怪盗の真価/松井優征
瘴気を求め、毒ガスが発生した山に足を踏み入れたネウロと弥子。新鮮な瘴気を全身に浴び、御満悦なネウロだが、新たな『謎』の気配に気づく、村に戻ってくることに…。しかし、それは怪盗“X(サイ)”からの刺客が仕掛けた罠だった…!!


昨日に引き続き、ネウロもちょっと久しぶりです。
やっぱりたくさんの作品を紹介していくと、久しぶりに紹介する作品が多くなってしまいますね。
その一方でほぼ毎月紹介してる作品とかもたまーにあったりもするんですけどね(笑)


第107話 伝【でんせん】第108話 村【むら】第109話 遭【であい】
第110話 i【アイ】第111話 読【よむ】第112話 依【よる】
第113話 蛭【ひる】第114話 攫【さらう】第115話 突【つっこみ】


1冊通じてサイの話です。
様々な出来事が平行して起こっていきます。

前巻の最後で、サイは新たな力を手に入れていました。
HAL2なる崩れゆくHALを再構成してつくりあげた力を取り込んだわけです。
つまり、サイは電子ドラッグを手に入れたってこと。

蛭という自分の部下に電子ドラッグを見せてネウロをしとめるために動き出します。

この時、サイの元には葛西がいるんですよ。
葛西の独白らしきものがあるんですが、そこに「怪盗Xを相手にするものはいずれ真の“悪”の世界へ招待されることとなる」(意訳)とあって。
はじめて読んだ当時は、この悪とは単純にサイのことを指しているんだと思っていたんですが、最後まで知っている今読むとこの“悪”はけしてサイではないんですよね。
うーん、気付かなかった。

サイとアイの出会いも語られています。
アイは元々某国のエリート工作員で、通称『飛行機落としのイミナ』と呼ばれていたようです。
サイとは飛行機を落とす工作をするために乗った飛行機でたまたま隣に座ったことから、あの主従関係は始まったってことなんですね。
2人の目的はサイの中身を知ること。
そのために、2人は一緒に行動していたんですね。


警察サイドの話もあります。
サイを捕まえるために、国際警察捜査員のアンドリュー・シクソンが警視庁にやってきます。
サイの変身能力のせいで、サイ自身の姿を追うことは非常に難しい。でも一緒にいるアイは別です。
彼女の能力は非常に高く、警察もなかなか姿をとらえることは出来ない。でも、わずかな目撃情報を辿っていけば……ってことらしいです。
笹塚さんとアンドリューが一緒にサイを追うことになります。


一方、弥子とネウロは瘴気を求めて毒ガスの噴出す村へと向かいます。
運転は吾代さんですが、彼は本当に送り迎えだけですね。

これだから吾代さんの人気投票順位低めなんだろうなぁ。
新たなる血族の話までやってから人気投票やっていたらどうだろう?とふと思いましたが、上位陣メンバーを改めてみてみたら吾代さんがこの順位なのも納得しました。
こりゃあ、7位でも大健闘ですね。
(ちなみに1位から順にネウロ、弥子、匪口さん、笹塚さん、サイ、笛吹さん、吾代さん、刹那さん、筑紫さん、作者です)
閑話休題。

そしていつものごとく殺人事件がおこり、「犯人はおまえだ!」とやる訳ですが、弥子の指は避けられてしまいます。
驚いている内に犯人は逃げ、ネウロが後を追います。

犯人は依であり蛭でもある青年。
サイにより電子ドラッグで強化された人物です。
蛭の目的は謎を用意し、ネウロを足止めすること。
その間に1人となった弥子をサイが連れ去ってしまいます。

その時サイは、弥子の父を殺した竹田刑事の姿を模して現れます。
弥子はその姿を見てショックで気を失ってしまうのですが、そこが何度読んでも納得できなくて。
サイの力を持ってしたらそんなことしなくてもただの女子高生1人誘拐するなんて難しくもなんともないでしょう。
それなのにわざわざ竹田の顔を盗んできたってのが腑に落ちなくて。ついでに弥子って結構図太いから驚きこそしても気を失うようなことはないんじゃないのかな、と。

その後、弥子はサイのアジトに連れて行かれ拘束されたまま、サイと話をするわけです。
弥子の話は実は的確なわけなんですが、この時のサイは聞く耳を持たなくて……。

弥子に電子ドラッグを見せて……ってところで次巻へ続きます。
この後物語がどう進んでいくのかある程度覚えているので、ちょっと悲しくなってきます。
でも、続きが気になるのも確かなんで、あまり時間をあけずに読んでしまえたらなと思います。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

魔人探偵脳噛ネウロ 12

魔人探偵脳噛ネウロ 12 (ジャンプコミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 12 這って動く老人/松井優征
借金を返すため、金策に奔走する弥子。次々と危ないバイトを紹介する早坂姉弟の許を立ち去った弥子は、ある人物と遭遇する…。一方、事務所を改装し探偵業を再会したネウロの前に、新たな『謎』の気配を持つ幼い少女が現れ!?


これも先月紹介してませんでしたね。
明らかに中途半端なところで終わっていたのになぁ。


第98話 稼【かせぎかた】第99話 走【はしる】
ネウロへ借金を返すため奔走する話。

前巻の続きです。
HAL編のときに作った借金がネウロの手によって雪だるまのごとく、膨らんでしまって。それを返すために金策に走ります。

いろいろあって(早坂兄弟に危ないバイトを紹介されたり、匪口さんが株で失敗したり)結局、アイ(怪盗サイの従者)から貰ったハンカチがプレミアのついた高級品でそれを換金して事なきを得ます。

今回の借金返済の話というより、アイと弥子を接触させることが目的だったのでしょう。

ちょっと突っ込みたかったのですが、なんで弥子は笹塚さんのところにいかなかったのでしょうね。
普通に考えて、ネウロに借金しているより、笹塚さんに借金してる方がかなり安心だと思うのです。

独り身の公務員で、石垣さんのように趣味に金を突っ込んでるようなこともない。
500万くらいポンと出してくれそうじゃないですか?
そして返済はいつでもいいから、とか言ってくれそうなイメージがあります。
(ちょっと嫌な連想ではありますが、笹塚さんの家族は惨殺されてますから、その保険金なんかも結構な額出てると思うんですよね)

まあ、それだと物語的にもおもしろくないんでしょうけどね。


第100話 幼【おさない】第101話 老【こども】第102話 言【ことば】
第103話 裏【うらづけ】 第104話 色【ろくしょく・ななしょく】 第105話 継【つぐ】

幼い少女・睦月ちゃんから、命を狙われているおじいちゃんを助けて欲しいと依頼を受けるものの、おじいちゃんは殺されてしまいその犯人を探す話。

狸屋なる有名おもちゃメーカーの社長が睦月ちゃんのおじいちゃん。
社長の性癖についてはなんで捕まらなかったのかが不思議なくらいです。

あれ普通に逮捕されても仕方ないと思うのですが。

今回のメインは笹塚さんと吾代さんの顔合わせなんだろうな。
笹塚さんは1話、吾代さんは7話から登場しているものの対面はこれが初です。
結構意外な感じですね。

まあ吾代さんって実は登場回数少ないですから。登場してもお留守番とか電話だけとか荷物置いて帰るとかでしたからね。
この2人相性はよくないんですが、少しずつではあるものの協力していくことになるんですよね、確か。

笹塚さんが睦月ちゃんに告げた「復讐」について。
最終話まで知ってる身としてはすごく悲しい。
これ笹塚さん自身にも当てはまるんだよなぁ。
いい加減、ノベライズ読むべきかな。

七光りの例で出されてる人物、3人くらいしかわからないんですがこれよくOK出たなぁ。
ちなみに「親が原作の~」は子どもが主役を張ることはないですが、親と隣家の作家の作品両方に出演させることが条件なんだとか。
どこまで本当か知りませんけどね。

そういや、この話から轟さん登場してます。
この人はマジメすぎるからなぁ。石垣さんに反発してしまうのは仕方ないかも。


第106話 真【しんうち】
狸屋事件の後日談。

狸屋は睦月ちゃんにとってよい方向に進んでいきそうで素直に嬉しいですね。

この話の冒頭で睦月ちゃんと弥子が待ち合わせている場所なんですが、これを見ると何故かよろず屋東海道本舗を思い出しました。
なんでだろう?よろず屋に似たような場所登場していたのかな? さすがに覚えてないです。

タイトルになってる【しんうち】とはサイのこと。
崩れ行くHALから生まれたHAL2。元のHALの10分の1のスペックもないとはいえ、それをダウンロードしたサイがネウロに迫る、ってところで次巻へ。

サイが電子ドラッグを手に入れたってことは、アイツの登場ももうすぐ。
ここから物語は一気に動き出しますね。
楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR