忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【海外】カイ・マイヤー」の記事一覧

七つの封印 10 月の妖魔

七つの封印 10 月の妖魔/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
ギーベルシュタインの北側に見える線路の土手。その線路は、もう半世紀も前から廃線のはずだった。
なぜかそこに、貨車のようなものどっかと腰をすえている。
貨車にしてはあまりに奇妙な黒いかたまりだ。
クリスとリーザは恐る恐る近づいてみる。
ふたりでする初めてのデート……リーザの胸はときめく。
濃い霧の中でふたりはきつく手をにぎりあった。
その先、まさかそんな恐ろしい展開が待ちうけているとは夢にも知らないで……。


図書館で借りてきました。
これでようやくこのシリーズも完結です。


今回の敵は影とでもいえばいいんでしょうか。
4巻で月へ送り返した「月男」が再び登場します。
4巻の最後で誓っていた復讐をしにやってきたわけですね。


半ば義務的に意地で月1で読み続けてきたこのシリーズ。
前々から巻の終わり方がおかしいというか、「え、これで終わり?」ってなるシリーズだったんですが、これはひどい。

このシリーズにおける主人公は4人の少年少女、キラ、クリス、リーザ、ニールスのはずだったんですが、今回活躍しているのはクリスとリーザだけ。
ニールスは水疱瘡で寝込んでいて、キラは途中で足を捻挫してしまい物語の本筋から退場してしまうんです。
主人公は4人とはいえ、メインとなるのは明らかにキラだったはずなのに、最後は置いてけぼりってどうなの?って感じ。

最終巻だからこそ、4人みんなで敵に挑むか、でなければキラをメインに据えるべきだったんじゃないかと思いました。
そういう意味では正直、9巻と10巻を入れ替えた方が終わり方としてはよかったような気がします。
9巻も終わり方という意味では微妙でしたが、今まで謎だったキラの母親の話と外伝が繋がる話だったわけですし。
まだマシだったとは思うんですよねー。


というかキラは前回、異世界へ行き来した際に自身の影を失ってしまったらしいんです。
そしてキラはそれを気にしていない上に、意識してか無意識なのかデーアのあとを追うことになりそうです。
前々からその傾向はあったんで、個人的にこの作品の終わりは、4人にある七つの封印がキラ1人だけのものになるとかそういうことになるのかな?と思っていたんです。
キラは魔女として目覚め非現実的な出来事にどんどん関わっていき、残り3人は現実世界へ戻ってくるとでもいえるでしょうか。
けど、そんなことにはならなかったですね。

七つの封印は4人にあらわれたままだから、4人はこれから先も魔物たちに狙われ続けることになるのでしょう。

1冊単位で見てもシリーズとして見ても起承転結が少なく盛り上がりにかけたのが非常に残念でした。
正直、巻を進めるごとにおもしろみが減っていったような気がします。
特別な力を持たない少年少女が自分たちの知恵と勇気だけで問題を解決していくというのは題材として悪くなかったんですけどね。

拍手[0回]

七つの封印 9 異界への扉

七つの封印 9 異界への扉/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
キラは南イングランドへ旅立った。
そこはアーサー王の出生地。
殺伐とした荒野に、魔力の気配がただよう。
その地で訪ねた魔女博物館で、キラは謎の女性と出会う。
彼女は真っ赤な巻き毛だけでなく、目鼻立ちまでキラにそっくりだ。
その女性がキラに力を貸してほしいと言う。
事態は緊迫している、壮絶な戦いがせまっている、と……。
女性はいったいなにものなのか?
空飛ぶじゅうたんに乗せられたキラは、どこへ導かれ、いかなる戦いに巻きこまれるのか……。


図書館で借りてきました。
物語ももう終盤(というか次が最終巻)のはずなんですが、終わりそうな雰囲気がないのでちょっと不安です。


あらすじにもあるとおり、今回は南イングランドが舞台です。
下敷きにアーサー王伝説があるんですが、正直全く詳しくないのでちんぷんかんぷんでした。
さすがに『円卓の騎士』とか『エクスカリバー』くらいは知ってますが。
脳内に伝説の剣云々よりも先にソウルイーターのエクスカリバーが出てきたあたりはなんだかな、って感じでしたけど。

あと、ジークフリートで一番最初に出てきたのはRAVEでした(笑)
閑話休題。

いつも基本的に4人セットで行動していた子どもたちですが、今回キラは1人で行動しています。
いつものごとく、キラのパパ・ラーベンソン教授の発掘現場にお邪魔するんですが、キラだけ先発するんです。
それは2人だけの時間を作り、ママのことなんかを聞きたかったから。
まあ、それに関しては上手くいっていないんですけどね。
そのため、遅れて出発したクリスたちはキラの元へ向かう途中で足止めされてしまい全く活躍していません。というかむしろ合流すらできずに終わってます。


前々から言われていた通り、外伝の主人公であるデーア、キラのママが登場します。
そして予想通り、デーア=キラのママでした。
これってあまりにもあからさまだったので、作者は隠すつもりはなかったのかな。
まあ、これに関しては作者より訳者が悪い気がしますが。
この作品、最後に「訳者あとがき」があるんです。その巻の話だけで終わらせればいいのに何故かそこでその後の話をしてるんですよね。
「デーアが9巻で登場する」「ママが登場する」みたいな話も確か訳者あとがきだったはず。
デーアはともかく、ママは死んだことになっているのになぁ、とちょっとしょっぱい気持ちになってました。


デーアが生きているのに、キラたちに七つの封印が受けつがれた理由。
アルカーヌムの三人の母たちの正体なんかが明らかにされてますが、正直「へーそうなんだ」程度。
というか、これ児童書だよね? アーサー王伝説を理解している子どもってどれだけいるんだろう……。
上にあげたキーワード程度ならともかく、モルガーナもニムエも知らなかったです。
これもまたお国柄なのかな。まあ、アーサー王伝説はイギリスでこれはドイツの作品なのでまた違うのかもしれませんが。


散々引っ張ってデーアを登場させたのに、想像していたのとなんか違いました。
親子で強力して敵を倒す的な展開になるのかと期待していたのにそれともなんか違うし。
これだとデーアが敵を倒すためにキラの魔力を利用しただけにしか見えないんですよね。
うーん、なんかもったいない。

というか魔女で空飛ぶのにやどりぎの枝とじゅうたんってどうなの?
確かにイングランドでケルト云々の話が出ていたのでやどりぎはわからなくはないんですけどね。
まあ、この作品における魔女の概念は結構特殊なのでそれでもおかしくはないのかなぁ。


前述の通り、次巻最終巻。
すっかり忘れていたんですが4巻で登場した月男はフラグたてたまま放置されていたんですよね。
この感じだと月男を退治してジャンプの打ち切り漫画みたいな展開(○○達の冒険はまだまだ続く!みたいな?)になってしまいそうで怖いです(笑)

拍手[0回]

七つの封印 8 マンドラゴラの恐怖

七つの封印 8 マンドラゴラの恐怖/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
ハロウィンパーティーが終わり、ニールスはモンスターマスクを回収しなくてはならない。
会場はあやしげな旧校舎。
キラたち四人は、夜の幽霊屋敷にのりこんだ。
そこで彼らを待ちうけていたのは、とうの昔に死んだはずの校長の悪霊であった。
その魔力にかかり、リーザが姿を消す。
三人の胸をよぎる不吉な予感……。
謎の植物マンドラゴラとは?
校長はいかにしてよみがえったのか?
リーザはどこへいってしまったのか……?


図書館で借りてきました。
このシリーズもあと2巻くらいかな?終わりが見えてきたはずなのに、まだ全然そんな感じがしないです(笑)


今回は、キラたちの通う学校の旧校舎が舞台です。
日本でも旧校舎というと「いかにも」な心霊スポットなんですが、さすが海外。
古さが何十年レベルじゃない(笑)
新しく建てられた部分で100年以上経過していて元々の部分は300年とかすごいです。
そりゃ悪霊の1体や2体ぐらいいるよ、って感じ(笑)


私、ずっとキラたちの年齢は小学校高学年くらいだと思っていたんです。
ですが、

「ギーベルシュタインでは四年間の小学校を終えて、その先五年間の中学校へすすむと、まず最初に上級生から聞かされるのがこの話であった。」(p52)

とあったのでキラたちは少なくとも中2、リーザが中1であることがわかってちょっとびっくりしてしまいました。
ちょっと調べてみたら、ドイツの就学年齢は6歳からとのことなのでやっぱり11歳12歳くらいってことですね。
なのやっぱりで日本でいうところの小5、小6にあたるようなんですが、「わたしたちもう中学生なんだから」みたいなセリフがあるとちょっと違和感を覚えてしまいますね。


タイトルにもなっている「マンドラゴラ」。
訳者あとがきでも触れられていましたが、マンドラゴラって、根が人型をしている植物です。
引き抜かれたときにすごい悲鳴をあげ、その声を聞いたものを死に至らしめるというのが有名じゃないですか。
なので作中で普通に引っこ抜いたことにびっくりしてしまいました。
悲鳴をあげないタイプのマンドラゴラなんてあるんですね。


あらすじにもあるとおり、今回リーザだけ別行動を取るんです。
そのときに色々あってクラスメイトの男の子・トビーと一緒に行動するんです。 リーザってクリスに気があると何度も書かれていたんですけど、トビーにちょっと揺らいでいます。
すっごく吊り橋効果っぽいんですけど(笑)

一方、キラたちは魔女に憧れる少女・マーラと行動します。
マーラの行動が今回の出来事の発端なんですが、彼女もまた被害者というか。
魔女たちの罠にひっかかってしまったんですね……。


訳者あとがきによると次の9巻ではキラは死んだはずのママと再会するんだとか。
というか外伝である千年のかなたの主人公・デーアが再登場するのも9巻って言われてましたよね。
やっぱりデーア=キラのママってことなんでしょう。
これはちょっと楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR