忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【海外】カイ・マイヤー」の記事一覧

千年のかなた 七つの封印・外伝

千年のかなた 七つの封印・外伝/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
時は西暦999年。
千年の変わり目が近づいている。
街角では辻説教師が終末思想をさけび、人々は不安におびえていた。
12歳の少女デーアは行く先の知れぬ冒険の旅に出る。
同行するのは魔女狩り人ゴーテン。
旅するふたりの前に立ちはだかる大魔術師アバクス。
闇の魔術を駆使する彼の恐ろしいたくらみとは?
真実を求めるデーアがたどりついたのは、新たな千年の運命を決めるとてつもない魔力の世界であった。


図書館で借りてきました。
あと1冊あったんですが、読み切れそうにないです。仕方ないなぁ。


今回は外伝ということで、本編の主人公であるキラ、リーザ、クリス、ニールスの4人は登場しません。
代わりに登場するのはあらすじにもあるとおり、デーア。

この少女が父であり魔女狩り人であるゴーデンとともに旅をし、1巻で登場した大魔術師アバクスの企みを阻もうとするもの。
そして、物語に度々登場するアルカーヌムの結成当時もわかるというちょっとすごい1冊です。


正直、非常に読みづらかったです。
3巻4巻まで読んでようやくキラたちに慣れたくらいなので、デーアになれる前に1冊終わってしまいました。

デーアとゴーデンの関係がすごく不思議でした。
私にはちょっと理解できなかったです。この辺は文化の違いだったりするのかなぁ。


最終的に不死身となってしまったデーア。
訳者によると彼女が本編にデーアが登場するのは9巻とのこと。

表紙しか画像ないのでちょっとわからないかと思うのですが、裏表紙に描かれているデーアの姿を見るとキラそっくりなんです。
もしかしなくてキラのママなんじゃないかなぁ、と。
不死身とはかかれていますが、不老とはかかれていないので成長していてもおかしくないし、一流の魔女は皆変身術が使えるとありましたからおかしなことではないのかな、と。

だからこそ、「キラのママ」の名前は明らかになっていないんじゃないだろうか、なんて考えてました。

あと5巻分も先の話ですが、そこらへんはちょっと楽しみですね。

拍手[0回]

七つの封印 4 黒い月の魔女

七つの封印 4 黒い月の魔女/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
月食であたりが闇にのまれたのは、ほんの数分のことだった。
ギーベルシュタインの街は、ふたたび満月の冷たい光に照らされた。
しかし、さっきまでとはなにかがちがう……。
トゲだらけの枝を背中からふきださせた、ぶきみな化け物が、キラとリーザ、そしてクリスとニールスを窮地に追い込む。そこで彼らを待っていたのは、危険な月の魔女であった。
月の魔女がたくらむ恐ろしい計画とはなにか?
魔女に立ち向かうキラは、とんでもない要求をつきつけられる……。


図書館で借りてきました。
表紙の魔女がなんかエロくみえるのはボディーラインが綺麗にわかるからですかね。


今回の舞台は再び、ギーベルシュタインに戻ります。
いきなり、キラが子守をしているところから始まります。


前巻はそれなりに楽しめたのですが、今巻はあまり楽しめませんでした。
多分、キラがあまり好きじゃないからかな。

この作品における主人公はキラ、クリス、リーザ、ニールスの少年少女4人組。
その中でもメイン主人公となるのはキラな訳ですが、私どうにもキラにまったくといっていいほど感情移入できないんですよ。
だからなのか、彼女視点が多いと微妙な評価になってしまうんだと思います。


今回登場する化け物はタイトルにもある「月の魔女」。
そして、「月男」です。
「月男」っていうのは、日本でいう「餅つきするうさぎ」です。
あれです、月の模様が何に見えるか、ってところからくる伝説です。

「月男」は本来休まなければならない日に休まずにたきぎを集めていたために、罰としてたきぎを背負った姿のまま月に送られてしまった――というそういう話らしいです。

以前のコウノトリの時も思いましたがこういうのを読むとお国柄が出ますね。
月の見方が各国で違うというのは知っていましたが、この「月男」という解釈は今回はじめて知りました。


今回、月男を月へ送り返すことに成功したキラたち。
しかし、それは月男の琴線に触れてしまったらしく、復讐を誓っています。
そして、月の魔女に関してはほとんど謎のままですね。やっつけても追い払っていません。
むしろ自分から帰っていった感じなので、こちらも再登場の可能性はありますね。


次巻は外伝とのこと。またそのうち借りてきます。

拍手[0回]

七つの封印 3 廃墟のガーゴイル

七つの封印〈3〉廃墟のガーゴイル七つの封印 3 廃墟のガーゴイル/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
その修道院の廃墟は、なにかが変だ。
キラたち四人は第六感をひらめかせる。
古い礼拝堂の地下墓地に、なぜこんなひどい悪臭がたちこめているのだろう?
そして、彫刻家ダミアーノについて調べていたリチャードソン博士は、いったいどこに消えてしまったのだろう?
四人は博士のゆくえを追って地下におりる。
そして、数百年もの昔から地下墓地に眠る、恐ろしい化け物たちをめざめさせてしまう……。


図書館で借りてきました。
これでシリーズ3冊目なのでカテゴリ作りますね。


今回の舞台は、ドイツのギーベルシュタインからイタリア・トスカーナ地方にうつります。
まあ、これは一時的なもののようなので、次巻の舞台はまたギーベルシュタインに戻るのかもしれません。

キラのお父さん・ラーベンソン教授に招かれて4人はイタリアに出向き、多くのガーゴイルの石造がある廃墟の修道院を訪れます。
そこで眠っていたガーゴイルたちを目覚めさせてしまい、危機に陥ってしまいます。


前述の通り、このシリーズも3冊目を迎えました。
物語に慣れたからなのかちょっと楽しめるようになってきました。

ただ、やっぱりキラの性格があまり好きじゃないんですよね。
作中でも語られている「七つの封印の影響」。「ママに似てきた」というそれはよくいえば勇敢。
しかしそれは無謀とか自分勝手とかそういうものと表裏一体な訳で。

その変化がどういう影響を与えるのか気になるところですね。


今回登場する化け物はタイトルにもあるとおり、ガーゴイル。
屋根の上にある石で出来た羽の生えた異形の怪物、といえばわかるでしょうか。
その中でも好戦的な数匹に襲われることになるんです。

ほとんどは「ハーメルンの笛」効果のある角笛の効果で、操ることが出来ているのであまり危険な目にあっている印象がありませんね。


今回クリスはどこか茶目っ気のある無邪気なガーゴイルと出会っています。
クリスは誰にも継げずそのガーゴイル1匹を自由にしているんです。
そのガーゴイルが再登場したらおもしろいだろうなーと思うんですが、今巻の最後が「その後、彼の姿を見たものはひとりもいない」なので、再登場は望めないんでしょうね。

次巻は1巻に登場した魔女が再登場するのでしょうか?
今度続きを借りてきたいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR