忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【海外】カイ・マイヤー」の記事一覧

七つの封印 7 深海の魔物たち

七つの封印 7 深海の魔物たち/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
キラとリーザ、クリスとニールスの四人は、ラーベンソン教授とともに潜水カプセルにのりこみ、深海カプセルにのりこみ、深海秘密基地カルタゴにむかっていた。
目的は難破したバイキング船の探索だ。
奇妙なことに、数百年も海底に沈んでいるにもかかわらず、木製の船は朽ちることなく原形をとどめたまま石化していた。
謎を解く鍵は、海底山脈のふもとで隆起した噴火口、ブラックスモーカーのリング内部にあるのか?
連絡のとだえた海上基地は、魔女たちに占拠されてしまった。
深海にとじこめられたキラたちに全長18メートルの巨大ザメと、空飛ぶ怪魚の大群が襲いかかる。
そしてついに、大魔女"嘆きの母"がめざめる…。


図書館で借りてきました。
シリーズもだいぶ終わりに近づいてきたはずなんですが、あまりそんな感じはしませんね。


普段、ギーベルシュタインのあるヨーロッパ(というかドイツ)を舞台にしていることの多いこの作品ですが、今回はだいぶ遠くまでやってきています。
今回の舞台はアメリカ。東太平洋沿岸にある人工の浮島。そこにある研究施設から海底へ向かいます。
海底火山・ブラックスモーカーのリング内にあるバイキングの難破船を目指します。

もうお馴染みとなったキラの父・ラーベンソン教授のお供ですね。
今回は、ホラー要素は薄め。
というか私にはホラーだとは思えませんでした。
どちらかというとスリルとか冒険とかそういうのかと。


1巻から登場していたハンドバックに住み、それを飛ぶ魔女たちの使い魔というかペットである怪魚。
それの正体というか製造方法が明らかになってます。
正直謎のままでも別によかったんじゃないかな?と思いました。
魔法が存在する世界で全て説明する必要はないと思うんです。
「謎のまま残しておく」というか、「そういうものとしてしまう」というか。そんな感じ。


どちらかというと、怪魚の正体より、巨大サメの正体の方が知りたかったです。
深海5000メートルに住む体長18メートルの巨大サメ。

しかも作中の描写や表紙を見ると、肉食(?)っぽいんですよね。
ジンベエザメとホオジロザメを見比べてみるとわかると思うんですが、捕食の仕方が違うんで口の形が違うんですよ。
大きい種類ってプランクトンや小魚なんかを一度に大量に口に入れて栄養をとっているんですよね。
だから、この巨大ザメは何を食べてどうやって生きているんだろうか、とちょっと気になってしまいました。

まあ、物語ですからね。気にしても仕方ないんでしょうけど。

あ、あとはバイキングたちが運んできた「遠くに捨ててしまいたいもの」。
これの正体も謎なままですよね。数百年も間、残滓だけで周りに影響を与え続けるんだから本体がどうなっているのか気になります。
移動経路にも何かしら影響がありそうですし、死んだりしているのならその死んだ場所も似たようなことになっていてもおかしくないんじゃないかなぁとか。
このあと明かされるのかな?


次巻はまたギーベルシュタインの町へ戻ります。
今度はハロウィンの学校のよう。
というか学校って実は初ですか?
キラたち学生なのに、今まで出てこなかったことが逆に不思議です。

また来月にでも借りてきたいと思います。

拍手[0回]

七つの封印 6 黒死病の悪霊

七つの封印 6 黒死病の悪霊/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
たかがカカシじゃないか、とキラたち四人はたかをくくっていた。
木の棒に古着が着せてあるだけだと。
ところが、カカシの首の上には髑髏がのっていたのである。
髑髏の額に打ちこまれていたクギの頭にきざまれた図柄は、なにを意味しているのか?
秘密をさぐるキラとクリスは、市役所の真下にひろがる公文書保管所のフレック氏をたずねる。
14世紀に大流行した黒死病の歴史に謎を解く鍵がありそうだ。
カカシは、どんどん数をふやし、街を包囲し、恐怖におとしいれる。
なんとか侵略を阻止しなくては。
とんでもないことがおこる前に……。


図書館で借りてきました。
これで今回図書館で借りてきたのは終了かな。返しにいかないとダメですね。


今回の敵はあらすじからもわかるとおり、カカシです。
正確にはカカシを操っていた存在なわけですが、まあそちらは実際名前くらいしか登場しないので、カカシと思って間違いないかな。


おもしろかったです。
前巻はかなり微妙だったこともあり、今回は楽しめました。

徐々に迫ってくるというのは普通に怖かったです。
キラたちは今まで何度も敵に追いかけられています。
それらをかいくぐってきた彼女たちですが、今回のカカシは静かに迫ってくるんですね。
カカシはキラたちの視界から外れている間だけ動くことが出来るらしく、気づくと近づいてきている、と。

しかも、カカシに直接触れてしまうと触れた側もカカシの仲間入りしてしまう、と。
その様も描写されているのですがそういう洋画ありそうだなぁ、と変に想像できてしまって読んでいてちょっと気持ち悪かったです。


この作品としては珍しく、今回大人が活躍しています。
カサンドラおばさんはともかく、あらすじにも登場しているフレック氏はこれからも物語の大事な所で登場しそうです。

というか、今回デーアの名前が出ています。
外伝・千年のかなたの主人公の少女ですね。
私、今までデーア=キラのママだと思っていたんですが、「キラはデーアに興味をもった」とあるのでそういう訳じゃないのかも?
まあ、デーアが偽名を名乗っていた、クリスのような名前だった場合(クリスの本名はクリゾストムスですが、普段はクリスとしか呼ばれないし表記もされない)とかも可能性も無きにしも非ずなんですけど。
さすがに母親の名前を知らなかった、はないと思うんですけど。うーん、どうなんだろ。

次巻は深海の話のよう。そして空飛ぶ怪魚の謎にも迫るようですが、空飛ぶ怪魚って1巻から登場しているアレのことですかね?
またそのうち続きを借りてこようと思います。

拍手[2回]

七つの封印 5 影の天使

七つの封印 5 影の天使/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
エーゲ海にうかぶその小島は、人気のない寂しいところだった。
キラとリーザ、ニールスとクリス、そしてラーベンソン教授をのせた飛行機は、その島に不時着し、外界から孤立する。
その不時着は偶然ではなかった。
天界の力がそうさせたのである。
彼らをそこで待っていたのは、堕天使アザキエルだった。
ラーベンソン教授は古代都市ラキシュの要塞から、伝説の遺物「ラキシュの頭」を持ち出していた。
アザキエルの言葉を信じてよいのか?
決めかねているうちに、恐ろしい危険が襲いくる……。


図書館で借りてきました。
今回3冊しか借りなかったので、明日にでも読んでしまいたいです。


シリーズも巻を重ねてだいぶ慣れてきたかと思っていたのですが、今回は読むのがめちゃくちゃきつかったです。
私基本的に本を読んでいて眠くなることってないんですよ。

そりゃあ、深夜まで読んでいて眠いとかそういうことはありますけど、そういうのじゃないだとQEDを始めて読んだときくらいしかなかったんです。
けど、今回はやばかった。
何度うとうとしたことか……。

そういうこともあってあまり内容が頭にはいっていないんですけど、なんとなく今回は大人しかった印象を受けました。
タイトル通り、登場するのが天使ってこともあり怖いとか不気味とかそういうことがなかったし。
バトルや、子どもたちの機転で事態がどうにかするって感じでもなかったですし。

正直、本筋の内容よりニールスの作り話の方が怖かったです。怖気が立つというか気持ち悪い。
鳥肌立つまではいきませんでしたが、思わず顔をしかめてしまいました。


作中でも触れられていましたが、今回は七つの封印があらわれていないんですね。
理由は不明。「天使だからではないか」と言われていましたがそれは推測の域を出ていないわけです。
きっとそのうち説明されるだろうと思っているのですが、どうなんでしょう。

アザキエルは最後のセリフからして再登場してもおかしくないのかな?
でも、このままフェードアウトでもおかしくはない感じ。
再登場してもおもしろいだろうけど、この天使制約が多いので登場してもなかなか大変そうです。

物語はこれで折り返し地点ですか?
ひろげた風呂敷をつつみはじめるのにはまだ早い気もしますが、そろそろ進展してほしいですね。

次巻の敵はカカシなんだとか。
タイトルは黒死病=ペストだからなんとも大変な事態になりそうです。
そのうちまた続きを借りてきたいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR