忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【海外】カイ・マイヤー」の記事一覧

七つの封印 2 悪魔のコウノトリ

七つの封印〈2〉悪魔のコウノトリ七つの封印 2 悪魔のコウノトリ/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
真夜中に、悪夢が現実となる。
真っ黒で巨大なコウノトリが、エルカーホーフ・ホテルのなかであばれまわる。
キラとリーザ、それにニールスとクリスの四人は、その化け物に追いたてられる。
迷宮のようなホテルを舞台に、猛然とせまりくる悪魔のコウノトリから、彼らは逃げきれるのか……そして逆転劇はあるのだろうか?
かつてこの館の主だったモーアシュタイン男爵がのこしたものとは?
奇人といわれた男爵の過去から、謎をとく鍵はえられるのだろうか……。


図書館で借りてきました。
これの続きになりますね。


あまりおもしろいと思えないなぁというのが、正直な感想です。

まあ、私自身がこの手の海外ファンタジーにあまりなれていないこともあるのでそのせいかもしれません。
というか、その作品の空気というか雰囲気?になれてくればそれなりに楽しめるのかな、と。
この手の長編シリーズだと1、2巻ってどうしても導入部分になってしまいますから物語的にも面白味にかけることが多いんです。
それに耐えきれなくて、読むのをあきらめてしまった作品がいくつもあるのでこれもそうならないようにしたいと思いますが。


今回の舞台はニールスとリーザ兄妹の住むエルカーホーフ・ホテル。
両親不在のホテルで兄妹と、キラとクリスの4人で留守番というか、過ごすことになるわけです。

その状況で、彼らは悪魔のコウノトリから逃げまわることになるわけです。

なんで、コウノトリ?と思ったのですが、この作品を書かれているカイ・マイヤーさんはドイツの方なんです。
で、ドイツではコウノトリは「幸せをもたらす鳥」として愛され、国鳥でもあるんだとか。
日本でいうハトみたいなもんってことでしょうか。

本来なら幸せを運ぶ鳥が、悪夢を運んでくるのですからシュールですよね。


前巻で七つの封印をほどこされたキラたち。
この封印の影響で彼らの性格が変わっているっぽいのですが、元がよくわからないのでなんともいえないってのが正直なところです。
作中で言及されているので「どう変化した」ってのはわかりますけど。
ただ、兄妹はともかくキラとクリスの変化はあまりいいものとはいえないのかなぁ、と。

10歳かそこらの少年少女なんですが、この作品ちゃんと恋愛要素が含まれているんです。
リーザ→クリス→キラなんですよ。
で、クリスはリーゼから自身へ向けられる好意に気づいていて煽っているんですよね。
私には、それが封印の影響に思えて。
その辺今後語られるのかな?


3巻は廃墟のガーゴイル。
ガーゴイルってあれですよね。石でできた怪物。
この作品ってギーベルシュタインの街から出ることないのかな?
今度続きを借りてこようと思います。

拍手[0回]

七つの封印 1 大魔術師の帰還

七つの封印〈1〉大魔術師の帰還七つの封印 1 大魔術師の帰還/カイ・マイヤー(訳/山崎恒裕)
金曜の夕暮れ、キラは奇妙な女に出会う。見たことがないほど美しく、謎にみちた女だ。
その晩から、キラの人生が大きく変わりはじめる。
女は恐ろしい魔女であった。のどかで平和なギーベルシュタインの街に、いったいなぜ、魔女が出没するのか?
街はずれの聖アバクス教会で、女は何をたくらんでいるのか?
キラとその仲間は謎の解明にいどむ。そこで明るみに出たのは、驚くべき秘密であった。
「七つの封印」にまつわる恐ろしい秘密……。

七つの封印…闇の怪物をよびさます魔法の標しは、幸運をもたらすのか、災いをまねくのか…
恐怖と冒険のゴシック・ファンタジー、登場!


図書館で借りてきました。
実は数年越しで気になっていた作品だったりします。

表紙は十二国記シリーズなどで有名な山田章博さんですね。
ドイツの作家さんが書かれた作品なんですが、正直この巻だけじゃ評価のしようがないです。
このシリーズは全9巻かな? 1巻は本当に序章でしかないのです。

メインとなる少女たちが登場し、敵となる悪い魔法使いが復活して……。
ってところで終わっています。


海外ファンタジーを読むたび思うのですが、この手の作品って巻を重ねるごとにおもしろさを増していくんだと思うんです。
だから、1巻2巻あたりは我慢です。

メインとなる登場人物は、
ギーベルシュタインの街にすむ主人公である少女・キラとその友人ニールスとリーザ。
そして街に引っ越してきた少年クリス。
さらにキラのおばであるカサンドラくらいかな。

猛禽類すら食べてしまう空飛ぶ深海魚を使い魔(?)としている魔女たち。
その魔女たちの手により復活したアバクスが彼女らの敵となるようです。
アバクスは過去、異端審問官として活躍した人物だったんだとか。
その功績を認められたこともあり、教会の名前なんかにもなっているんですね。

しかし、それは表の姿でしかなくて。
アバクスは実際には多くの罪なき人々を殺して、自分の仲間である本物の魔女たちを守っていたということらしいです。

今回はキラの母が仕掛けていた罠にかかってアバクスらは撤退します。
復活したアバクスらはいったい何をするのか。
それにキラたちはどうやって対抗していくのか。気になりますね。

児童書にしてはちょっと読むのに時間がかかるので少しずつ読んでいきたいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR