忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】結城 光流」の記事一覧

少年陰陽師 迷いの路をたどりゆけ

少年陰陽師  迷いの路をたどりゆけ (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師  迷いの路をたどりゆけ/結城光流
時は平安。帝の娘・脩子といっしょに伊勢へむかう晴明と彰子。彼らを追いかけて都を旅立った昌浩は、その途中。益荒たちに出会い、玉依姫のもとに連れていかれてしまう。
一方、彰子たちはふたたび虚空衆に襲われ、脩子がさらわそうになる。それを止めたのは、玉依姫に連れ去られたはずの昌浩だった。だが昌浩は、彰子たちのことをまるで見知らぬ人を見 るような目で見ていて…!? 玉依編、第4巻!


昨日の宣言どおり小説です。ラノベですけどね。
この時期、仕事が忙しくなるのでただでさえ厳しかった平日に一般書を読むということがさらに厳しくなってきています。
たぶん、3月半ばくらいまでは小説を紹介してもラノベや児童書が多くなると思います。


あらすじにもあるとおり、玉依編4冊目。
作者あとがきによると次巻が玉依編ラストになるようです。

玉依編は、肉体的には昌浩は傷つかないっぽいですね。
心の傷がメインのストーリーなのですね。


今回、昌浩は現実的にはほとんど眠っている状態です。
だから夢の中のできごとがほとんどなのですが、その夢の中で出てくる男にちょっとテンションあがってしまいました。

その男の正体は、榎岦斎。
晴明の唯一の友にして、道反の巫女を外へ連れ出し瘴穴を穿ってしまった人物。
そして、縛魂の術を使い紅蓮に理を犯させた人物ですね。

紅蓮や晴明では近すぎて示すことができなかったことを岦斎がやってのけるのですが、これって罪滅ぼし的な意味もあるんじゃないのかな、と。
死して50年とかたつはずなんですが、晴明の夢にすら一度も現れなかったらしいので。
昌浩が晴明の孫で後継であるから出張ってきたんだろうな。

でも、一度くらい晴明の夢に現れてほしいですよね。晴明は未だに友人だと思っているでしょうから。

これで昌浩はだいぶ救われたかな。
「傷ついていたことに気付いた」わけですから、ここは先は昌浩自身と時間がどうにかしていくしかないのでしょう。


そして、こちらも深く傷ついていた彰子。
彰子の考えがこぼされるわけですが、本当にお互いを思いすぎなんですよね。大事すぎるから考えすぎる。
こちらは風音と太陰がどうにかしてくれると信じています。

同じような経験をした風音と、神将だから心の機微がいまいちわからないらしいものの微妙に成長しているっぽい太陰がどうにかしてくれると信じています。
それにしても、あのタイミングで現れて彰子に反応しないで帰ってしまうとか彰子からしたらきついですよね。
あれは斎の術か何かのせいでああいうことになっているのでしょうが、それを彰子は知りませんからね。

そして、脩子からして昌浩は「前助けてくれた人」なわけですから安心してしまうというか、ついていきたくもなりますよね。
ちょっと浅慮な気もしますが、5歳(多分数え年だから実際は4歳?)だってことを考えれば仕方ないのかも。


そして、ちょくちょく斎が言っていた「神に背く」という内容が明らかになって今巻は終わり。
……明日読んでしまってもいいですか?
続きがすごく気になるので、明日読んじゃうかもしれません。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

少年陰陽師 刹那の静寂に横たわれ

少年陰陽師  刹那の静寂に横たわれ (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 刹那の静寂に横たわれ/結城光流
時は平安。傷ついた心を抱えた昌浩は、相棒もっくんといっしょに都で仕事に励む日々。そのこと晴明と彰子は、帝の娘・脩子とともに降りつづく雨を止めるため、伊勢へと向かっていた。
だがその途祐、彰子たちは脩子を狙った術師たちに襲われてしまう。一方、帝の娘を持つ少女・斎のもとに、このままだと昌浩の心が闇に囚われ、神を砕く力になってしまう、との神託がくだる――!! 人気シリーズ玉依編、運命の第三弾!


これが実は今年読んだ199冊目の小説だったりします。
200冊が目標だったので、これはもう達成したもの同然ですね。これから10日だとあと何冊も読めないだろうなぁ。


前巻は、内親王・脩子と晴明、彰子が伊勢へ行くことを了承したところまででしたか。

今回は彰子たちが伊勢に向かって出発します。
まあ、そのすぐあとに行成様がポロリとこぼしてしまったがために昌浩たちもあとを追う形になるんですけどね。

というか、行成様。いくら知らないからとはいえ、一番言っちゃダメな人に言っちゃっいましたね。
彰子のお父さんである道長様の前で「安倍家の姫君は昌浩の許婚である」とか。
これ道長様の心情がすごく知りたいです(笑)
もう大混乱でしょうね。


昌浩と彰子はお互いがお互いに思いやっているから、どうすることもできないんです。
読んでいて悲しくなってきます。
本当にお互いを大切に思うというのは、この2人まだ幼いからすごくほのぼのしているというか。微笑ましいというか。
普段はそんな感じだったんですが、だから今の状況がすごく痛々しいです。


危うい均衡を保つ昌浩。何かあったらまっさかさまに「落ちて」しまうであろう状況です。
それに対して、もっくんや晴明では近すぎるから昌浩に何か示してやることができない。
他の神将たちは人とは似て異なる存在だから最後のところで気持ちを理解するのが難しいんですよね。

これが勾陳あたりならまだどうにか出来そうな気もするのですが、勾陳は現在、冥府の管理に力を根こそぎ奪われて動くことが出来ないので難しいですね。
そして、勾陳がぶちぎれてるのとかちょっと見てみたいです。
次巻とかで登場して冥府の官吏に一発いれようとしてくれるといいな。
でも、冥府の官吏がやったことは確かに昌浩を食い止めているから、紅蓮あたりは怒っても手を出せないんじゃないのかな。

昌浩が力を求めて、天孤の炎に頼りそうになるっていうのを見て、ナルトのサスケを思い出しました。
初期の大蛇丸の呪印の話とかちょっと似ているな、と思いました。


脩子を手に入れようとする勢力が2つあってお互いに取り合っているわけですが、何がどうなっているのかよくわからなくて混乱してしまいます。
玉依姫と斎姫。天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)に地御柱(つちのみはしら)。

キーワードだけはいくつも登場していますがそれがどう繋がってくるのか。
次巻もまた楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

少年陰陽師 愁いの波を揺れ惑え

少年陰陽師  愁いの波に揺れ惑え (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 愁いの波に揺れ惑え/結城光流
時は平安。何日も止まない雨のように、昌浩の思いは晴れない。
そんななか斎宮が倒れ、異変がつづく伊勢から、天照大御神の依代として、帝の娘・脩子を連れてくるように天勅がくだった。
帝は、晴明と安倍家の娘である彰子に、脩子といっしょに伊勢に行って欲しいと言い出す。その直後、都では地震が起き、金色の龍があらわれた。昌浩は紅蓮とともに、龍を倒そうとするが――!? 激動の玉依編、第二弾!!


そういや少年陰陽師って最初の何作か紹介してないんですね。
記事数とあとがきにあるシリーズ通算何作目かってやつで思い出しました。


今回もまた昌浩は肉体的にはボロボロになってません。
でも精神的には昌浩はもちろん、彰子も結構ボロボロですね。
今まで気にしないようにしてきた出来事が今になって表層にあらわれてきているのですね。


今巻も比較的平穏ですね。
嵬と雑鬼たち、昌浩と敏次殿のやりとりだとか。

でも、不穏な雰囲気もひしひしと伝わってきます。

まずは、地震。
京都って地震少ないんですか?
ちょっとその辺くわしくないんですが、地震の少ないはずの京都で頻発する地震。
その地震に関わっているらしき、金色の龍。

金色の龍は地龍。
龍脈といえばわかるでしょうか。
その力が噴出すところが、龍穴であり、それはパワースポットなんかと呼ばれているもの、って解釈であってるかな?

それを元から絶つわけにもいかず、どうすべきか悩んでいるところに冥府の官吏がやってきて、一時的におさまるわけですが冥府の官吏が残した言葉が気になります。
「鬼に堕ちる」。
昌浩の状況が危ういのは冥府の官吏から見ても明らかなんだろうな。


彰子が伊勢に行くことを了承してるわけですが、傷ついていたのは昌浩だけじゃなかったんですね。
珂神編で目の前で彰子が攻撃されたことに傷ついたのと同じように、彰子もまた傷ついていた、と。
というのも、窮奇編で彰子は異邦の妖異に操られて昌浩を刺しているんですよ。
それをずっと抱えていた、と。

お互いがお互いをすごく大事に思っているからこそ空まわってしまうのでしょうね。
彰子よりも昌浩の方がすごく危うい感じですが、昌浩はちゃんと留まれるのか……。

玉依編はあと3巻。
これからどんどん辛い展開になってくると思うのですが、すごく楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR