忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】結城 光流」の記事一覧

少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ

少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ/結城光流
時は平安。昌浩達を襲った謎の術者・真鉄は、なんと風音の体と霊力を乗っ取っていた。非常な攻撃により、昌浩は瀕死の状態に。人間を傷つけてはならないため、思うように反撃できない神将達もまた酷い傷を負い、真鉄と、彼に従う妖狼・たゆらが、意識のない昌浩を連れ去るのを阻むことが出来なかった。予想もしなかった惨状を前に、安倍晴明は、ある決断をするが――!? いにしえの神の国・出雲を舞台にした珂神編、第二弾!!


本当は今日は図書館で借りてきた本を読もうと思っていたのですが、なんだか気がのらなくて。
そういや、今月まだ少年陰陽師読んでなかったなぁ、と思ったので。

前巻ではまだ決まっていなかった新章のタイトルは『珂神編』みたいですね。


今回は昌浩があんまり活躍しません。
まあ、重症でほぼ意識がない状態というか生死不明なので、仕方ないことではあるのですが。
本編はほぼ、真鉄&たゆらVS十二神将であり、昌浩を探す様子であり、って感じです。

前巻の最後で登場した風音。
風音は神の娘であったこともあり、傷ついた魂を長い時をかけて癒し、復活する予定だったとのこと。
それが六合の危機に、わが身を省みず覚醒してしまった、ってことらしいです。

早すぎる復活の弊害は何かありそうですが、仄めかされているだけでよくわかりませんね。


真鉄たちの崇める神の正体が明らかになります。
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)。
日本神話をよく知らない人でもこれはどこかで聞いたことないでしょうか。
8つの首をもつ大蛇の化け物をスサノオ(だったかな?)が退治した話。
てそのとき手に入れた剣が天叢雲剣であり草薙剣だって話。

その大蛇の制御できるのが祭祀王――珂神比古であるということらしいです。

昌浩を助け、友達になれたかもしれない比古が敵の王であったとは。
本当に昌浩の運命は読んでいてかわいそうになってきます。

昌浩に友達くらい作ってやれよ、と思わなくもないです。
元服前の友達とかいなかったのだろうか……。


少年陰陽師って、BLカップリングも結構好きなんですが、ノーマルカップリングも好きです。
昌浩と彰子はもちろん、朱雀と天一もまあまあ、玄武と太陰のちびっ子神将コンビも可愛くていいですよね。

今回は紅蓮と勾陳のやりとりが読んでいて非常に楽しかったです。
お互い信頼しあって、よく見ているのがわかります。


風音と六合が大蛇の毒で氾濫する滝に飛び込んだところで今巻は終了。
今巻はどうも中途半端な感じが否めないです。

早いうちに続きを読みたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ

少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ/結城光流
時は平安。久々に平和な日々を過ごしていた、安倍晴明の後継・昌浩。そんな中、以前お世話になった道反の巫女のもとにお礼に行こうと思いたった昌浩は、紅蓮らと共に出雲へと向かうことに。だが昌浩は知らなかった。ちょうどその頃、荒魂を甦らせるための鍵を手に入れんと、謎の襲撃者が道反の聖域に襲いかかっていたことを――!! またしても新たな敵が、昌浩たちの前に立ちはだかる!! 少年陰陽師・新章、ついに開始!!


新章突入の少年陰陽師です。
これ何編になるんですかね。あとがきとか作者コメントとかを読むかぎりこの時点ではまだ決まっていなかったみたいですね。
だから『新章』。

舞台は再び道反です。
晴明にとっても、昌浩にとっても、十二神将たちにとっても道反は苦い思い出の地です。

でも、道反の丸玉がなければ昌浩は見鬼が失われたままで、天狐の力が暴走してしまうわけですからね。
お礼に行きたいという昌浩の思いもわからなくもない。


道反に行く前、都での敏次殿とのやりとりが読んでいて楽しかったです。
昌浩にとって敏次殿は尊敬すべき先輩な訳なんですが、もっくんにとってはそういうわけにはいかないんですよね。

多分、もっくんは昌浩の力が正当に評価されていないことが嫌なのかな、と今回読んでいて思いました。
人に知られることこそありませんが、昌浩は安倍晴明の唯一の後継で、人知れず辛い目にも遭いながらも頑張っているわけです。
それを知らない敏次殿に見当違いな注意をされることが我慢ならないんだろうなぁ。

あとは勾陳ともっくんのやりとりも好きでした。
男は女に口でかなわないのは人も神将も変わらないんですね(笑)

雑鬼たちが遊んでいる様はとても可愛らしかったです。
ようはブランコを作ろうとしてるわけなんですが、平安時代の話ですからね。ブランコとはいえないよな(笑)


終盤のあのシーンには本当にびっくりしました。
確かに六合と風音はそれっぽかったし、だからこそ守護妖たちのあの反応だったのでしょう。
でもまさか、あの中にあるとは……。

私、守護妖たちが意外と好きです。
見てくれはともかく行動とかは非常に微笑ましい気分になります。
それに小説なので、見てくれはそこまで気になりませんしね。


今回は、新章が始まったばかりなので、敵の正体もいまいちわからないままです。
祭祀王の末裔とされていますが、祭祀王がわからないので意味がないというかそんな感じ。
道反から奪われたものもまだボカされてますしね。

というか、新章はじまったばっかであるにも関わらずもうすでに昌浩はボロボロなんですけど、これから先どれだけボロボロになるんだろう……。
次巻も楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

少年陰陽師 其はなよ竹の姫のごとく

少年陰陽師 其はなよ竹の姫のごとく (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 其はなよ竹の姫のごとく/結城光流
時は平安。稀代の陰陽師・晴明の孫である安倍昌浩は、兄の成親と一緒に、魔物に狙われている左大臣道長の息子・鶴君の護衛をすることになる。が、この鶴君、実はとんでもないわがまま若君で…(「玄の幻妖を討て」)。今をさること十年前。安倍家の長男・成親と“なよ竹の姫”と名高い美しい姫君との結婚秘話が明らかに…!?(「其はなよ竹の姫のごとく」)など計四作を収録した、大人気安倍家三兄弟が大活躍の短編集!!


地震とか津波とか皆さん大丈夫でしょうか?
私の住む地域には大津波警報が発令されているんですが、海沿いに住んでるわけでもなんでもないので、役所のサイレンとテレビのニュースに恐怖心をあおられている状況です。

夜が明けないことにはどんな状況になっているのかもよくわからないですね。


『玄の幻妖を討て』
安倍三兄弟が、左大臣の息子を守る話。

左大臣の息子=彰子の兄弟です。
正確には彰子の弟・鶴君(たづきみ)。

鶴君はとっても我がままな若様です。幼いことは幼いんです。
9歳だったかな? 数え年でしょうから実際は8歳とかそんなもの。

幻妖に襲われるんですが、けっこう自業自得。
最後、昌浩にゲンコツ食らわされるんですが、致し方ないですね。

体罰とかそういう問題じゃなく、体に覚えさせなきゃいけないことってあると思う人間なので、ああいうことはちゃんとやるべきかと。

小さいころの昌浩を叱る紅蓮がなんかいいなぁ、と思いました。


『触らぬ神に祟りあり』
少納言の息子が祟られる話。

かつてはちゃんと祀られていたであろう祠を蹴り倒してしまうとか本当にバカです。

高於の神への供物で懐が寂しくなってしまう昌浩に思わず笑ってしまいました。
確かに高於の神は厳しい人でありますが、

『その理由は誰知らず』
昌浩の兄・昌親宅に狒狒があらわれ襲われる話。

もっくんが赤子を避ける理由とかそういうものが説明されています。
アニメでは最後、昌浩がもっくんに小姫を近づける――という描写があったと思うのですが、あれにちょっと違和感。

紅蓮に近づけても小姫が泣かなければ、昌浩の特殊性というか「晴明の後継」としての価値というかそういうものが失われてしまいます。
神気が抑制された物の怪姿だったから泣かなかったってとなのかな?

実はこの話が勾陳初登場話だったんですね。
風音編から普通に登場してるので、勾陳じゃないですけど「私はよく知っているから、あまりそういう気がしない」です。


『其はなよ竹の姫のごとく』
昌浩の兄・成親の結婚秘話。

なよ竹の姫=かぐや姫のことなんですが、そう呼ばれる姫君と、成親の話です。

この話、読むのは3回目くらいなんですが、今回はじめて気づいたことがあります。
それというのも、姫の幼なじみで文の相手って行成様だったんですね。
まったく気づいてませんでした。

姫が可愛らしかったです。
それにしても、成親って性格悪いなぁ(笑)

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR