忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】結城 光流」の記事一覧

少年陰陽師 祈りの糸をより結べ

少年陰陽師  祈りの糸をより結べ (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 祈りの糸をより結べ/結城光流
時は平安。昌浩が見つけ出した天狗の子・疾風には、翼を壊死させ、死に至らせるという恐ろしい外法がかけられていた。颯峰とその叔父・伊吹は疾風にかけられた外法と解いてくれと、晴明がいない安倍邸に空から乗り込んできた。だが、そのためにはひとの身では一刻ともたないと言われる天狗の郷・愛宕に入らなければならない! 紅蓮、朱雀とともに愛宕に向かった昌浩だったけれど……!?大人気シリーズ<颯峰編>第二弾!!


ちょっと久しぶりな気がしたんですが、そうでもなかったですね。
前巻を紹介したのは6月のことだったんで。


今回は颯峰編第2弾ということで天狗の話です。
前巻で行方不明となっていた天狗の子・疾風(はやち)を見つけ出し都ごと吹き飛ばされるのはなんとか阻止したんですよね。

今巻は疾風にかけられた外法を解くにはどうしたらいいのだろう、と昌浩が悩みまくる話です。


前巻の感想の時に、「十二神将のうち誰がどこにいるのかわからない」とか書いてるんですが、今巻でだいたい把握できたかな。
まず安倍邸にいるのが、紅蓮、勾陳、朱雀、天一、天空。
安倍邸付近の異界に太裳はいるよう。
伊勢にいるのが六合、太陰、青龍。
青龍は動けるようになったところ無言で伊勢に向かったようです。
そして、白虎は雑鬼たちをつれて伊勢に行き、それに玄武もついていったよう。
天后はまだ回復しきれてないのかな?ちょっと不明です。


今回もまた、颯峰がかわいくて仕方なかったです。
なんていったらいいのかな。
作中でもっくんが言っているのですが、颯峰はちょっと前の昌浩に似ているんだとか。
ちょっと不器用で、でも一生懸命なまっすぐで素直ないい子。
もっくんの「どさくさに紛れて」云々に対して返した「そのような真似はせぬ!」に対する言葉「そうだろうさ、お前はな」ってのでもわかりますよね。
颯峰は昌浩を預けても安全と思われているんですよね。

今回、新たに天狗たちが登場しています。
まずは伊吹。あらすじにもある通り、颯峰の叔父で、隻腕。しかしながらかなりの強者で曲者っぽい。
口許は笑っていても昌浩のことがっつりはかっていたんだろうなぁ。

そんでもってもう1人。颯峰と同じく疾風の守り役である飄舞。
この人にはなにやら裏があるようで、もっくんや朱雀は疑っているようなんですが昌浩は良くも悪くも疑うことを知らないから……。


今巻は、疾風にかかる外法を形代紅蓮と勾陳が天狗たちの里に招かれ、不本意ながら里へ赴いたってところで終了。
最後のセリフがめちゃくちゃ不穏なんですが、いったいどうなってしまうのでしょうか。
楽しみです。

拍手[0回]

少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ

少年陰陽師  嵐の剣を吹き降ろせ (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ/結城光流
時は平安。稀代の大陰陽師・安倍晴明の末の孫の昌浩は、まだまだ修行中の半人前。雑鬼たちにからかわれながらも、物の怪のもっくんとともに都で出仕に励む日々。ところが、藤原行成の邸に星が落ちた日から、都では嵐のような風が吹き荒れはじめる。その風は、いなくなった総領の子供を捜している天狗たちが起こしているものだった!! 昌浩ともっくんは、子天狗を捜し出そうとするけれど――!? 新章<颯峰編>、開幕!!


結構久しぶりの少年陰陽師です。
この間ようやく購入したので、早速読みました。


今回は新章・颯峰(さやみね)編。
珂神編、玉依編と肉体的にも精神的にも痛い展開が続いていたんで、すごく平和だなぁ、と。
いや、4日後に都ごと吹き飛ばすとか言われているんで、平和というには語弊があるんですけど。
昌浩の状態だけ見たら寝不足になっただけですから、どうってことないですよね。


今回は読んでいて非常に楽しかったです。
掛け合いというか、会話が楽しくて可愛くて。

昌浩ともっくん、昌浩と敏次殿と敏次殿に文句がいいたいもっくん、雑鬼と昌浩、雑鬼ともっくんといった字面だけでもやりとりが楽しいとわかるキャラの会話が多いんです。
惜しむべくは、彰子もじいさまも未だ伊勢に滞在しているので、その2人との会話がないことくらいでしょうか。
あとじいさまについて行っている神将たちも登場しませんね。

正直、誰が伊勢にいて、誰が寝込んでいて、実質動けるのが誰なのかほとんど把握できていません。
都にいるのがはっきりしているのは、紅蓮、勾陳、白虎、そして天空。
伊勢は、六合と太陰。玄武と天一ってこっちでしたっけ?
冥官に力をごっそり持ってかれてまだ動けないのが朱雀、天后。
朱雀あたりはもうすぐ回復するとのこと。白虎や勾陳あたりはもう元気なので、青龍ももう大丈夫だとは思うのですがまあまず出てこないでしょうね。
大裳はそう出てくるキャラじゃないからまあいいのかな?


昌浩が敏次殿言った言葉。
「敏次殿の占は、俺にとってはじい様の次です!」(p198)
私はびっくりしてしまったのですが、敏次殿は一人称を注意して終わっています。
これってすごいことですよね?
昌浩の周りは超一流である晴明をはじめ、一流所がそろっています。
その一流を差し置いて2番目って言われているのだから喜んでもいいんじゃないのかなーと思うのですが。

今回登場するのは天狗。
天狗の子・疾風(はやち)を探す天狗たちが登場します。
その疾風の守り役である颯峰がメインになるんだと思われます。
ちゃんと接触したの颯峰と疾風様だけだし、颯峰編って名前だし。
最後の無茶した昌浩を心配する颯峰に萌えました(笑)

今巻は、疾風様を見つけ、外法の進行を止めたってところで終了。術自体は解けていないので一件落着というにはまだ早いですね。

昌浩が、雑鬼たちにつぶされもしなかったし(というか雑鬼たちがもうつぶさないっていっていてすごく残念)、このシリーズは昌浩の成長が顕著に描かれる話なのかな。
神将たちが晴明と比べてああだこうだっていっているシーンも多いし。
玉依編で吹っ切れたことで、昌浩はいい意味で変わったんでしょうね。

次巻もまた楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

少年陰陽師 彼方のときを見はるかせ

少年陰陽師  彼方のときを見はるかせ (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 彼方のときを見はるかせ/結城光流
時は平安。心の傷を癒やすため、玉依姫のもとにつれてこられた昌浩。だが、祈りを捧げつづけてきた玉依姫の最期の力が途絶え、気脈の化身である金色の龍がふたたび暴れ出してしまう。昌浩は神の力を取り戻すため、紅蓮といっしょに龍を倒し、地御柱をおおう邪念を断ち切ろうとする。そこで昌浩が目にした本当の敵とは――!? いま、玉依姫をめぐる哀しい真実が明らかになる。玉依編、完結!!


昨日言っていたとおり、少年陰陽師玉依編最終巻です。
やっぱり一気に読みたくなってしまいますね。

でも、これで少年陰陽師の買い置きがなくなってしまったので、続編を買いに行かなければ。
けど地元の本屋には置いてないので(いつの間にか売り場が縮小されていて……)ネットで買うか、遠出したときに買ってくるかしないといけませんね。


今回はあさぎさんのカットにテンションがあがってしまいました。
えっとですね、現実ではありえない岦斎と昌浩のツーショットとか、紅蓮と益荒が一緒に戦う様子だとかその辺。

こういう少年漫画的な展開は文章だけでなく、映像で見たくなってしまいますね。
特に紅蓮と益荒のやりとりのところ。
普通にかっこいいです。


斎や、邪念の正体だとか明らかになります。
「役立たずの物忌み」と忌み嫌われてきた斎。
しかし、斎にはちゃんと力があったのです。その力を抑え制限してしまったのは斎を忌み嫌ってきた度会たちのせいだった、と。

こちらもまた、玉依姫を思うがゆえの出来事だったのでしょう。
でも、度会たちは取り返しのつかないことをしてしまったわけですね。


それにしても、今回は精神の成長に重きを置いていますから、なんとなく物足りなく感じてしまいました。
昌浩がめずらしく怪我してませんからね。
昌浩がボロボロになることが普通になってしまっている自分がいます(笑)


昌浩と、彰子。
2人が精神的にうまく成長してくれたわけですが、改めて考えたらこの子たち12、3歳なんですよね。
仕方ないこととはいえ波乱万丈すぎる。
まだ幼いわけですし、今回みたく揺れまくるのも仕方ないことなんだろうな、と。

最後、昌浩が彰子のもとに向かったエンドが好きです。多分、1冊通して一気に読んだら泣いていたんじゃないかな。
時間の都合上、最後だけ時間空いてしまったので泣くに泣けなかったのがちょっと残念。


そういや、今回はゲストキャラが多いからなのか十二神将があまり登場しないのですが、勾陳がすごい。
勾陳自体は冥府の官吏に力を奪われてしまったから途中退場してそれ以降登場してないんですよ。
ですが、ぶちギレているらしいことが他の神将たちの反応から伝わってきて(笑)
けっきょくその様子は描かれていないのですが、めちゃくちゃ気になりました。


作者あとがきによると次巻は長編後恒例の短編集ではなく、長編になるようです。
楽しみですが、まずは続きを購入しないと。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR