忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】結城 光流」の記事一覧

少年陰陽師 数多のおそれをぬぐい去れ

数多のおそれをぬぐい去れ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 数多のおそれをぬぐい去れ/結城光流
時は平安。出雲での戦いからひと月。昌浩が戻った都は、不穏な気配につつまれていた。何日も止まない長雨、内裏の上空に感じられる奇妙な渦……。確かめるため、内裏の一角に入り込んだ昌浩と物の怪は、十二神将に似た出で立ちの女に出会うが…!? その頃、雨に霞む岸壁に“帝の姫”を心待ちにする幼い少女と、付き従う若者の姿があった。見えざる力は、やがて帝を動かし――!? 絶好調シリーズ、新章“玉依編”スタート!!


結構久しぶりな気がする少年陰陽師です。先月読んでいないのも確かなんですが、前作とその前もどちらも本編じゃなかったので(短編集と外伝作品)、本編は5月以来とけっこう間開いてるからそう思ったのかな?


あらすじにもあるとおり、今回から新章です。
玉依編とのことなのですが、まだ序章にしかすぎず、玉依が何を指しているのか、ここからどう動いていくのかまだよくわかりません。

今回登場人物が多い気がします。
シリーズが長く続いているから出来ることなんでしょうけど、初っ端から視点変更が多くてちょっと混乱しかけてしまいました。
新キャラも多いなぁ。
昌浩と接触したキャラこそ少ないですが、あんまり一度に出されると覚え切れませんorz


いつも酷い目にあってボロボロになる昌浩ですが、今巻は全然痛い目にあってないです。
どちらかといえば、姫宮・脩子の方が可哀相なめにあっている気がします。
まだ幼いのに、母が病にふせっているからと甘えられなくて、恐怖に震えていて……、と。

不穏な気配こそしているものの、まだ昌浩に害が及ぶような事態には陥ってません。
どちらかというとちょっとほのぼの。
もっくんが敏次殿を敵視するのはいつものことなんですが、怒声に驚いて昌親兄上がやってきたりとか、
身長が伸びなくて彰子と身長があまり変わらないことを気にしたりとか。
昌浩も彰子もまだ成長期だからどちらもまだ伸びると思いますよ(笑)


謎の女が内裏に潜り込んでいたり、晴明のもとに勅命がくだったりいろいろネタは仕込まれているんですが、まだシリーズはじめですからね。
きっと物語が進むにつれ、精神的にも肉体的にもボロボロになるんだろうなぁ。


昌浩と彰子の間が微妙にギクシャクしています。
というのも、珂神編にて彰子は昌浩をかばって、敵に倒されるんです。
それは魂だけが彰子のもので、器は偽者だったから彰子の身に傷が残ることだとかそういうことはなかったんです。
でも、何に変えても彰子を守りたいと思っている昌浩にとって、それはとてもショックな出来事で。
お互いにお互いを気遣っているから近寄れなくなってしまっているのだな、と。

その状況でさらに、昌浩と彰子を引き離そうとしているのですから、結城さんは本当にSです(笑)
まあ、この二人ならたとえ引き離されたとしてもちゃんと元の、いやそれ以上の関係になれると信じています。

次巻は来月中に紹介したいなぁ。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

少年陰陽師 思いやれども行くかたもなし

思いやれども行くかたもなし―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 思いやれども行くかたもなし/結城光流
時は平安。稀代の陰陽師・安倍晴明の後継として数々の妖と戦っている昌浩も、普段は陰陽寮の直丁として勉強中の身。昌浩と先輩陰陽生・敏次の二人で、右大臣・行成に対する呪詛返しに乗り出すことになったけれど…!?(「百鬼夜行の蠢く場所は」)、道返しの聖域に訪れた比古神が、力を貸した見返りに風音を妻によこせという。普段は感情を出さない陸傲だが…?(「それはこの手の中に」)、など計四作収録の大人気シリーズ待望の短編集!!


命令形ではない作品=短編集ということで、あらすじにもあるとおり、4作品を収録しています。
時系列はけっこうバラバラな感じ。
天孤編後~珂神編後までなのかな?
あまり時系列は気にせずともいいかもしれませんけど。


『百鬼夜行の蠢く場所は』
昌浩と敏次殿が呪詛返しに赴きます。

呪詛の矛先は行成様ですからね。昌浩も敏次殿も行成様のこと好きですからね。

相変わらずもっくんは敏次殿のことが気に食わないんですよね。
仕方の無いことはいえ、昌浩は一族以外にはほとんど過小評価されています。

もっくんからすると「昌浩はお前なんぞより数段すごいんだ!」ってことなんですよね。
でも、敏次殿のいっていることは間違っているわけではないから、昌浩は素直に聞き入れるからそれが余計もっくんにとっては気に食わないのかも。

タイトルの『百鬼夜行が蠢く場所は』は内裏の意。
政をしていくさいに、足の引っ張り合いだとか謀略だとかそういうものが多数ありますからね……。

昌浩や敏次殿はちょっと真っ直ぐすぎるので、今はまだ内裏の黒い部分には触れられないだろうなぁ。


『思いやれども行くかたもなし』
玄武の淡い恋の話。

玄武は「恋」であるということは自覚していないのですが、あれは恋だよなぁ。
汐姫は視覚と引き換えに見鬼の才を失う訳ですが、彼女の母は巫女筋だったってことを考えれば、成長したときにまた見鬼の才が発現してくれたらいいのになぁとか思いました。

この話があったから珂神編の最初の方で「元気がない」描写がされていたんですね。

あとがきによると汐姫は再登場の可能性があるみたいですし、楽しみですね。


『疾きこと嵐の如く』
太陰と大陸の神仙・巽二郎の話。

巽二郎というのは役称で、巽二郎となるための試験中の風伯(風の神さまのこと)が登場します。
その巽二郎が太陰たちの協力を得て、異邦の妖異である酸与を捕まえます。

彼は太陰にお礼というか、なんというか言いたかったようですが、もじもじし続ける巽二郎にしびれをきらして、風で大陸へ向けて飛ばしてしまいます。
彼もまた登場してくれないかなー。


『それはこの手の中に』
道反での一幕。

これは完璧、珂神編後の出来事ですね。
なんというか六合が可哀相です(笑)
道反の守護妖たちからしたら、清明や十二神将は恩人なわけじゃないですか。
大蛇を退治したり、道反に平穏をもたらしたり、風音の宿体を取り戻したり大活躍してますからね。

でも、六合は別。だって目に入れても痛くない大事な姫をかっさらっていってしまった男だから(笑)
六合のことは気に入らないまでも、比古神よりはマシだと思われているのだからまだいいと思うべきなんでしょうかね。

風音が大事にされている娘であるってことから、風音と六合の今後は大変そうです。
でも、六合は粘り強くどうにかしてしまいそうですね。



次巻からは新章ですか?
楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

少年陰陽師 翼よいま、天へ還れ

翼よいま、天(そら)へ還れ―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 翼よいま、天(そら)へ還れ/結城光流
時は平安。昌浩達の活躍により、平和を取り戻したかに見えた都。だが、その上空には、見慣れぬ異形の姿があった。兄・成親が妖に襲われて怪我を負い、安倍邸に身を寄せる彰子のもとにも、不気味な声が近づく。徐々に不穏な影が濃くなる中、昌浩ともっくんが遭遇した敵とは…!? そしてその戦いの裏に隠された悲しい一族の運命とは…!
“窮奇編”のその後を描くシリーズ初の外伝登場!


読んでいてこの作品の時間軸が気になりました。
窮奇編以後、風音編以前だとは思うのですが昌浩が勾陳にはじめてあったのっていつだっけ?とか考えながら読んでました。

少年陰陽師 翼よいま、天へ還れ(通常版)翼よいま、天へ還れ(PS2ソフト)
このゲームを元に作られた作品です。
ゲームと同一の設定、登場人物を用いているものの、ゲームとはまったく別物だそうです。
ゲームをプレイしたことなくても楽しめると思います。
かくいう私もやったことないです。
多分これから先もやることないと思います。


今回の敵は彰子の身のうちに呪詛を残した異邦の妖異窮奇の弟・嶺奇とその配下たち。
昌浩がぼろぼろになって倒したはずのゴウエツや蛮蛮、顎、シュンどころか窮奇さえも復活して――とかなり盛りだくさんな内容です。
新顔は鳴蛇と嶺奇くらいかな。

鳴蛇は敬語のドSで名の通り蛇。
嶺奇は窮奇の弟で、窮奇に封じ込められていたとのこと。


あとは敵ではありませんが、天馬たち。
私、途中まで天馬という文字の印象だけでペガサスとかユニコーンみたいな想像をしていたのですが、「犬のような状に翼を具えた妖異。大きさは馬ほどもある。」という描写だとちょっと違うかなーって気がしてきてしまいました。
でもWikipediaで調べてみると天馬=ペガサスでもあるんですよね。
うーん、いまいちよくわからないです。


時間軸的にまだ昌浩が実力的にも精神的にもちょっと弱いんですよね。
なので、自分があれだけボロボロになって命がけで辛くも倒した敵をあっさり倒してしまった晴明を見て落ち込んでしまったりするんです。
本当に昌浩にとって晴明は超えるべき目標でありますが、まだまだ偉大すぎるんですよね。


今回もしかして神将全員登場してました?
えっと、紅蓮、勾陳、六合、青龍、天一、玄武、朱雀、太陰、白虎、天后、大裳、そして天空。
天空は声だけですけどね。

これは外伝だから出来ることですね。
そんな人まずいないと思いますが原作を読まずにいきなりこれ読んだら把握できなさそう。
アニメ見てても大裳とかほぼ出番ないからわからないですよ。


自分と彰子の体格だとかをみて「どうやって運ぼうか」考えて固まってしまう昌浩とか可愛かったです。
晴明も兄上たちも大きいからきっと昌浩も大きくなるんじゃないかなーと思います。
まあそうなったら少年じゃなくなってしまいそうですけどね(笑)

ちょっと詰め込みすぎ(主に登場人物)な印象も受けましたが、おもしろかったです。
「昌浩は大怪我しながら頑張っていないとダメ!」って人にはあんまり勧められませんけど。
今回は1冊で終わりなのでそんな昌浩はほぼ無傷です。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR