忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】はやみね かおる」の記事一覧

都会のトム&ソーヤ 3 いつになったら作戦終了?

都会のトム&ソーヤ (3) いつになったら作戦終了?     YA! ENTERTAINMENT都会のトム&ソーヤ 3 いつになったら作戦(ミッション)終了?/はやみねかおる
究極のゲーム作りをめざす創也とその夢を応援する内人。
天才的頭脳とサバイバル能力を武器にして都会を舞台に繰り広げられる新・冒険ストーリー。

文化祭に銀行強盗が乱入して大パニック。その陰に潜む新たなる敵、頭脳集団(プランナ)! 創也の頭脳と内人の技がこの事件に立ち向かう。
卓也の日常ものぞけるシリーズ最新作。


実はこの本ではやみねさんの作品を紹介するのは10作目だったりします。
でもシリーズ全作紹介してるものとか結構あるので、そこまですごくはないんですけどね。


今回も2部+αです。
はやみねさんの作品としてはいつものことですね。

前巻のあとがきで書かれていた女の子をデートに誘う『S計画(プロジェクトS)』と文化祭の話を描いた『ミッション・イン・スクールフェスティバル』がメイン。
おまけに『ボウリングやっほ~!』、幕間『二階堂卓也、参る!』が収録されています。


読んでいて思ったのですが、はやみねさんってイチョウの木好きなんですかね。
夢水清志郎シリーズの亜衣ちゃんたちが通う虹北学園にもイチョウの木ありましたよね?『亡霊』で出てきた人喰いイチョウ。今回もイチョウの木が登場したのであれ?と思ってしまいました。


『計画S』は小さなカップルが可愛らしかったです。
でも我毛兄弟はイラつくなぁ。
正太郎はまだあの年齢だからまだ許せますけどね。

堀越Dはもう少し手段を選ぶべきだと思うんですが、憎めない。本当に得な人です。


『ミッション・イン・スクールフェスティバル』はいつもどおりではあるものの、新たな情報も明かされています。

内人が女の子に頼られるわけなんですが、それはあくまでお願いであって告白にはならないんですよね……。
内人はいい子なんですが、頼れるいい人で止まってしまうんですよね。
そういう点でも“ドラえもん”ですよね。
ドラえもんに頼ることはあっても告白するってことはまずないじゃないですか。
でも、それでも内人に告白する子が現れたのならその子は本気なんだろうな。

作中の卓也さんのセリフ「子どもの純粋な願いをかなえられないようなら、わたしは『大人』の看板をおろしますよ」ってのは作者の一番いいたいことなのかな、と。

夢水シリーズの「誰もが幸せになるような推理」もそうですが、はやみねさんの作品は本当に子どものことを考えた作品なんですよね。
やっぱり好きだなぁ。

謎の犯罪計画立案組織・頭脳集団(プランナ)も登場し、創也のゲーム作りもちょっと壁にぶちあたっていたりとちょっと緊迫しつつも内人と創也の冒険はまだまだ続きます。
次はどんな話だったかなぁ。楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

ギヤマン壺の謎 名探偵夢水清志郎事件ノート

ギヤマン壺の謎<名探偵夢水清志郎事件ノート外伝> (講談社文庫)
ギヤマン壺の謎 名探偵夢水清志郎事件ノート/はやみねかおる
l黒船あらわる時代。長崎の出島で、効果なギヤマンの壺が蔵から消えた。“密室”の謎を鮮やかに解いてみせたのは黒ずくめの怪しい男夢水清志郎左右衛門だった。土佐弁の愉快な侍と道中をともにし、江戸に着いた彼は三姉妹が大家の割長屋で暮らすことに。みんなを幸せにする夢水シリーズ、痛快番外大江戸編!!


実はけっこう久しぶりな夢水清志郎シリーズです。
はやみねさんの作品自体は結構読んでるのですが、ここ最近都会トム読んでましたからね。
今回は番外編ではありますが、上下巻なので次巻は近いうちに読んでしまいたいと思います。


今回は小さな謎がたくさん詰め込まれています。
読んでいて「こんなに一杯あったっけ?」と思ってました。

でも、その全てが伏線になるんじゃなかったかな。
おおまかなストーリーは覚えているのですが、細かなところは忘れてしまっています。


今回、亜衣ちゃんたち三姉妹やレーチ、伊藤(真里)さんみたいなシリーズ既存キャラだけではなく、歴史上の人物も登場しています。

大河ドラマとかで主役はれちゃうような人物たちなのですが、その人たちの生き様を全肯定することはない。
特に新撰組なんかはその傾向が強いですね。
巧之介さんのセリフに全てが込められているように感じます。

「どんなに正義のためであっても、下手に刀を使えば、命が消えます。それでは、不幸が生まれることがあったとしても、幸せが生まれることはありません」(p147)
「幸せ」。これが夢水シリーズにおける最重要テーマなんですよね。
教授が何度も言っているとおり、名探偵っていうのはみんなが幸せになれるように事件を解決する人のこと。
とても深いなぁ、と思いました。


梅太郎さんの正体はこの時点ではまだ明かされていません。
でもこれってあの人ですよね。土佐弁で銃を使う人物……。
あれですよ、最近ジャンプ本誌で銀魂に何十巻ぶりに再登場したあの人のモデルとなった人物ですね。

まあこの人のことは次巻でもう少し語られると思うので、あんまり触れないでおきます。


あとはそうですね。
怪盗九印についても少し触れておきましょうか。
上巻の時点では名前だけしか出ていませんが、はやみねさんの作品が好きな人なら「あれ?」と思う名前ですよね。
夢水シリーズと両翼を担うといってもいいでしょう。怪盗クイーンシリーズ。
九印とクイーンの関係も次巻で明かされるのかな。
まあ、私クイーンシリーズって初期3作くらいしか読んでないので、最近の話まったくわからないんですけどね。

図書館で購入してくれないんですよ……。なので夢水シリーズ同様、クイーンシリーズの文庫化も首を長くして待ってます。


あとがきでも触れられていますが、次巻はレーチが江戸にやってきたり、江戸城を消したりと大騒動!
何度か読んでますが、細かいところは忘れてしまっているのですごく楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

都会のトム&ソーヤ 2 乱!RUN!ラン!

都会のトム&ソーヤ (2) 乱!RUN!ラン!     YA! ENTERTAINMENT都会のトム&ソーヤ 2 乱!RUN!ラン!/はやみねかおる
廃ビルの砦にこもって、究極のゲーム作りをめざす創也は、ライバルの天才ゲーム作家に会うため、手がかりを追ってデパートへ。
しかし、そこで待っていたものは……。
サバイバルの天才、内人を相棒に、都会の中で、新たな冒険がはじまる。


実ははやみねさんの作品って2ヶ月ぶりだったんですね。そんな感じしなかったのですが。
毎度のことながら、はやみねさんの作品は同レーベルの中でも群を抜いて分厚いのですが、それでも一気に読めてしまうのですからすごいですよね。


今回の冒険の舞台は、閉店後のデパートと栗井栄太の『ゲームの館』です。
いつものごとく、3部構成です。
デパートでの冒険を描いた『鬼ごっこ Day and Night 』
幕間『わたしを音楽室につれてって』
栗井栄太の招待に応じる『ゲームの館』の3部が収録されています。

あとがきによると、内人が堀越美晴ちゃんをデートに誘う話もあったらしいのですが、それは丸々カットされたみたいです。
その辺もはやみねさんらしいですよねー。ちなみにそれは別の巻に収録されていたはずです。


まず『鬼ごっこ』
竜王デパート南T店の甘栗のCMが発端です。

法則性のない通常とは違う甘栗CMの理由を探りに深夜のデパートで鬼ごっこ、というかかくれんぼを行います。

創也が侵入手段しか考えないのもいつもの通り。
脱出の術はすべて内人に任せるわけですが、それに答えられる内人もすごいです(笑)

はじめて読んだとき、創也の口から語られる雑学に内人と同じく「へえ」と。
君が代の2番には本当にびっくりです。
こういう豆知識も好きです。


『わたしを音楽室につれてって』は音楽室野球の話です。
正直、私が通っていた学校ではそういうことはやらなかったので、想像でしかないのですが、楽しそうです。

壷が割れた理由を論理的に説明する創也ですが、そのとき内人の工作したあとをこっそり消したりしてるんです。
それを内人に感謝されて照れてるというか居心地悪そうにしてる創也がかわいかったです。


『ゲームの館』にて栗井栄太作のゲーム『ルージュ・レーブ』を探す話。
正直、この話は展開を覚えていたのですが、それでも楽しめました。

栗井栄太の正体を知り、ライバルとして認識された創也。
今まで1人で頑張ってきた創也がようやく内人を仲間だ、と言葉にしたのかな?
そういうの好きだなぁ。

ちょっと気になったこと。
前巻で語っておけばよかったのですが、ふと思ったので。
郵便屋さんが砦の入り口で引っかかっていたんですよね。それってもしかして砦の入り口は小さすぎて、成長したら入れなくなるってことなのかな。
つまり、あの砦で『守る』ことが出来るのはあと数年の出来事ってことなのかな、と。
それまでに創也が飛び立てればいいんですけどね。

あと気になったのはジュリエットの設定ですよ。
ジュリアスの女装時の別人格であるジュリエット。
ジュリエットはジュリアスとはなればなれで育った双子の妹で大阪で育ったから大阪弁を操る――ってことらしいんですけど、これまんま双子探偵の真衣じゃないですか。
まあ、双子探偵の原作=夢水清志郎シリーズ=はやみねさん作ですからあんまり問題ないのかもしれませんけど。

あとはそうですね。
R・RPG(リアル・ロールプレイングゲーム)について語られたとき、私が1番最初に思い出したのはよろず屋東海道本舗で登場するゲームでした。
結構後の方の巻だったと思うのですが、あちこち走り回って課題をクリアしていく、ってのじゃなかったかな?
確かにああいうのは楽しそうですよね。


次巻もまたどんな冒険をしてくれるのか楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR