忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】香月 日輪」の記事一覧

妖怪アパートの幽雅な日常 1

妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常 1/香月日輪
ひとりぐらしの始まりは、妖怪たちのすむ奇妙なアパート――。
違う世界や違う価値観があってこそ、世の中はオモシロイ!


今日の朝刊に講談社文庫の新刊案内がのっていたんです。
そこで妖アパが大きく扱われていて読みたくなってひっぱりだしました。
文庫最新刊は5巻。千晶登場。そりゃ大きく取り上げるわけです。


ストーリーは簡単に言うと、主人公の夕士が妖怪アパートこそ寿荘に移り住み様々な出来事や考え方に触れて成長していく話。

正直、プチや千晶の印象が非常に強く、1巻ってあまり印象に残っていなかったというか、おもしろくないような気がしていたんです。
気のせいでした。普通におもしろい。

長谷や千晶が活躍するようになると、腐女子に非常に嬉しい展開が待ち受けているんです。
萌えた記憶ばかりが残っていたからそういう要素があまりない1巻の印象が薄いんですね。


そして驚いたのが、田代ちゃんが夕士のことを「稲葉くん」って呼んでるんです。
そうですよね。このときはただのクラブ仲間なだけだったんですよね。
このシンクロがあったからああも夕士に構ってくるようになったんでした。すっかり忘れてました。


香月さん作品に多く見られる対比。
今回は「お母さん」と「ぐれる」。

もう会うことも出来ない夕士のお母さんと妄執とでもいうべきでしょうか。自身の存在すら忘れてもクリのことだけは覚えているクリの母親。

あれは本当に悲しい。
実の親子なのに、実の親子だからこその出来事。
夕士にとって辛い経験だったでしょう。
でも、泣くことが出来たっていうのはとてもよかったのではないでしょうか。

クリが持つたくさんのお父さんとお母さん。
夕士もまさか自分が1番のママになるとは思ってなかっただろうなぁ(笑)


そして「ぐれる」。
夕士のクラスメートだった竹中。
見事に転落していってしまった彼を見て夕士は「自分もこうなったかも」と思うわけですが、ぜったいそうはならなかっただろうな。
長谷が殴って止めたと思う。


毎度のことながら、香月さんの他作品の関係性について。
妖怪アパートがあるのは鷹ノ台。これは地獄堂でも登場してましたね。
リョーチンのおつかい先か何かでしたっけ?
イラズの森の近くにあるもよう。

そして、龍さん。
私、妖アパを先に読んで、完全版地獄堂を読んだくちです。
なので、地獄堂の蒼龍さんの情けなさにびっくりした覚えがあります。

改めて妖アパを見ると、同一人物というには扱いがかなり違うなぁ。
でも「東洋の蒼い真珠」だとか言われてますし、次元に関する話だとか死神ギーのときの説明と同じことですし、きっと同一人物なんでしょう。
うがった見方をすれば、2代目だとかそういうことも考えられないわけでもないんですけど。

その辺は明かされぬまま妖アパは終ってしまったので、地獄堂の方で明かされたらいいなぁ。

後は骨董屋さん。
次元をわたるんですよね。
イコール「僕とおじいちゃんと魔法の塔」で語られた次元を渡れる2人のうちの1人なんじゃないかと。
魔法の塔に骨董屋さん登場してくれないですかね。
ちょっと期待しているんですけど。

そういや、一色さんもですね。
魔法の塔でも地獄堂でも登場した「黎明苑」との関係が非常に気になります。
春に発売される魔法の塔4でその辺語られないかなー。


妖怪アパート単品で読んでも十分楽しいですが、関連を知ると楽しくて仕方ないです。
そのうち続きも読んでしまいたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

完全版 地獄堂霊界通信 6

完全版 地獄堂霊界通信(6) (講談社ノベルス)完全版 地獄堂霊界通信 6/香月日輪
謎の薬屋“地獄堂”のおやじの力により、術師となったてっちゃん・リョーチン・椎名のワルガキ三人悪。
彼らのもとに四つの「花」にまつわる怪事件が。
校庭に香る椿と、友人の消失の関係は!?
満開の桜が受け継いだ前世の記憶とは!?
大人気シリーズ、セカンドシーズンついにスタート!!
(「花妖」「桜」他四編を収録)


ついにセカンドシーズン登場です!
前巻でみもりさんのカットに登場していた謎の関西弁男も登場します。
まあ顔見せ程度ですけどね。

『首斬り鬼』
少女の首を切る風魔を退治する話。

龍さんが登場します。
これ、いくらなんでも龍さんひどいよ。

確かに味方から欺くのは定石ですが、三人悪の年齢を考えてやれよ、と思わなくもない。
大人扱いというべきなのか……。

謎の関西弁男“暁”。もともとは人の形もとれず、人に触れることも出来なかった模様。
本当に顔見せ程度なので、何もかも不明。
次巻以降で登場するかな?


『魔弾の射手』
吸血鬼が復活し、龍さんを救うため子供たちが頑張る話。

まさか、ミッタンの体を使うとは思いませんでした。
まあ、確かに銃規制の厳しい日本において、銃を使えるのは警察官かヤクザか猟師くらいしかいませんもんね。
前巻で登場したのは元ヤクザでしたし、そう考えると銃を使えるのはミッタンしかいないんですよね。

ミッタンの3日間の休日ですが、誰かが裏から手を回したってことなのかな?
じゃなきゃいくらなんでもこう都合よく3日間も休みになるはずないと思うんです。

最後に仄めかされたヴェレッドの年齢にはびっくりしました。
高位の霊能力者って見た目年齢若くなるというか寿命が長いというか……。
そういや、ツバサのファイなんかも相当生きてるみたいでしたし、そういうもんなのかな?

今回の話を読んでも、やっぱり日向は基本的に横文字ダメっぽいことが伺えます。
なので、やっぱり前巻で普通に横文字使っていたことに違和感が……。


『花妖(かよう)』
昼休みのグランドで交流していた少女と妖の話。

読んでいたときは特に気にならなかったのですが、内容だけを見ると夏目友人帳っぽい。
夏目ほど物悲しい気分にならないのは、三人悪が元気だからなんだろうな。

これからも咲き続けてもらいたいものです。


『百合』
リョーチンが精霊を見、誘拐される話。

ここからは三人悪それぞれが主役の短編ですね。
はじめはリョーチン。

鬼と鬼に取り付かれた男に対して、怒ってしまったリョーチン。
リョーチンの性情からして怒ってしまってはダメなんだろうな。

吸血鬼の話にしてもそうですが、最近の若者としては耳に痛い。


『寒椿』
てっちゃんが、家族旅行に出かけた先で死者の嘆きを聞き、死体を掘り出してやる話。

作中でも触れられていますが、1話目――てっちゃんがオヤジの力を借り、扉を開いた話とちょっと似た話です。
オヤジの力を借りて死体を掘り出したことと比べるとてっちゃんの力がかなり強くなっていることが伺えます。
いったいどこまで強くなるんだろう。

「椿の花が男の首に見える」ってのは想像すると気持ち悪い。

仲居さんが竜也兄ちゃんにキュンとしてて笑ってしまいました。
中学生だってーの。


『桜』
椎名と椎名のおじさんがであった女性と桜の話。

椎名のおじさんがけっこう良いキャラしてるというか。
うん、すごかった。

作中で和歌が出てくるものの、現代語訳が出てこず「児童書でこれって不親切だなぁ」と思ったのですが、巻末に一覧がのってましたね。
ほとんど覚えてないし、和訳がぱっとできるほどすごくもないので助かりました。
崇徳院の和歌だけ覚えていたのはなんでだろ……?比較的最近何かの本で読んだのだと思うのですが、なんだったかなぁ。


おじさんと美菜穂さんの仲はけっこう障害が多そう(年の差や家柄、今回の事件のこととか)ですが、うまくいってほしいものです。



今回、はじめのうちに大きな事件があるという並びのため、後半が若干物足りない感じがしましたがおもしろかったです。
巻頭の登場人物紹介にマッキーも出ていたのでマッキーも登場するのかと思ったのですが、出ませんでしたね。ちょっと残念。
というかカンナたちこそ登場人物紹介に出すべきでは?と思ったのですが、漫画版がまだそこまでいっていないんですね。
納得しました。

次巻は2011年4月。
あれ「僕とおじいちゃんと魔法の塔」もそれくらいに発売じゃなかったですっけ?
春に発売ってイメージがあったんですけど。
あとで確認しようと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

完全版 地獄堂霊界通信 5

完全版 地獄堂霊界通信(5) (講談社ノベルス)完全版 地獄堂霊界通信 5/香月日輪
てつしたちの前に現れた謎の集団――西ノ院。彼らは、友だちの霊能力者・拝を利用し、一族の悲願「神の復活」を企んでいた!
だが、その裏にはさらなる“影”が潜んでいて……。
窮地に追い込まれた三人悪は助けるため、蒼龍が呼び出す、伝説の魔道士の正体とは!?
三人悪が、最凶の敵と最後の戦いに挑む!
(同時収録「ひとりぼっちの超能力者」)


12月頭にセカンドシーズンが発売されるらしいので、今のうちに読んでしまおうと思いまして。
このシリーズ地元じゃ買えないので、アマゾンで頼みたいのですがまだ出てないんですよ。
12月にならないとだめかなぁ……。


『ひとりぼっちの霊能力者』『最後の戦い』の2編が収録されてます。
今回書き下ろしはなし。ちょっと残念。


『ひとりぼっち~』
は竜也兄ちゃんがかっこいい話。
竜也兄ちゃんの学校生活がちょっと明らかになります。
もうこの話は竜也兄ちゃんを活躍させるために作者が書いた話なんじゃ……、と思うほど竜也兄ちゃんがかっこいいです。

正直な話、今回三人悪の活躍がそう多くないというか。
作中でも言われてましたが、「特殊能力を使わずにいかにして友人を助けるか」が問題だったので、三人悪の活躍が少ないのも仕方ないんですけどね。
でも、ここぞというときに活躍するんですからいいですね。

最後の「あんな弟ほしい」ってセリフに対する竜也兄ちゃんのセリフ。
「俺んだ。誰にもやんねぇよ」には萌えました。


『最後の戦い』はその名のとおり、ファーストシーズン最後の戦いです。
相手は西ノ院に影に隠れていた『死神ギー』。
3度目の対決です。

蒼龍――龍さんがけっこう活躍します。
龍さんの術形態がよくわからないんですが、まあそんなに気にしなくてもいいかな?
そこはそんなに大事じゃないだろうし。

正直、物語の本筋と関係ないところでテンションあがってました。

それというのも、今回登場する魔道士ゴールデン・アイズが使う魔導書が「ヒエロゾイコン」だったから。
妖怪アパートの夕士が持つパロディ魔導書「小ヒエロゾイコン」のパロディ元。
地獄堂に登場してたんですねぇー。
本物を見るとプチのしょぼさがわかります(笑)

今まで、夕士と三人悪が同年代だったらおもしろいだろうなぁ、と思っていたのですが、三人悪の方が年上で夕士のもつプチを三人悪が作ったとかでも面白いな、と思いました。
こういうパロディって三人悪好きそうじゃないですか。プチにおさめられてる妖魔たちのしょぼさからして三人悪がケラケラ笑いながら作業してそうだなー、とか。

あ、でもプチって何百年も旅してたんでしたっけ?
もしそうなら三人悪が作ったってことはないか。
今度妖アパ読むとき確認してみます。


さて、物語の本筋に戻りまして。
征将くんは、カンナちゃんに守られるたびに苦しかったんだろうな。
カンナちゃん、日向がいないときから征将くんを体を張って守っていたんだと思うんですよ。
何の力もない普通の女の子に、好きな子に守られて。悔しかったんだろうな。

「泣いたり悩んだりするユキが好きだよ」ってカンナのセリフですが、どっかで聞いたような、と思ったのは気のせいじゃないと思います。
妖アパの2巻でしたっけ?長谷くんの告白めいたセリフにこんなのありましたよね。
香月さんこのセリフというかこの考え方好きなんですね……。

三人悪の年代がやっぱりよくわかりません。
ちびまる子ちゃんやウルトラマンには反応してるんですが、どちらも長寿作品ですからね。参考にはしにくいというか。
私の中では仙豆=ドラゴンボールに出てきた……となるのですが、三人悪はそうではなかった模様。
でもそれが『大人の都合』なのか『時代設定的にドラゴンボールがなかった』なのか判断できませんね。


5巻は全体を通して三人悪があんまり活躍してない印象を受けました。
仕方ないことなのかもしれませんが、ちょっと寂しいですね。

ファーストシーズンが終わり、セカンドシーズンの新キャラらしき関西弁の男をみもりさんが描かれてます。
ガラコが威嚇してるから敵なのかなーとか思ってますが、どうなんでしょう?
楽しみにセカンドシーズンの発売を待ちたいと思います。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[1回]

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR